テーマ:勝負

升田幸三が大山名人に香引きで勝つ。升田は阪田三吉からも指導されたの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和31(1956)年の今日、1月20日。将棋の王将戦で、升田幸三(ますだ こうぞう)が大山康晴(おおやま やすはる)名人を相手に、香を引いて勝利しました。「香を引く」とは、「香車が1枚欠けた状態で指す」ことです。角のある側の香車を落とすらしい。ハンディキャップをつけるわけですね。 ■Wikipediaに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more