テーマ:歴史

名曲「♪韃靼人(ダッタンジン)の踊り」を作曲者よりも上手に弾いてみせたのは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:音楽の授業を思い出してください。ミリイ・バラキレフ、ツェーザリ・キュイ、モデスト・ムソルグスキー、アレクサンドル・ボロディン、ニコライ・リムスキー=コルサコフというロシア人の作曲家たちがいます。5人組と称されました。ロシア民族固有の音楽を創り出そうと努力した人たちらしい。いわゆる国民楽派に属するわけですね。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

正岡容(いるる)が道を誤らせた(?)とも言われる超大物落語家とは誰のこと?

●●●●●★歴史★● 問題:正岡とくれば多くの人は子規(シキ、ほととぎす)を思い出すでしょう。夏目漱石の親友にして俳句や短歌の改革に力を注ぎ、若くして倒れた横顔の人です(口絵参照、Wikipediaより)。 ■教科書でも参考書でもこの写真を使います。正面からの写真をいちど見てみたいですね。お笑い芸人バイきんぐの小峠に似ているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然主義の巨匠、若き日のツルゲーネフが博奕をやめた理由。なぜなの?

●●●●●★歴史★● 問題:イワン・ツルゲーネフをご存知かと思います。19世紀ロシアを代表する文豪の1人です。1818年(文化(ブンカ)15年/文政(ブンセイ)元年)に生まれ、1883年(明治16年)に亡くなっています。ペテルブルグ(ソ連時代はレニングラード)で国葬が営まれたらしい*2。 ■「猟人日記」、「初恋」、「父と子」などが代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純朴な中間(チュウゲン)が、言いつけを単純に守って主人に恥をかかせたのは、どんな言動なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、田舎から出てきて擦れていない木訥(ボクトツ)な人物がいて、笑い話のネタによく登場します。本日のお話もそうした純朴な人のお話です。 ■ある旗本が中間(チュウゲン、下働き)の木訥な性格が気に入ります。「剛毅木訥は仁に近し」と孔子先生も証言されています。その男は剛毅ではありませんが、木訥だけは間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

効果の高い拷問の方法を考案した人。武士なの? 町人なの 僧侶なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、取り調べの方法として拷問が許されていたと聞きます。ただし、現場の者が好き勝手に容疑者に苦痛を与えていいというわけではないらしい。寛保(カンポウ)2年(1742年)の公事方御定書(クジかたおさだめがき)という江戸幕府の基本法典により、制度化されていたといわれます*1*2。以後は、幹部級の許可を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【食事・就寝前厳禁】店子の不始末のとばっちりで億の金を失った大家さん。店子の職業はどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、連座制、あるいは縁座制と呼ばれる制度がありました。家族から犯罪者が出ると、家族すべてに罰が与えられたりするらしい。いやな制度ですね。半島の国では、21世紀になっても政治犯の家族が収容所で苦しんでいるなんて噂を聞きます。これも連座制かな。 ■店子が犯罪を犯したとき、その犯罪を認知できたはずなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

為永春水(シュンスイ)の失敗続きの人生。海賊版で大作家を激怒させたことがあるの?

●●●●●★歴史★● 問題:為永春水(シュンスイ)は江戸の後期に活躍した戯作者です。町人の生まれだったようですが、前半生についてはほとんど知られていないようです。 ■貸本屋を商売としていたことがあるらしい。書物を包んだ風呂敷を背負い、本を読みながら歩くのが日課だったようです。ある日、読書に熱中しすぎて通行人にぶつかり、激怒されたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸幕府の最高幹部同士の殺し合い。動機はどんなものだったの?

●●●●●★歴史★● 問題:貞享(ジョウキョウ)元年8月28日。西暦では1684年10月7日。この日は総登城日だったそうです。江戸城内は慌ただしい空気に包まれていたらしい。御用部屋には大老の堀田正俊(まさとし)をはじめ、老中や若年寄などの最高級幹部が控えていました。5代将軍綱吉の出座を待っていたようです。ちなみに御用部屋とは、「江戸城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

互いに妙な仇名(あだな)で呼び合っていた江戸時代の有名人。誰と誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:歴史上の人物には、さまざまな名前があります。われわれ現代人は戸籍上の名前と仇名ぐらいしかありません。でも連中には日吉丸、竹千代、牛若丸、鬼武者(源頼朝)などの幼名、成人後の諱(いみな、本名)のほかに字(あざな、通称)、さらに号(雅号)などもありました。 ■ただし、仇名はいつの時代にもあったようです。甲斐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の旅の交通費。馬で行くのと駕籠で行くのではどのぐらいの差があったの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代の後半から庶民の旅が盛んになっていきます。江戸の住人も伊勢参りに出かけます。そこまで遠出ができない人たちも、大山詣りや高尾山ぐらいは楽しみます。落語の「大山詣り」でもおなじみですね。 ■大山阿夫利神社(アブリジンジャ)は現在の神奈川県伊勢原市にあります。神田の八丁堀駅から徒歩片道67.3kmとグー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚にペニスを食べられてしまったと言われる神様って誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:神話には神様が登場します。どの民族にもそれぞれの神話があり、多くの場合は複数の神様が登場します。神様の紳士録を作ったら、1000万柱を超える名前が挙がるかもしれません。なにしろ我が国だけで八百万(やおよろず)の神様がいるわけですから。 ■数多い神様の中には、次のような逸話を持つ神様がいます。「また、○○の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町幕府の6代目と似て、西ローマ帝国の皇帝も籤(くじ)で決まったことがあったの?

