テーマ:慣用句

「語るに落ちる」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:ときどき耳にする言葉です。「語るに落ちる」というのはどんな意味でしょうか? 正しい意味を下の中から選んでください。(正しい意味は無いかもしれないし複数かもしれません) [い]あしざまに言う [ろ]うっかり自分から白状してしまう [は]話すまでもない [に]縁起でもないことを平気で言う [ほ]話の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食わず嫌い王決定戦に出場したら絶対勝ちたい。これは「負けず嫌い」なの?

●●●★日本語★●●● 問題:「とんねるずのみなさんのおかげでした」という番組があります。その中で「食わず嫌い王決定戦」という企画が長く続いています。ご覧になったことはありますか。 ■役者や歌手、芸人などの人気者が2人招かれます。敵味方に分かれ、とんねるずの2人がそれぞれの相談役につきます。 ■2人の人気者は前もって注文しておいた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

言葉の間違い探し。「改革は依然として進んでいる」は間違いが含まれているの?

●●●★日本語★●●● 問題:正しいのか誤りなのか。慣用句の微妙な使い方の問題です。下の選択肢の文のうち、正しい使いかたをしている文章はどれでしょうか? (複数かもしれないし、ないかもしれません) [い]森は辺(あた)りを払う静けさだった [ろ]改革は依然として進んでいる [は]仮装が板についている [に]意を尽くして犠牲者を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「糞」にまつわる言葉の意味。「小便一町糞一里」とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:人間が生物である限り、糞はついてまわる存在です。生まれてから死ぬまで続く生理現象で、老若男女、人として脱糞しない者はいません。まっ、頻度はマチマチのようですが。 ■どんな美女でも糞をなさいます。弊クイズでもご紹介した「平中物語(へいちゅうものがたり)」の主人公平貞文(たいらのさだふみ/さだふん)は、美女…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「食」という漢字を使う諺の問題。「乞食の断食」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:食べることは生きることの基本です。そのせいでしょうか。「食」という漢字を含む言葉はとても多いようです。ネットの「大辞泉」には、800件余りも項目が立っています。 ■そのなかには無為徒食(むいとしょく)とか無芸大食(むげいたいしょく)、暖衣飽食(だんいほうしょく)、鯨飲馬食(げいいんばしょく)、牛飲馬食(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慣用句の問題。「とおる」、「はずれる」、「ひっこむ」、「わきまえる」、「かなう」ものはなんなの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句の問題です。「名詞+助詞+動詞(あるいは形容詞などの用言)」という仕組みの慣用句で、動詞部分を複数提示します。名詞部分をあててください。なお、場合によっては用言の後に助動詞や助詞が続く場合もあります。 ■まずは練習です。「とおる」、「はずれる」、「ひっこむ」、「わきまえる」、「かなう」という動詞が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違えやすい読みの慣用句。「煙に巻く」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:ふつうの文章中だとふつうの読みなのに、慣用句の中では特別な読みをする言葉があります。たとえば題の質問にある「煙に巻く」もそうです。「けむにまく」が正解ですね。火事で煙に巻かれた場合には、「けむり」ですが、言葉で相手を戸惑わせる場合には「けむ」だそうです。ひょっとしたら日本語を習う人がとまどう場面の1つなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「挨拶は時の氏神」とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:「犬も歩けば棒に当たる」という諺があります。いろはカルタの「い」に使われることもあります。よく知られた慣用句ですね。もともとは、「何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いというたとえ」だったらしい。最近では、「 出歩けば思わぬ幸運に出会うことのたとえ」という楽天的な解釈でも通用するようです。 ■…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「頭」が頭につく言葉。「頭をはねる」とは斬首刑に処することなの?

