テーマ:落語

落語にもある「大山詣り」。江戸庶民は事前の準備として何をした?

●●●●●★● 問題:●江戸時代の風習です。江戸落語にも出てくる大山詣り(おおやままいり)をする人が、その前に必ず行なったことがあるそうです。それは次のどれでしょうか? □品川宿で餅の磯部巻を食べ、力をつけた □愛宕神社の急な石段を登り降りして足腰を鍛えた □両国橋にある水垢離場(みずごりば)で水垢離をした (答えはずっと下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お若えの、お待ちなせえ」と呼びかけた幡隋院長兵衛は実在の人物?

●●●●●★● 問題:●歌舞伎などでおなじみの「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」は実在の人物でしょうか? □実在した □芝居の中だけの架空の人物 □よくわかっていない (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

将軍が桜の名所を作ったそのわけは?

●●●●●●★ 問題:●東京、北区王子にある飛鳥山公園は桜の名所です。この桜は誰が整備したものでしょうか? □徳川家光 □徳川綱吉 □徳川吉宗 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●●●●★ 正解:徳…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

論語の言葉だそうです。「君子不器」とはどんな意味?

●●●★●●● 問題:●ひょっとしたら教室で習ったのかもしれません。でも、全然覚えていません。論語には、「子曰君子不器」とか書いてあるらしい。ではこの「君子不器」とはどういう意味でしょうか? □心の優れた君子は口先や手先は不器用なものだ □君子のように振舞っている奴は、大きな人物ではない □君子は一方面の技能に秀でるだけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難読漢字の問題です。「甑」はなんと読む?

●●●★●●● 問題:●難読漢字の問題です。「甑」はなんと読むでしょうか? □こしき □ひかめ □かわら (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●★●●● 正解:こしき 説明:●「昔、米や豆を蒸すの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タネから芽が出る3つの条件とはなに?

●●●●★●● 問題:●植物の種子が発芽するにはいくつかの条件があります。以下の3つのなかでは、必要なものはどれでしょう? □肥料 □充分な水分 □光 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●●★●● 正…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「死に一倍(しにいちばい)」というのはどんな意味なの?

●●●★●●● 問題:●江戸時代から使われている言葉です。近ごろはあまり聞かないかな。「死に一倍」とはどんな意味でしょうか? □「死んだら倍額が戻ってくる」という保険 □「父親が死んだら返す」という条件の借金 □「死んだら元も子もない」という意味の成句 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

関西伝説の豪商「淀屋辰五郎(よどや たつごろう)」は実在の人物?

●●●●●★● 問題:●紀伊国屋文左衛門(きのくにや ぶんざえもん)や鴻池善右衛門(こうのいけ ぜんえもん)と並ぶ金満家と言われた淀屋辰五郎は、実在の人物でしょうか? □文学作品中のまったく架空の人物 □淀屋の家系図の中には該当者がいないが、それとおぼしき人物は存在する □実在の人物 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「ヴェニスの商人」よりずっと面白い物語。「帯久(おびきゅう)」とはどんな話なの?

●●●★●●● 問題:●落語の「帯久」は江戸時代のお白洲もの(おしらすもの。裁判の噺)です。 ●何度も無利息で金を貸すなど、恩を施した相手にひどく裏切られ、腹を立てて放火しようとした老人が捕まります。今も昔も、現住建造物放火は極刑です。ところが、調べてみると、人情としては被害者のほうが悪い。お奉行様はどう裁いたでしょうか? □死…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桂三枝に文部大臣賞:量でも勝負する三枝の創作落語のシリーズタイトルは?

★●●●●●● 問題:「桂三枝に芸術選奨文部科学大臣賞-『創作落語が認められた』」(サンスポ.com 060315) http://www.sanspo.com/sokuho/0315sokuho053.html ●「新婚さん、いらっしゃ~い」でおなじみの桂三枝(かつら さんし)師匠(以下全員敬称略乞御免)が、芸術選奨文部科学大…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

古い慣用句の問題です。「三人旅一人乞食」とはどんな意味?

●●●★●●● 問題:●古い慣用句の問題です。「三人旅一人乞食」というのはどんな意味でしょうか? □ 旅は偶数で行くのがいい □ 三人以上で旅をしていると、かならず一人ぐらい乞食がついて来る □ 三人で旅に行くと、幹事が苦労する (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

糠漬けで、糠床をかきまぜるのはなんのため?

●●●●★●● 問題:●糠漬けはお好きでしょうか? 糠床(ぬかどこ)はけっこうマメに手入れしなければならないので、ちかごろの主婦は嫌がるそうです。手入れといっても底のほうからまぜかえすだけなのですが、あの臭いが敬遠されるのかな。糠みそ臭い女房になりたくないんでしょうね。 ●ところで糠床の手入れはなぜ必要なんでしょうか? □乳酸菌…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

史上いちばん背の低い落語家ってだれ?

●●●●●●★ 問題:●記録に残っている人で、いちばん背の低い落語家は誰でしょう? □三代目三遊亭金馬 □初代三遊亭円馬 □三代目古今亭志ん朝 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●●●●★ 正解:三…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「香具師」と書いて何と読むでしょうか?

●●●★●●● 問題:●古い職業の問題です。「香具師」と書いてなんと読むでしょうか? □やし □こうぐし □かおりしょくにん (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●★●●● 正解:「やし」あるいは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「むこうづけ」ってなんでしょうか?

●●●●●●★ 問題:●「むこうづけ」とはなんでしょうか? □相手のツケにすること □合気道の技の名前 □日本料理の器の名前 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ●●●●●●★ 正解:日本料理の器の名前 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「べらんめぇ」の語源はなんでしょうか?

●●●★●●● 問題:江戸っ子がよく口にしたと言われる「べら棒」の語源はなんでしょうか? □「のっぺら棒」から □「へら棒」から □「べらんめぇ、棒切れでも食らえ」から (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

落語で有名な祟徳院(すとくいん)はどんな人物なの?

●●●●●★● 問題:「瀬を早み 岩にせかるゝ 瀧川の われても末に あはんとぞ思ふ」は、平安時代末期の歌人祟徳院の歌です。落語ファンには、つとに知られる歌ですね。 ●祟徳院ご自身は、かなり数奇な運命にもてあそばれた人のようです。次のうち、祟徳院についての記述で正しいものはどれでしょうか? □ 戸籍上の父「鳥羽天皇」の子ではなく…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「相対喧嘩」という場合の「相対」の意味は?

●●●★●●● 問題:昔よく使われた言葉の問題です。 ●「相対(あいたい)」という言葉があります。「相対死」と言えば、心中のことです。「相対尽く(づく)」といえば互いに承知して事を決めることだそうです。 ●では、「相対喧嘩」とか「相対間男」という場合の「相対」は、どんな意味でしょうか? □ ふたりだけの □ 男女の □…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

落語でときどき聞く「道者(どうしゃ)」ってどんな人のこと?

●●●★●●● 問題:古い関西の言葉の話です。 ●「道者」という言葉があります。どんな意味でしょうか? □ 御報謝をあてにして歩く修行中の坊さん □ 観光旅行の団体 □ 八卦見、占い師 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

「八人歩き」とはどんな歩きかたなの?

●●●★●●● 問題:●洒落言葉の問題です。 ●「八人歩き」という言葉があります。どんな歩き方でしょうか? □ 酔っぱらいの歩き方 □ 妊婦の歩き方 □ 詐欺師の歩き方 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more