テーマ:偉人

タクシーの運転手を手袋で騙す茶目っ気のある指導者。後藤新平なの?

●●●●●★歴史★● 問題:戦争中まで活躍したある有名人の逸話です。 ■ある寒い冬の晩です。タクシーを捕まえようとしますがなかなか上手く行きません。たまたま止まった運ちゃんに「銀座までこれでどうだ?」と左手を開いて見せたそうです。運ちゃんは50銭だろうと喜んで乗せますが、降りるときになると30銭しか払いません。当然、運ちゃんは文句を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎藤隆夫が粛軍演説を決行した日。その後の彼の運命は?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和11(1936)年の今日、5月7日。斎藤隆夫(さいとうたかお)という衆議院議員が、軍の横暴を糺す(ただす)演説を帝国議会で行ないました。この年の2月26日には二二六事件です。4年前には五一五事件がありました。翌昭和12(1937)年からは支那事変に突入します。きな臭い空気の充満した時代です。演説は、軍部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原健三郎(けんざぶろう)という言いたい放題な政治家の前半生は?

●●●●●●★ 問題:原健三郎さんという方をご存じですか? 彼は、明石海峡大橋の実現に力を尽くした自民党の代議士です。最長老議員としても知られていました。昨年、惜しくも97歳で亡くなりました。 ●では、彼がその長い人生の前半にやったことはなんでしょうか? □土木工事会社の経営 □雑誌の編集長 □映画の脚本家 (答えはずっと下…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

井戸平左衛門が役をおりてまでしたかったことは?

●●●●●★● 問題:享保(きょうほう)16年(1731)、石見(いわみ)の国(島根県)の大森代官所に井戸平左衛門(いどへいざえもん)が赴任してきました。井戸平左衛門は、名奉行として知られる大岡忠相(ただすけ)の推挙で代官となったらしい。 ●井戸平左衛門はあることで名を残すことになります。どんな仕事をしたのでしょうか? □ …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more