●●●★日本語★●●● 問題:現代のわが日本は政治の指導者を選ぶのが苦手なようです。 ■前首相のH氏は全国民がびっくりするぐらいの愚か者でした。在任中に同盟国の政府高官からルーピーHとの愛称を賜ったと聞きます*1。退任した現在でも小沢問題・方便問題・内閣不信任問題などで間抜けな発言と行動を繰り返し、日本社会にダメージを与え続けていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の問題。「おちる」、「しゃくる」、「だす」、「つかう」、「はずれる」のは、どんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句の問題です。「名詞+助詞+動詞(あるいは形容詞)」という仕組みの慣用句で、動詞部分を複数提示します。名詞部分をあててください。なお、場合によっては用言の後に助動詞や助詞が続く場合もあります。 ■たとえば、「はいる」、「たつ」、「まわる」、「つつしむ」、「たしなむ」という動詞が下にくる名詞といえばな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の問題。「かたまる」、「つながる」、「ゆれる」、「くむ」、「たかぶる」のは、どんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句の問題です。「名詞+助詞+動詞(あるいは形容詞)」という仕組みの慣用句で、動詞部分を複数提示します。名詞部分をあててください。なお、場合によっては用言の後に助動詞や助詞が続く場合もあります。 ■たとえば、「かたまる」、「つながる」、「ゆれる」、「くむ」、「たかぶる」、「あらたにする」、「ひきしめる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の問題。「はいる」、「たしなむ」、「まわる」、「たつ」、「つつしむ」のは、どんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句の問題です。「名詞+助詞+動詞(あるいは形容詞)」という仕組みの慣用句で、動詞部分を複数、提示します。名詞部分をあててください。なお、場合によっては用言の後に助動詞や助詞が続く場合もあります。 ■たとえば、「はいる」、「たしなむ」、「まわる」、「たつ」、「つつしむ」、「のまれる」、「あおる」、「つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人で始まる慣用句。「人は(  )のみにて生くる者にあらず」の虫食い部分にはどんな言葉が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:「人を見たら泥棒と思え」のように、先頭に「人」がくる慣用句はたいへん多いようです。「大辞泉」で調べると50弱ぐらいあるでしょうか。 ■「人を射んとせばまず馬を射よ」というのもそうですね。よく聞くのは「将を射んとせば」ですが、「大辞泉」には「人」のものも掲載されていました。 ■「人を使うは苦を使う」。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い表現です。「目に一丁字ない」とはどんな意味でしょうか?

●●●★日本語★●●● 問題:古い本にはよく登場する言いかたです。「目に一丁字ない」。どんな意味でしょうか? [い]「めにいっていじない」と読み、文盲(もんもう)を意味する [ろ]「めにいっていじない」と読み、「脇目もふらず邁進(まいしん)する」ことを意味する [は]「めにいっちょうじない」と読み、「目の端にもかけない」とか「ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「茶」にかんする慣用句。「お茶をひく」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:岡倉天心(てんしん)は「茶の本」という著作の中で、とっても格好いいことを言っています。「…茶道は日常生活の俗事の中に存する美しきものを崇拝することに基づく一種の儀式」らしい。 ■日常生活の俗事ねぇ。自慢じゃありませんが、服を脱ぐのは速い。冬でも15秒で浴室に飛び込めます。こういうのも、「日常生活の俗事の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「いずれがアヤメ、カキツバタ」はどんな故事に由来するの?

●●●★日本語★●●● 問題:「いずれがアヤメ、カキツバタ」という言葉は、美人揃いで選ぶのに苦労するというほどの意味です。麟粉のかわりに白粉を厚く塗ったチョウチョがたむろするお店に入ったら、お世辞でこんな言葉を吐いてみるといいですね。わずかにサービスが向上するかも。 ■この言葉は、平安時代の昔、ある功績があった武将の逸話に端を発する…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

七と八にかんする慣用句。「のたうちまわる」のは「七( )八( )」の虫食い部分には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:歌手坂本九(きゅう)が御巣鷹(おすたか)山の日航機墜落事故で亡くなったのは、もう20年以上も前のことですね。残念なことをしました。 ■坂本九は、作家の永六輔(えい ろくすけ)や作曲家の中村八大(はちだい)とともに「六・八・九」トリオと呼ばれていたらしい。3人組の作品「♪上を向いて歩こう(英題 SUKIY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「狂瀾(きょうらん)を既倒(きとう)に廻(めぐ)らす」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:古い中国で生まれ、古い日本に渡って来た言葉です。「狂瀾(きょうらん)を既倒(きとう)に廻(めぐ)らす」という表現があります。どんな意味でしょうか。次の中から近いものを選んでください。 [い]荒れた状態にあるところへさらに狂ったように力を働かせ、エントロピーを増大させる [ろ]すでに時代は変わっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の問題。「芋の煮えたもご存じない」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句の中には使いかたの難しいものがあります。たとえば、肯定の文脈でしか使えない、あるいは否定の場面でしか使えない慣用句があります。時と場所を間違えると、せっかく褒めているつもりが、「馬鹿にしているのか」と怒られたりします。 ■「馬子(まご)にも衣装」がそのひとつですね。「おっ、今日は決めているじゃん」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の問題。「ポンコツ」ってそもそもは拳固で殴る音だったの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用句。やわらかくいえば決まり文句でしょうか。この中には、よく使うのに語源を知らないものがけっこうあるものです。 ■たとえば「ポンコツにする(~をきめる)」。音の響きに滑稽味のある言葉です。いまから150年ほど前、幕末から明治維新のころ、横浜や神戸など開港した町で生まれたらしい。拳骨で殴ることを言ったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みょうりにつきる」とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:現代でもときどき使われる古めかしい表現です。「みょうりにつきる」の「みょうり」の意味は、次のどれに近いでしょうか? [い]「本分」とおなじ意味。その立場で行なうべき本来の役目 [ろ]「冥加(みょうが)」とおなじ意味。その立場にいることで知らず知らずに受けている恩恵。 [は]「名利」とおなじ意味。名誉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用表現の間違い探し。「酸いも辛いもかみわけたアネゴ」はどこが間違い?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用表現を上手に使うと文章に高級感が出ます。書き手の教養がしのばれ、内容も信頼に足るものに見えてきます。 ■逆に、うっかり誤用すると、書き手の教養は疑われます。文章の中身まで信頼されなくなります。慣用表現は、使うのに慎重さが必要なようです。 ■本日は、慣用表現の練習問題です。次の5つの慣用表現を含む文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侍にまつわる名文句。「武士に○○なし」の虫食い部分に入る言葉は?

