テーマ:作家

為永春水(シュンスイ)の失敗続きの人生。海賊版で大作家を激怒させたことがあるの?

●●●●●★歴史★● 問題:為永春水(シュンスイ)は江戸の後期に活躍した戯作者です。町人の生まれだったようですが、前半生についてはほとんど知られていないようです。 ■貸本屋を商売としていたことがあるらしい。書物を包んだ風呂敷を背負い、本を読みながら歩くのが日課だったようです。ある日、読書に熱中しすぎて通行人にぶつかり、激怒されたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推理作家の元祖、エドガー・アラン・ポー氏が晩年に取り組んだのは何のパラドックスなの?

●●●●●★歴史★● 問題:本日1月19日はアメリカの作家エドガー・アラン・ポーの誕生日だそうです。約2世紀前、1809年(文化(ぶんか)6年)に産まれたらしい。 ■ポーは推理小説の元祖とされる作家だそうです。1841年(天保(てんぽう)12年)に発表された「モルグ街の殺人」がその記念碑らしい。デュパンという名前の探偵が登場し、あれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作家今東光の命日。映画「悪名」では勝新と田宮二郎のどちらが格好よかった?

●●●●●★● 問題:●昭和52(1977)年の今日、9月19日。作家の今東光(こんとうこう)が79歳で亡くなりました。破天荒の生きかたをした坊さんであり、作家です。大阪河内(かわち)のお寺の住職になり、周辺に取材した数々の作品を残しました。そのひとつが「悪名」ですね。映画化されたとき、八尾の朝吉(やおのあさきち)を演じた勝新太郎と…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

亡くなった年の印税収入が22億円。昭和初年の大流行作家とは?

●●●●●★● 問題:●去年からでしたか、高額納税者、いわゆる長者番付の発表が無くなってしまいました。 ●作家部門でいちばん稼いでいたのはかつては13連覇の赤川次郎。最近では西村京太郎です。発表された最後の年…平成16 (2004) 年度分まで7連覇の偉業を達成しているそうです。いちばん最近のはみつかりませんでしたが、平成12(2…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more