純朴な中間(チュウゲン)が、言いつけを単純に守って主人に恥をかかせたのは、どんな言動なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、田舎から出てきて擦れていない木訥(ボクトツ)な人物がいて、笑い話のネタによく登場します。本日のお話もそうした純朴な人のお話です。 ■ある旗本が中間(チュウゲン、下働き)の木訥な性格が気に入ります。「剛毅木訥は仁に近し」と孔子先生も証言されています。その男は剛毅ではありませんが、木訥だけは間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more