テーマ:日本語

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。虚( )/( )心/( )人の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「無」です。「虚無(キョム)/無心(ムシン)/無人(ムジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「球を後ろに逸らす」の「逸らす」、「気持ちが逸る」の「逸る」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:表外(ヒョウガイ)の読みの「表」は常用漢字表を指します。常用漢字表には掲載されていないけれど、慣用としては使われる読みは表外の読みと呼ばれます。 ■たとえば「愛」という漢字は常用漢字表では「アイ」という音読みだけです。でも「愛しい」は「いとしい」ですし、「愛でる」は「めでる」、「愛娘」は「まなむすめ」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対義語の問題。「威圧する」の反対語は何なの?

●●●★日本語★●●● 問題:参考資料*1の「対義語・反対語辞典」によれば、「威圧する」の対義語は「懐柔する」だそうです。怪獣ではありません。「うまく扱って、自分の思う通りに従わせること」が懐柔です。力で強引に従わせるのが「威圧する」ことらしい。 ■他人を自分の思い通りに従わせるにはもうひとつ手があります。金です。この場合は買収と呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。( )力/( )手/把( )の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「握」です。「握力(アクリョク)/握手(アクシュ)/把握…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の哺乳類はどんな名前なの?【71】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日から3回は哺乳類の判じ物です。日本に棲息する、あるいは日本で飼育された、あるいは日本で愛玩された四つ足ですね。ほとんどが身近な動物ですのでわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高難易度漢検1級程度の四字熟語。縷縷綿綿(ルルメンメン)とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:題の問題の縷縷綿綿の答えは、「話が延々と長く続き、くどくどしいさま」だそうです。 ■「縷」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ル、ロウ、いと、きぬ、くる」という字音・字訓があります。古い漢和字典に掲載されているのは次のような字形らしい。 ▼説文解字(セツモンカイジ、中…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の人物はどんな名前なの?【70】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は人物名の判じ物の2回目です。日本の歴史に登場するさまざまな有名人を当てるクイズです。江戸時代の庶民にも知名度の高い人です。芝居や人形浄瑠璃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字の暗号解読の問題。当て字で読む「頭公映瓶瓜交東海」はどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:以前にも何回か出題しました。当て字を活用した暗号の問題です。今回は決まり文句の当て字です。 ■まずは練習問題から。前回出題した「弟日羽梯彼宜衣懶」です。これは、「恋はハシカのようなもの」と読みます。その心は、「誰でも1度はかかる。そして2度目以降はホントの恋ではない。免疫が出来ているから」。 ■当て字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の人物はどんな名前なの?【69】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日から2回は人物名の判じ物です。日本の歴史に登場するさまざまな有名人を当てるクイズです。江戸時代の庶民にも知名度の高い人です。芝居や人形浄瑠璃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交ぜ書き表記を駆除する問題。伴りょ(ハンリョ)は正しくはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。戦後に始まり、現在に至っています。戦前にも表記の不統一がなかったわけではありません。それは作家の気分や記者の不勉強によるもので散発的でした。でも戦後の混ぜ書き表記のような組織ぐるみの犯罪的行為はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【68】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は、平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品や食材の名前をあててください。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【67】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は、平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品や食材の名前をあててください。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。( )宮/( )火/( )脚の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「行」です。「行宮(アングウ)/行火(アンカ)/行脚(ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【66】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の8回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名です。今回は東山道です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高難易度漢検1級程度の四字熟語。縷縷綿綿(ルルメンメン)とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:題の問題の縷縷綿綿の答えは、「話が延々と長く続き、くどくどしいさま」だそうです。 ■「縷」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ル、ロウ、いと、きぬ、くる」という字音・字訓があります。古い漢和字典に掲載されているのは次のような字形らしい。▼説文解字(セツモンカイジ、中国最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【65】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の7回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名です。今回は東海道、本州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字の暗号解読の問題。当て字で読む「弟日羽梯彼宜衣懶」はどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:以前にも何回か出題しました。当て字を活用した暗号の問題です。今回は決まり文句の当て字です。 ■まずは練習問題から。前回出題した「烏襲鋸甘日破」です。これは、「急がば回れ」と読みます。ご存知のとおり、「急ぐときには、危険な近道より、遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。安全で、着実な方法をとれ」という戒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【64】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の6回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。今回は東海道、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交ぜ書き表記を駆除する問題。り災者(リサイシャ)は正しくはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。戦後に始まり、現在に至っています。戦前にも表記の不統一がなかったわけではありません。でもそれは作家の気分と編集者の怠慢、記者の不勉強などによるもので散発的でした。戦後の混ぜ書き表記のような組織ぐるみの犯罪的行為はあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【63】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の5回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。今回は山陰道、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。( )所/( )数/( )心の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「関」です。「関所(せきショ)/関数(カンスウ)/関心(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【62】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の4回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。今回は山陽道、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高難易度漢検1級程度の四字熟語。魯魚亥豕(ロギョガイシ)とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:題の問題の魯魚亥豕の答えは、「文字の書き誤り」の意だそうです。昔はコピー機もカメラもありません。書籍などの情報を自分のものにするには、筆写することが多かったのでしょう。うっかり文字を写し損ねることも少なくなかったのでしょう。 ■前半だけを取り出して「魯魚の誤り」という決まり文句もあります。やはり「似た字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【61】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の3回目です。旧国名とは、武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。今回は南海道、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字の暗号解読の問題。当て字で読む「伯章魚盛数」はどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:以前にも何回か出題しました。当て字を活用した暗号の問題です。今回も前回と同様に警句・決まり文句の当て字です。前よりは少しだけやさしいかな。 ■まずは練習問題から。題で出題されていた「伯章魚盛数」です。これは、「豚に真珠」と読みます。ご存知のとおり、「価値のわからない者には、貴重なものも意味がないことのた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【60】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は旧国名の判じ物の2回目です。武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名です。本日は九州、昔風に呼ぶならば西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交ぜ書き表記を駆除する問題。頭脳明せき(メイセキ)は正しくはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。戦後に始まり、現在に至っています。戦前にも表記の不統一がなかったわけではありません。でもそれは作家の気分と編集者の怠慢、記者の不勉強などによるもので散発的でした。戦後の混ぜ書き表記のような組織ぐるみの犯罪的行為はあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。騒( )/( )階/擬( )の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「音」です。「騒音(ソウオン)/音階(オンカイ)/擬音(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【59】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日からは旧国名の判じ物です。武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。本日は北陸道の国が答になっいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【58】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は、平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品や食材の名前をあててください。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more