テーマ:狂歌

貧乏を扱った狂歌。人に踏みつけにされるのはどんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:日本人の9割は中流だと思っている。そんな話を聞いたことがあります。平成26年(2014年)の全世帯の貯金の中央値は1000万円を超えているそうです*1。みなさんちゃんと蓄えています。ところが、つい最近の報道では「生活が苦しい」と感じている人が6割を越えているとのこと*2。不思議なことです。中流で10万ドル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寝惚(ねぼけ)先生が狂歌で救ったのは人なの? 寺なの? 別の物なの?

●●●●●★歴史★● 問題:「古今集」の編集主幹だった紀貫之(きのつらゆき)は、その前書きに「(歌は)力をも入れずして天地(あまつち)を動かし…」と書いたらしい。紀貫之は「歌はそれほど大きな存在だ」と言いたかったようです。 ■別に意地の悪い解釈もあります。「(大きな存在である)歌が上手なのにもかかわらず私は過小評価されている。もっと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1字変えただけで別の歌にする省エネ作歌術。長寿を言祝ぐ歌はどんな歌に変わったの?

●●●★日本語★●●● 問題:以前、弊クイズでもとりあげた細川幽斎(ゆうさい)の歌がありました。太閤秀吉にオヤツとして炒り豆に青海苔をつけた菓子が出されたことがあったらしい。その場に居合わせた細川幽斎は、関白から即興の歌を求められます。幽斎は、「君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむす豆」と返したそうです。 ■日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太閤秀吉に即答した細川幽斎(ゆうさい)の頓知の歌はどんなもの?

●●●★日本語★●●● 問題:あるとき、太閤秀吉は、炒(い)り豆に青海苔をまぶした菓子を見ながら、細川幽斎という武将に歌を詠めといったらしい。幽斎は文武両道の人です。当時、歌の名人としてたいへん有名だったらしい。 ■のちに関ヶ原の戦いで家康方についた細川幽斎は、わずか500人の兵とともに現在の京都府舞鶴市にある田辺城に立て籠もります…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

狂歌師たちの辞世の歌。「こいつぁたまらん」とホンネを吐いたのは誰なの?

●●●★日本語★●●● 問題:題の質問の答えは蜀山人(しょくさんじん)です。四方赤良(よものあから)、大田南畝(おおたなんぽ)、大田直次郎(なおじろう)などとも呼ばれます。幕府の役人でありながら洒落本を書き、狂歌師として超一流の作品を残した人物ですね。 ■「今までは 他人が死ぬと 思いしが 俺が死ぬとは こいつぁたまらん」というのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢化社会を予見した狂歌が400年前にあったの?

●●●★日本語★●●● 問題:狂歌は、「日常卑近の事を題材に、俗語を用い、しゃれや風刺をきかせた、こっけいな短歌」だそうです。人を笑わせようとするサービス精神にあふれた韻文です。 ■本日は、江戸時代の狂歌、とくに年齢にまつわる狂歌をとりあげ、虫食い問題を作りました。○○の部分に入る言葉を考え、頭の柔軟体操をしましょう。 [い]「生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーモアあふれる狂歌の問題。嘘にも離れて欲しい神様とは誰なの?

●●●★日本語★●●● 問題:江戸狂歌は機知、頓知のきいた作品が多く、なかなか楽しめます。ただし、背景を知らないと滑稽味が薄まります。そのため、いまでは限られた人だけが鑑賞するマニアックな趣味になっているようです。 ●では、本日は江戸狂歌に親しむ小さな練習をしましょう。次の5首の狂歌の○に入る文字あるいは句を埋めて下さい。 □ […
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

言葉遊びの問題です。「ほ」の字がとても迷惑しているそのわけは?

●●●★●●● 問題:●言葉遊びのセンスを試す問題です。 ●「世の中は ○の絶え間こそ なかりけれ らくにも○の字 ついてはなれず」という狂歌があります。「狂歌藻塩草(きょうかもしおぐさ)」という歌集に収録されているそうです。「生きていくって辛いよね」とぼやいている歌ですが、○に入る文字はなんでしょうか? □「き」 □「く」 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の武士兼狂歌師が歌で要求したものはなんなの?

●●●★●●● 問題:●狂歌の問題です。 ●江戸時代中ごろに、白鯉館卯雲(はくりかんぼううん)という狂歌師がいました。江戸城に勤務するお侍でもあったようです。 ●この人が作った狂歌に、「色くろく あたまの赤き われなれば ばんの頭に なりそうなもの」というものがあります。歌中に出てくる「ばん」は鷭(ばん)という鳥の意味だそうです…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

国学者と狂歌師の二足の草鞋。石川雅望(まさもち)の「狂歌名」は?

●●●★●●● 問題:●国学者石川雅望が狂歌を詠むときの名前は次のどれでしょうか? □宿屋飯盛(やどやのめしもり) □凸凹清盛(でこぼこのきよもり) □つむりの光(つむりのひかり) (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

狂歌の天才、蜀山人(しょくさんじん)の本名は?

●●●★●●● 問題:●江戸の中期から後期にかけて、下級役人として武士の勤めを果たしながら、戯作、狂歌の世界で高い文名をあげた人がいます。その人物の本名は次のうちどれでしょうか? □大田直次郎(おおた なおじろう) □柳田格之進(やなぎだ かくのしん) □大村益次郎(おおむら ますじろう) (答えはずっと下↓ スクロールして…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more