●●●★日本語★●●● 問題:落語や講談、芝居などで使われる楽しい言葉に関する問題です。今回は、武士や侍にまつわる表現を集めてみました。次の言葉の虫食い部分を埋めてください。 [い]武士に○○なし (漢字2文字 漢数字を含む) [ろ]○○とっても武士は武士 (漢字2文字 漢数字を含む) [は]斬り取り強盗は武士の○○ (漢字1文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句の語源。「帽子をあみだにかぶる」の「あみだ」は、阿弥陀様なの?

●●●★日本語★●●● 問題:日本語の慣用句には、それぞれ日本の文化に根ざした由来があります。では慣用句の由来についての次の文のうち、正しいものはどれでしょうか? [い]「帽子をあみだに被(かぶ)る」の「あみだ」は阿弥陀様に由来する [ろ]「あわを食う」の「あわ」は「泡」に由来する [は]「いかもの食い」の「いかもの」は「烏賊」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語り継がれる名文句。「○を取った山は忘れない」の○に入る漢字はなに?

●●●★日本語★●●● 問題:落語や講談、浪曲、歌舞伎などの古典芸能に登場する名文句の問題です。次の文の○に入る漢字はなんでしょうか? [い]「濡れぬ先こそ○をもいとえ」(漢字1文字、水に関係する言葉) [ろ]「沈香(じんこ)も焚(た)かず○もひらず」(漢字1文字、生理現象) [は]「牛は牛づれ、○は○づれ」(同じ漢字1文字) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うっかりはまってしまう言葉の誤用。「今年は台風の当たり年」は間違いなの?

●●●★日本語★●●● 問題:われわれが書く日本語の文章には、間違いとは言えないような小さな誤りを含んでいることがあります。 ■たとえば、「窓の外を人々が足繁く行き来するのを眺めていた」という文章。おそらくほとんどの人が誤解なく意味を受け取り、情景を思い浮かべます。でも誤りを含んでいるらしい。 ■「足繁く」は、「人がある場所に頻繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用表現の間違い探し。「とりつくひまがない」は正しい表現なの?

●●●★日本語★●●● 問題:慣用的な表現の間違い探しです。次の文章のうち、正しいのはどれでしょうか? [い]「『忙しい』の一言で断られ、とりつくひまもない」 [ろ]「後ろ髪を引かれる思いで恋人を見送った」 [は]「新しい法に抵触することを承知でやったのだから確信犯だ」 [に]「三つ星料理店の食事に舌つづみを打った」 [ほ]…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昔の愉快な表現。「理屈と○○はどこにでもくっつく」の○○に入るのはなに?

●●●★日本語★●●● 問題:昔の言葉には、面白い表現が少なくありません。昭和までは会話でもよく使われていた言葉。でもいまでは、活字・フォントでしか接することのなくなった言葉。そんな中にも、なかなか含蓄のある表現があります。本日はそんな昔の言い回しからのクイズです。次の言い回しの○○に入る言葉はなんでしょうか? [い]感謝感激雨○ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラ社員も悪くないという古い歌があるの?

●●●★日本語★●●● 問題:昔の慣用表現の問題です。いまは、あまり耳にしなくなりましたが、なかなか味わいのある文句もあります。下の5つの慣用表現も面白いものなのですが、残念ながら一部欠落しています。( )の虫食い部分に適切な言葉を入れて完成させてください。 [い]「笛吹かず 太鼓叩かず 獅子舞の 後足になる ( )の安さよ」 (ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more