●●●●●★歴史★● 問題:ご存知のとおり、室町幕府の6代目将軍、足利義教(よしのり)は籤引き(くじびき)で選ばれた将軍です。応永(オウエイ)32年(1425年)、5代目の義量(よしかず)は急病で19歳という若さで頓死します。義量には子供がいなかったらしい。実父の4代目将軍義持(よしもち)がピンチヒッターとして職務をこなしたようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧暦8月1日は吉原で花魁が白い着物を着る日。どんな記念日なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、旧暦8月1日には、吉原の遊女たちが白い袷(あわせ、春・秋用の着物)や小袖(こそで、袖口が狭くなった着物、袷より暖かい)を着たらしい。和風の結婚式のような100%に近い白無垢ではないようですが、多くの花魁(おいらん、遊女)たちは、白い着物を身につけていたようです。口絵は遊女屋の店先を描いた「八朔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賭博が盛んだけどなんとかやめさせたい。恩田木工が選んだ手法はどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:恩田木工(もく、たくみとも)という人物をご存知でしょうか。諱(いみな、本名)は民親(たみちか)。40年前なら、多くの社会人が知っていたかもしれません。イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」というベストセラーで紹介された人物です(口絵参照、Wikipediaより)。 ■享保(キョウホウ)2年(1717年)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽作の箱書きを頼まれた超有名画家。どう対処したの?

●●●●●★歴史★● 問題:明治時代のある有名な画家の話です。 ■一流の料亭の女将が絵を描いて欲しいと依頼しました。蘭の花の絵を描いて渡します。事情を聴いた女将の知り合いの実業家が悪い奴で、「せっかくだから表装してやろう」と持ち帰ります。「できたから」と女将に渡したのは偽物だったそうです。 ■女将はもちろん気付かずに画家に箱書きを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タクシーの運転手を手袋で騙す茶目っ気のある指導者。後藤新平なの?

●●●●●★歴史★● 問題:戦争中まで活躍したある有名人の逸話です。 ■ある寒い冬の晩です。タクシーを捕まえようとしますがなかなか上手く行きません。たまたま止まった運ちゃんに「銀座までこれでどうだ?」と左手を開いて見せたそうです。運ちゃんは50銭だろうと喜んで乗せますが、降りるときになると30銭しか払いません。当然、運ちゃんは文句を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ14世おつきの室内装飾家の仕事とは?

●●●●●★歴史★● 問題:ルイ14世をご存知だろうと思います。世界史で習いました。太陽王と呼ばれます。ブルボン王朝の最盛期を築き、絶対君主制を確立した人物です。わずか4歳半ほどで戴冠し、その後72年にわたって在位したそうです。フランス史上最長記録らしい。観光客から見れば、ヴェルサイユ宮殿をつくった王様ですね。 ■モリエールをご存知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で最初に閘門(コウモン)を使って船の便を通したのはどの地域なの?

●●●●●★歴史★● 問題:最初にお断りしておきますが、船の便が閘門を通るというお話です。便が肛門を通るというお話ではありませんので、お間違いなきよう。 ■ご存知のようにパナマ運河は太平洋と大西洋を結ぶ水路です。太平洋側は大西洋側に比べて水位が24cmほど高いらしい。これだけならたいしたことはないのかもしれません。でも、運河の真ん中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手配写真も通信手段もない時代の逃亡犯。どのぐらいが逃げ切ったの?

●●●●●★歴史★● 問題:19世紀の中頃に写真の技術が開発されます。それまでは、犯罪者の手配には似顔絵が使われていたのかな。モンタージュなんて手法もなかったと思われます。 ■文字だけで特徴を伝えていたという話も聞きます。身長5尺3寸ほど、面長で鼻筋が通った色白の40代の男。背中に小判大の痣あり、なんてね。いずれにせよ、ちょっと見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とても危なっかしい行為をする少年の絵は、どんな書籍に掲載されていたの?

