テーマ:人類

史上最古の石器を発見? いつごろの物と見られているの?

●●●●★科学★●● 問題:人類の歴史はどこから始まるのか。なにしろ100万年以上も前の話ですので、証拠が限られています。なかなか特定が難しいようです。 ■現在のわれわれ素人の常識でいえば現生人類にいちばん近いところにクロマニヨン人とかネアンデルタール人がいます。ネアンデルタール人は25万年前ごろに登場したようです。専門家たちはネア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人類の起源にもかかわる地殻変動。アフリカ大陸東側のサバンナはいつごろできたの?

●●●●★科学★●● 問題:古人類学という学問があるそうです。「霊長目内からヒト(ホモ・サピエンス)への進化の系譜の過程の解明を中心に、その過程にあったと思われるヒト科の生態を研究する学問」とのこと。古生物学と考古学のあいだを埋める学問だそうです*3。恐竜やその後の巨大哺乳類と古代遺跡のあいだに注目しているらしい。 ■古人類学では、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土踏まずを持った最古の人類はいつごろ生きていたの?

●●●●●★歴史★● 問題:昔の美女の形容に「三十二相(さんじゅうにそう)揃った美人」というのがあります。小野小町などはそのようにいわれるらしい。五代目古今亭志ん生の落語「羽衣の松」などにも、「小野小町は美人の総取締(そうとりしまり)で三十二相そろっていた」という証言が見られます。 ■「大辞泉」によれば、三十二相は、「仏のみが備えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネアンデルタール人の脳容積は現代人よりも大きかったの?

●●●●★科学★●● 問題:昔々の教科書では、人間の祖先は猿であり、森から草原へと出て直立し、少しずつ脳の容積を増やし、その知恵で生存競争を勝ち抜いて現代に生き残ったと書かれていました。猿から現代人までは、徐々に腰がのび、頭が大きくなっていったと推定されていたようです(口絵参照)。その途中には、直立猿人とかジャワ原人、ネアンデルタール…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

化石人骨ルーシーの発見された日。我らの遠い祖先は少しポッチャリしていたの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和49年(1974年)の今日、11月30日。エチオピアの北東部で350万年(320万年説も)前のものと思われる化石人骨が発見されました。アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)と呼ばれる種類の動物だそうです。ヒトとチンパンジーの最後の共通の祖先ともいわれます。 ■本日は貴重な遺体の発見され…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more