テーマ:農業

野菜農家に転業するとき、何を作ればいちばん時給が高くなるの?

●●●●★科学★●● 問題:素町人は町に生まれて町に育ちました。野菜を作るという経験はほとんどありません。学齢前、社宅のベランダに植木鉢を置いて、二十日大根というのでしょうか、外皮だけが赤い、小さな蕪のような野菜を作りました。名前どおり、とても早く収獲できたと記憶しています。家で食べたはずですが、どんな味だったかまるで覚えていません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生ゴミを腐らせた熱で行なう促成栽培。いつごろから行なわれているの?

●●●●●★歴史★● 問題:現代では世界の多くの国で農業に石油が欠かせません。日本では耕耘機や田植機など。アメリカなどの大規模農業ではコンバインと呼ばれる刈り取り・脱穀用の大型車両が数多く使われ、その動力源に石油を原料とした燃料が使われます。 ■ビニールハウスや温室の室温維持にも石油が使われますね。おかげで石油の値段が高騰するとすぐ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

巣穴でキノコを栽培する動物がいるの?

●●●●★科学★●● 問題:人間が採集だけでなく栽培によって収穫を得るようになったのはいつごろなのでしょうか? 最初の農業は中東方面で少なくとも9000年ぐらい前には行なわれていたともいわれます。日本での稲作開始は3000年ぐらい前らしい。それより前の縄文時代にも焼畑農業でソバなどを作っていたと見られているそうです*2。 ■現代の動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刈り取った稲を干すのは米作り八十八の作業のお尻から何番目?

●●●●●●★ 問題:●昔から米作りは八十八の作業があると言います。「八十八」を合成すると「米」という漢字になる。漢字クイズのような話ではありますが。 ●秋、稲刈りが終わったら、収穫物を乾燥させます。稲をかけて干す場所を稲架(「はさ」、あるいは「はぜ」)と呼びます。地方によって呼び方が異なるようです。 ●では、稲架にかける作業に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原始的なイメージのある焼畑農業。いまの日本でもやっているの?

●●●●●●★ 問題:●野山の草木を焼き、その灰による土壌の改良をもくろむのが焼畑農業だそうです。南方ではよく行なわれていると聞きます。では、現代の日本には焼畑農業はあるのでしょうか? □今はない □意外に今も盛ん □今も細々としている (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more