●●●●●★歴史★● 問題:口絵をご覧下さい。谷を渡る綱が張られています。籠に乗った少年が渡ろうとしています。人力ロープウェイ。この少年は高所恐怖症ではなさそうです。見ているほうが恐い。 ■本日のクイズはとても簡単です。この絵がどんな由来の作品かという問題です。選択肢の中から選んで下さい。 [い]土佐派の絵師が描いた大歩危(おおぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農民や商人の子だけど裕福。そんな人が武士になるにはいくら出せばいいの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には武士の子供は武士ですし、農民の子供は農民です。士農工商とも、ほとんどが父親とおなじ身分になりました。さらに同じ武士でも家老の息子は家老になりますし、足軽の息子は足軽です。人生は運で決まるわけですね。 ■ただし、武士に生まれることが幸運とは言い切れません。武士は江戸初期から幕末まで、ほぼ一貫して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン国王と緊張関係にあったイエズス会。どんな方法で情報を集めたの?

●●●●●★歴史★● 問題:イエズス会という宗教団体の名前を聞いたことがあると思います。創設されたのは1534年(天文(テンブン)3年)。織田信長や細川幽斎(ユウサイ)が生まれた年ですね。創設者は、イグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエル。聞いたことがある名前です。ちょうど大航海時代だったこともあり、世界各地での布教をめざしたそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大森貝塚を発見したモースの逸話。東大教授時代、頼み方が上手で総長がちょっと困ったの?

●●●●●★歴史★● 問題:エドワード・モースは明治10年(1877年)に来日しました(口絵参照、Wikipediaより)。そもそもの目的は専門である動物学、貝類の研究だったようです。日本は貝類の種類が豊富だと知られていたのかな。 ■新橋と横浜を結ぶ汽車の窓から大森貝塚を発見します。誰もが眺めていた景色です。でも日本人は誰も気付かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口100万人といわれる江戸の町に質屋は何軒あったの?

●●●●●★歴史★● 問題:「伊勢屋・稲荷に犬の糞」は江戸で多く見られるものを挙げていると言われます。このうち、伊勢屋の多くは質屋と推測されるようです。 ■江戸時代、江戸の町には100万人を越える人口があったと言われます。そこに多くの質屋があったらしい。では、享保年間(1716~1735年)に調べた結果では、何軒ぐらいの質屋があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉の材木座海岸で大量の人骨。新興宗教の集団自殺なの?

●●●●●★歴史★● 問題:いまから60年余り前。鎌倉の材木座海岸で大量の人骨が発見されました。約910体分と見られる遺骨は、科学捜査研究所の手によってひとつずつ年齢や性別が特定され、死因が鑑定されます。このとき、榊マリコ研究員をはじめとする研究員たちも京都府の科捜研から応援にかけつけたらしい。番組は中断したようです。ん? 時代がちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はげねずみ」の一言でわかる差出人。いつごろの手紙なの?

●●●●●★歴史★● 問題:電話というのは不思議なもので、片方を聞くだけで会話の内容がほとんど推測できる場合があります。浮気相手からの電話を取り次がれてドギマギすれば、やりとりを聞くまでもなくすべてが露顕することさえあります。 ■手紙の場合でも、中に書かれた言葉だけでさまざまなことが推測可能です。上司から部下へなのか。逆なのか。仲間…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天皇陛下の行幸にまつわる珍談。錦の袋は何を入れるために誂えたの?

●●●●●★歴史★● 問題:歴代の天皇の中でいちばん長い距離を移動した天皇は昭和天皇かもしれません。終戦の翌年、昭和21年から29年にかけて全国を巡幸されました。全行程は3万3000km。地球を3/4まわるよりもさらに3000kmも長い距離だそうです。ちなみに北海道から鹿児島までの距離は2000kmぐらいとのこと。 ■敗戦によるショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「請合」と記された看板。掲げている店では何を売っているの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代にはネオンサインはありません。蛍光灯もなければ白熱電球もLED電球もありません。発光させるには、蝋燭とか菜種油に火を点けるしかなかったようです。夜、遠くから見える看板は作りにくいですね。でも看板業界は困りませんでした。なぜなら、江戸時代、堅気の商店の大半は、暗くなるとそうそうに閉店したからです。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【18歳未満お断り】日干しの陰茎が競りにかけられた有名人。ルイ16世なの?

●●●●●★歴史★● 問題:我が国では、毒婦と呼ばれた高橋お伝の生殖器がホルマリン漬けにされて保存されている。そんな噂を耳にします。毒婦である以上、生殖器にもその特徴が現れているはず。単なる好奇心なのか。学術的な関心なのか。ともあれ、そういった噂は間違いなく存在するようです*1。ちなみに口絵は高橋お伝の肖像写真らしい。 ■西洋におい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大商店の火鉢という火鉢の灰に手形が押されている。どう解釈すべきなの?

●●●●●★歴史★● 問題:あなたは江戸時代の泥棒です。冬のある寒い夜。日本橋の大店(おおだな)にマンマと忍び込みました。幸い月夜です。建物の隙間から光がわずかながら漏れます。目がなれると薄暗闇もそんなに苦になりません。 ■金目のものを漁るべく、部屋から部屋へと渡り歩くと、妙なことに気がつきました。各部屋の火鉢という火鉢の灰には手形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more