ゾウの体重を量るのはどうするの?

画像
★科学★
問題:Wikipediaによれば、現生するゾウの仲間でいちばん小さなマルミミゾウの場合で2.7t(トン)~6tぐらい。アジアゾウはもう少し大きく、アフリカゾウの場合では最大の場合で10tにもなるといいます。体重50kgの美女200人分に相当します。そう考えると少し楽しい。もちろん体重50kgの老婆200人分でもあります。そう考えると…。まっ、なんにせよゾウは重いですね。
■現在であれば、10tの重さを量る秤もあるかもしれません。でもちょっと前までは、そんな体重計は存在しなかったはずです。では、昔はゾウの体重をどのように計っていたのでしょうか?
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:船に乗せて計る
説明:紀元前5000年といいますからいまから7000年も昔の古代エジプトでは、すでに天秤秤(てんびんばかり)が使われていたそうです。片方に対象物、片方に重さのわかっている分銅などを乗せ、つりあった重さで対象物の重量を知るわけですね。
■ゾウが乗っても壊れない筆箱は昭和の後半に出現しました。でも、ゾウをぶら下げてもダイジョーブな天秤棒は、21世紀に入っても開発されていないようです。
■昔の人はゾウの体重計測には船を使ったそうです。ゾウはまず静水上に停泊する船に乗せられます。船は少し沈むでしょう。沈んだところで、水が触れている最上部に目印をつけます。ゾウを降ろしてこんどは石などを乗せていきます。目印まで船が沈んだところで作業は停止。あとは石の重さを天秤秤で量り、合計するとゾウの重さがわかるらしい。
■たいへん簡単ではありますね。現在では、小学校で教わる機会もあるようです。多くのかたが正解されたでしょう。
■この問いを子供たちに投げかけたことがあったようです。多数派が正解を出したらしい。でも、中には変わった回答もいくつか寄せられたとのこと。たとえば、「数人の人に少しずつ食べてもらって、その体重の増えた量を足す」という少しブラックなものもあるらしい。解体して部分の重さの合計を算出するのではないのです。食べてしまうというのですから不思議な発想です。また、「何千年か待てば体重計が発明されるのでそれまで待つ」という気の長い回答もあったようです。
◆参考*1:HP「2011年10月号/羽毛の重さは何グラム? | NGKサイエンスサイト|日本ガイシ」
http://www.ngk.co.jp/site/no170/know.htm
◇*2HP「道徳教材としての「象の重さをはかる話」」(PDFです。ネット上でタイトルで検索すると見られます)

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

"ゾウの体重を量るのはどうするの?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント