テーマ:通信

生まれたばっかりの無線送信機。どんな特徴があったの?

●●●●★科学★●● 問題:19世紀の終盤から20世紀の初めにかけて、無線電信の技術が開発されます。1872年(明治5年)には、ルーミスという人物により、無線通信に関する特許が取得されています。1886年(明治19年)には志田林三郎(シだ リンザブロウ)という日本初の工学士による「隅田川の水面を導体として用いた導電式無線通信実験」が行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電信が長崎から青森まで開通したのはいつごろのこと?

●●●●●★歴史★● 問題:新橋と横浜の間、29kmに鉄道が正式開業したのは明治5年9月12日(1872年10月14日)だそうです。文明開化を身をもって体験できる乗り物です。見た目が派手ですし、動きが面白い。話題になったらしい。事業としても儲かったので、日本では鉄道に投資する人がどんどん出現したようです。その後わずか30年ほどのあいだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪の年。スマホやタブレットなど携帯情報機器の通信速度はどうなっているの?

●●●●★科学★●● 問題:平成32年(2020年)は東京五輪が開催される予定です。その前年にはラグビーのW杯が日本で開催されます。多くの観光客、観戦客が日本を訪れることでしょう。 ■情報通信技術を応用したさまざまな新しいサービスが提供される予定になっているようです。たとえば、観光客が日本語の看板や表示に戸惑ったら、写真を撮ります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SOSが救難信号として認定された日。それまで使われていた救難信号はどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:1906年(明治39年)の今日、10月3日。ドイツのベルリンで万国無線通信会議が開催されていたらしい。主題は駅や道路、公園などの公共の場での携帯電話・タブレットPC等の利用マナーについてらしい。激しく討議がかわされたそうです。もちろん嘘です。 ■実際には、この日に緊急用の信号がSOSに決定したそうです。S…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大坂堂島の米相場の情報は、狼煙(のろし)で全国に伝えられたの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代、日本の米の相場は大坂・堂島の米市場で決まっていたそうです。堂島では現物取引と同時に先物取引も行なわれていたらしい。Wikipediaによれば、「現代の基本的な先物市場の仕組みを備えた、世界初の整備された先物取引市場」だったとのこと。 ■江戸落語に絶対に登場しない人物、上方落語だけに登場する人物に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京大阪間で長距離電話が開通した日。最初の料金はいくらだったの?

●●●●●★歴史★● 問題:19世紀もおしつまった明治32年(1899年)の今日、2月1日の水曜日。東京と大阪の間に長距離電話が開通したそうです。 ■グラハム・ベルが電話機を発明したのが1876年(明治9年)だそうです。この発明は盗作という主張をする人もいますが、少なくともそのころ電話機は世の中に登場したらしい*1。そのわずか2年後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モールス信号の開発者ってどんな人なの?

●●●●●★● 問題:●モールス信号を発明したのはサミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスという人物だそうです。モールス氏は、ウェスタン・ユニオン電信会社を起業したことでも知られるとか。 ●モールスの経歴は、技術者にしてはちょっとだけ変わったところがあります。次のうちどれでしょうか? □ヨーロッパの貴族の子供に生まれ、お金が有…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more