テーマ:和歌

少女に歌道の大切さを教わった太田道灌。のちには古い和歌を実生活に応用していたの?

●●●●●★歴史★● 問題:太田道灌(どうかん)をご存知だと思います。とくに東京で生まれ育ったかたは、最初に江戸に城を築いた人物として、学校でも教わったことでしょう。城を守護してもらうため、赤坂の日枝神社を勧請(かんじょう、神仏をまつること)したのも太田道灌だそうです。 ■太田道灌は永享(えいきょう)4年(1432年)に生まれたよう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

サイコロを歌に詠んだ最初の記録はいつごろのもの?

●●●★日本語★●●● 問題:なんの落語だったか忘れてしまいましたが、枕でサイコロについて語られたものがありました。発明したのはお釈迦様だとか。せっかく菩提樹の木の下で悟りを開いたのに、お寺に人が来てくれません。人寄せのために、正六面体のサイコロを開発し、さまざまな遊びをさせ、ついでに説法も聞かせたという説明でした。どうも冗談らしい。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「さなきだに」ってどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:現代の言葉の中に古い表現が混ざり込んでいる例をときどき見かけます。「蓋(けだ)し名言である」なんていう「蓋し」という言葉もそのひとつですね*1。「言わずもがなのことを言う」などというときの「言わずもがな」もそのひとつかな*4。 ■では、そんな古い表現のひとつ、「さなきだに」という言葉はどんな意味があるの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦国武将にして歌道の達人、細川幽斎が九死に一生を得た理由とは?

●●●●●★● 問題:●慶長5年(1600)7月のことです。関が原の戦いの直前、東軍に加担すると見られていた細川幽斎(ゆうさい、藤孝)の田辺城(京都府舞鶴市南田辺)に、西軍の一万余りの軍勢が攻め寄せてきました。守る側はわずかに500ばかり。東軍の本隊が到着するまでは持ちこたえられそうにありません。 ●ここでささやかな奇跡が起こり、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「村雨じゃ濡れて参ろう」とは行かない「村雨」ってどんな雨?

●●●★●●● 問題:●ここのところ、傘の世話になることが多いですね。 ●雨の問題です。「村雨(むらさめ)」という言葉があります。どんな雨を指すのでしょうか? □一時的に激しく降る雨のこと □しとしと長く降る雨のこと □天気雨のこと (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ひさかたの」という枕詞は「久方の」という意味じゃないの?

●●●★●●● 問題:●和歌の基礎知識に関する問題です。 ●「ひさかたの」という枕詞は、「天」とか、「光」にかかるそうです。たとえば、「ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」。紀友則(きのとものり)の歌とのこと。百人一首にも収載されています。 ●では、「ひさかたの」のもともとの意味はなんでしょうか? □な…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

パロディの和歌から元の和歌の作者が当てられますか?

●●●★●●● 問題:●「足曳(あしびき)の 山鳥の尾の 長談義 なかなかしきに しひりきらした」という狂歌があります。 ●この狂歌は「もじり」。いわゆるパロディですね。では、元の歌は誰の歌でしょうか? □柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) □山部赤人(やまべのあかひと) □山上憶良(やまのうえのおくら) (答えはずっと下…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有名な「田子の浦に うち出てみれば~」の和歌をからかった川柳はどれ?

●●●★●●● 問題:●「田子の浦に うち出て見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ」百人一首でも有名な山部赤人(やまべのあかひと)の歌です。 ●著名な歌には、それを揶揄した川柳がつきものだそうです。では、次のうち、この歌の川柳で「ない」ものはどれでしょうか? □真っ白な 名歌を赤い 人がよみ □富士の歌 山のほとり の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

百人一首の最初の歌の作者はだれ?

●●●★●●● 問題:「秋の田の 刈り穂を盗んで 捕縛さる 我が後ろ手に 雪は降りつつ」というのは、百人一首で有名なある天皇の歌のもじり、替え歌です。では、元の歌を詠んだ天皇は誰でしょうか? □天智天皇(てんじてんのう) □持統天皇(じとうてんのう) □仁徳天皇(にんとくてんのう) (答えはずっと下↓ スクロールして下さい)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旅の食事の様子を和歌にした昔の若きプリンスは、どんな運命をたどった?

●●●★●●● 問題:●「家にあれば 笥(「し」、あるいは「け」)に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る」という、昔ならとてもあたりまえの歌を詠んだのは、どんな人生を送った人でしょうか? ちなみに「笥」は筍(たけのこ)に似て非なる字です。食物を盛る器、あるいは箱のことらしい。 □刑死した □戦死した □天寿をまっとうした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

和歌の神様と呼ばれている歌人とはだれなの?

●●●★●●● 問題:●和歌の道に上達したいと思う人が像を掲げて供物をそなえるのは誰に対してでしょうか? □柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) □紀貫之(きのつらゆき) □藤原定家(ふじわらのていか) (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more