テーマ:言葉遊び

不思議な感覚の和歌や俳句。共通する特徴はどんなこと?

●●●★日本語★●●● 問題:本日は、日本の伝統的韻文、和歌と俳句・川柳にまつわる話題です。下の選択肢には5つの三十一文字や俳句・川柳が並んでいます。それぞれの意味はあとで申し上げるとして、すべての歌や句には共通する特徴があります。それはどんなことでしょうか? [い]池の名は 知らず珍し 花の景(旅にて池の花をみて)(崑山集) […
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「九六八四一 兆百十万〇八 八七百三九」。これっていったいなに?

●●●★日本語★●●● 問題:「九六八四一 兆百十万〇八 八七百三九」。不思議な数字の並びですね。実はこれは俳句なんだそうです。「八四一」。これは「やよい」と読みます。「百」は「もも」とも読みますね。ここでは単に「も」だそうです。「〇」は「れ」ですね。なんとなくわかってきたかと思います。強引に読んでみますと、 「頃(ころ)弥生 蝶も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無駄口の問題。「きたねぇぞ」という非難に対する返しの無駄口はどんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:弊クイズでも何度も取り上げている無駄口です。「結構毛だらけ猫灰だらけ、ケツのまわりは糞だらけ」とか、「オット承知の介」、「そうは烏賊(いか)の金玉」、「その手は桑名の焼き蛤(はまぐり)」などなど、有名な無駄口もたくさんありますね。フーテンの寅さんたち、大道で啖呵売(たんかばい/うり)をする香具師(やし/こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米寿は八十八歳。白寿は九十九歳。では、茶寿・皇寿とは何歳のこと?

●●●★日本語★●●● 問題:落語の「平林(ひらばやし)」をご存じでしょうか。「平林」という姓を「たいらばやし」、「ひらりん」などと別の読み方をしているうちに、「イチ・ハチ・ジュウのモク・モク」と読んでみたり、「ヒトツとヤッツでトッキッキ」などと不思議な読み方をします。「イチ・ハチ・ジュウのモク・モク」と「ヒトツとヤッツでトッキッキ」…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

謎掛けの問題です。繁盛するうどん屋とかけて平家一門と解く。そのココロは?

●●●★●●● 問題:謎掛けの問題です。次の謎掛けのココロはなんでしょうか? □ [い]繁盛するうどん屋とかけて平家の一門と解く □ [ろ]婆(ばばあ)のおめかしとかけて猫と犬の喧嘩ととく □ [は]冬の鶯(うぐいす)とかけて破れ障子と解く □ [に]便所とかけて五十前の人と解く □ [ほ]花火見物とかけて立ち食いのテンプ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more