テーマ:俳句

俳聖松尾芭蕉の別号はなんというの?

●●●★日本語★●●● 問題:蔵を整理していたら奥のほうからかなり古い短冊が出てきました。何が書いてあるのかはあまりに流麗な書体なのでわからない。でも署名だけは平仮名なのでなんとか読めそうです。「はせを」と書いてあるように見える。う~ん、なんとなくお宝の臭いがします。この短冊は「開運!なんでも鑑定団」に出品する価値のあるものでしょうか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸っ子俳人宝井其角(きかく)。紀文の幇間(たいこもち)をしていたことがあるの?

●●●●●★歴史★● 問題:俳句界の最大巨星はご存じの松尾芭蕉(ばしょう)です。寛永(かんえい)21年(1644年)に生まれ、元禄(げんろく)7年(1694年)に死んでいます。大坂御堂筋の旅宿で、「旅に病んで 夢は枯れ野を かけ廻る」という句を残して逝ったといわれています。 ■芭蕉には高弟が10人おり、蕉門十哲(しょうもんじってつ)…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉と一茶の作品仕分け。「馬の屁に 目覚めてみれば 飛ぶほたる」はどちらの作品なの?

●●●★日本語★●●● 問題:俳句には作風というものがあるそうです。生まれや育ち、環境や経験が作者の脳味噌に影響を及ぼし、作品に反映するとのこと。 ■本日は、とても有名なふたりの俳人の作品を仕分けしていただきます。一人は松尾芭蕉。知らない人のいない大俳人ですね。代表作は「古池や蛙(かわず)飛びこむ水の音」。もう一人は小林一茶。こちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美貌の天才俳人久女(ひさじょ)の命日。師匠にあたる大物とは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和21年(1946年)の今日、1月21日。大正から昭和にかけて活躍した天才俳人杉田久女(ひさじょ)がなくなりました。 ■「足袋つぐや ノラともならず 教師妻」。杉田久女の代表作だそうです。「ノラ」はもちろんノラ猫ではありません。大正時代の大和撫子(やまとなでしこ)たちに冒険心を吹き込んだ戯曲、イプセンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句を使った風雅ななぞなぞ。あなたはとけますか?

●●●★●●● 問題:●昔の人は言葉遊びについては今の人よりはるかに上をいっていたようです。面白い言葉遊びをたくさん知っていました。川柳や俳句がなぞなぞになっているというのもそのひとつです。 ●では、そんななぞなぞをひとつ。「秋の田の 露重げなる 気色(けしき)かな」。これは何を指しているのでしょうか? □蛍 □花 □月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春の海 ひねもすのたり のたりかな」と詠んだ俳人の他の作品は?

●●●★●●● 問題:●「春の海 ひねもすのたり のたりかな」と詠んだ俳人の作品は、次のうちではどれでしょうか? □春雨や 小磯の小貝 ぬるるほど □春潮と いへば必ず 門司思ふ □海を見て 十歩に足りぬ 畑を打つ (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「痩せ蛙 負けるな( ) ここにあり」の( )に入る俳人の名前は?

●●●★●●● 問題:●タイトルの問題は簡単すぎるかもしれません。小林一茶ですね。 ●一茶は家庭的には不幸な子供だったらしい。「親のない子はどこでも知れる。爪をくわえて門に立つ」と囃(はや)されて育ったといわれます。そんな辛い目にあったせいなのか、か弱いものに心を寄せた俳句をいくつも作っているそうです。痩せ蛙だけに同情したのではな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「盆踊り」の季語は夏?

●●●★●●● 問題:俳句の季語の問題です。 ●俳句の季語は、どうも一般人の野暮な感覚とはズレがあるようです。次のうち、季語が正しいのがひとつだけあります。どれでしょうか? □ 小六月…春 □ 盆、盆踊り…夏 □ 憂国忌…冬 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more