赤穂浪士討入の日。ところで山鹿流の秘法隠し筆に使われるのは砂糖なの醤油なの?

画像
★科学★
問題:本日12月14日は年に1度、復讐・私刑が許される討ち入り記念日です。今日に限っては、殺人事件の被害者三親等までの遺族は加害者を殺しても罪に問われません…なんてね。そんな日があったら一億総草食系で攻撃性の低すぎる日本もおおいに活気づくでしょうね。活気づくというよりは、殺気づくのかな。スリルがあるだろうな。
■冗談はともかく、本日は、主君浅野内匠頭(たくみのかみ)の無念を晴らすべく、もと国家老大石内蔵助(くらのすけ)以下47浪士が吉良上野介(きら こうずけのすけ)の屋敷を襲い、見事本懐を遂げた日だそうです。元禄15年12月14日というのは講談や芝居などでいわれているとおりらしい。西暦に直すと1703年1月30日とのこと。いちばん寒いころですね。実際に吉良の首をちょん切ったのは31日の未明のことだったようです。
■大石内蔵助は山鹿流の兵法を学んでいたといわれます。同時代を生き、江戸を逐われて赤穂藩に滞在した山鹿素行(やまが そこう)という軍学者の編み出した兵法だそうです。ただし、「山鹿流の陣太鼓」というのは実際にはなかったとWikipediaには記されています*2。「…これにて由良之助、太鼓を打つを、柝の頭(きのかしら、最初の拍子木の音)、あと山鹿流一鼓陸足(いっこりくそく、1度鳴らす間に6歩進む)の陣太鼓とともに皆々討ち入る科(しぐさ)のうちに…」という「仮名手本忠臣蔵」の記述は、歴史上の事実とは異なるようです*3。
■本日は、307年前の赤穂浪士たちの義挙を記念し、山鹿流兵法についての科学クイズです。山鹿流の兵法のなかには、隠し墨(かくしずみ?)と呼ばれる秘法があったとのこと。敵に知られずに味方にのみ情報を伝える方法だそうです。では、隠し筆の秘法には、次のどんな化学物質が利用されたでしょうか? 参考資料*1に記されていたもののみを正解とします。
[い]砂糖
[ろ]塩
[は]酢
[に]醤油
[ほ]味噌
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]砂糖
説明:参考資料*1には次のように記されています。「案外なのは、大石内蔵助も学んだという山鹿流の兵学書の中にまで、この隠し墨の秘伝が記されているということでして、『唐胡麻(とうごま)の油で黒い紙に書き、後で白砂糖を振りかけると文字が現われる』ということです」。
■唐胡麻の油というのは下剤などに使われたヒマシ油だそうです。ヒマシ油は不乾性油として知られているとのこと。なかなか乾かないらしい。秘密の指令書などが敵の手に落ちても、敵にはただの黒い紙としか見えないので情報が漏れにくいのかな。白砂糖を振りかければ筆跡の部分だけに砂糖の粉がつくので、内容が読み取れるらしい。
■塩でもおなじじゃないかと思われるかもしれません。たしかに、現代のようにサラサラの塩があれば、ひょっとしたら塩でも読み取れるのかな。ただ、昔の塩は苦汁(にがり、塩化マグネシウムや塩化カリウムなど)を含んでおり、空気中の水分を吸い込んでベタッとしていたという話もあります。素人の勝手な推測ですが。「焼き塩」にして水分を飛ばし、細かく突き砕けばできたのかな。なお、白い紙の場合には炭の粉か煤(すす)を振りかければ同様の効果が得られるそうです。
■秘法とか秘伝というわりには単純な方法ではあります。でも現代のスパイ諸兄諸姉も、単純な方法を利用しているという話もあります。やはり参考資料*1に記されていた方法では、東欧圏の隠密たちは、ウォッカに砂糖を飽和させた溶液で内緒の文書を書くらしい。あぶり出しなのかな。ごくありふれた素材を使うので身体検査や家宅捜索などでも怪しまれにくいようです。余ったら飲んでしまえばいいとのこと。でもねぇ。飽和するほど砂糖をいれたウォッカの味はいかがなものかな。
◆参考*1:書籍「化学マジック・タネ明かし」新書初版55頁、山崎昶(あきら)著、ISBN4-06-132755-0、講談社
◇*2HP「山鹿流 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%B9%BF%E6%B5%81
◇*3書籍「名作歌舞伎全集2 丸本時代物集1」戸板康二他監修、東京創元社
◇*4HP「哲学者山鹿素行の命日。吉田松陰や大石内蔵助、昭和天皇にまで影響を及ぼしたの?」
http://blog.q-q.jp/201010/article_19.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

"赤穂浪士討入の日。ところで山鹿流の秘法隠し筆に使われるのは砂糖なの醤油なの?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント