名曲「♪韃靼人(ダッタンジン)の踊り」を作曲者よりも上手に弾いてみせたのは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:音楽の授業を思い出してください。ミリイ・バラキレフ、ツェーザリ・キュイ、モデスト・ムソルグスキー、アレクサンドル・ボロディン、ニコライ・リムスキー=コルサコフというロシア人の作曲家たちがいます。5人組と称されました。ロシア民族固有の音楽を創り出そうと努力した人たちらしい。いわゆる国民楽派に属するわけですね。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小さなトガリネズミが動物界でいちばんと言われている特徴はどんなこと?

●●●●★科学★●● 問題:トガリネズミという哺乳類がいます(口絵参照、Wikipediaより)。漢字では「尖鼠」と表記するらしい。鼠の仲間かといえばそうではないようです。「系統的にはモグラやハリネズミと近縁のグループ」とのこと。 ■さてこのトガリネズミは、おおむね4300~4600種類が現生するという哺乳類の中ではある特徴がいちば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスは真っ黒な種類ばかりなの?

●●●●★科学★●● 問題:カラスという仇名は、子供たちがつけられたくない仇名の中でもトップクラスらしい。かなり嫌がられているようです。 ■都会においては生ゴミなどを突っついて散らかす悪役でもあります。ゴミ問題は多くの人間の好感度を下げる理由になっているらしい。さらに色が不吉です。ご存知のようにカラスは真っ黒です。多くの場合、嘴(く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正岡容(いるる)が道を誤らせた(?)とも言われる超大物落語家とは誰のこと?

●●●●●★歴史★● 問題:正岡とくれば多くの人は子規(シキ、ほととぎす)を思い出すでしょう。夏目漱石の親友にして俳句や短歌の改革に力を注ぎ、若くして倒れた横顔の人です(口絵参照、Wikipediaより)。 ■教科書でも参考書でもこの写真を使います。正面からの写真をいちど見てみたいですね。お笑い芸人バイきんぐの小峠に似ているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなハチドリは1秒で80回近くも羽ばたく。では昆虫界で最多な奴は何回ぐらい羽ばたくの?

●●●●★科学★●● 問題:オーニソプターという機械をご存知でしょうか? 航空機の黎明期、人々が昆虫や鳥のように羽ばたきして飛びたいと作成した羽ばたき型飛行機です。現在に至るまで、人間が乗って操縦するほど大型のものは完成していないようです。でも、ロボット風の小型のものは、いまでも各国で盛んに研究されているとか。何かの役に立つのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然主義の巨匠、若き日のツルゲーネフが博奕をやめた理由。なぜなの?

●●●●●★歴史★● 問題:イワン・ツルゲーネフをご存知かと思います。19世紀ロシアを代表する文豪の1人です。1818年(文化(ブンカ)15年/文政(ブンセイ)元年)に生まれ、1883年(明治16年)に亡くなっています。ペテルブルグ(ソ連時代はレニングラード)で国葬が営まれたらしい*2。 ■「猟人日記」、「初恋」、「父と子」などが代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充電池の長寿命化。従来のリチウムイオン電池の15倍にするには窒素を使うの? それとも水素?

●●●●★科学★●●問題:最近の科学雑誌Newtonに、耳よりな話が記されていました。「リチウムイオン電池の約15倍長持ちする電池を開発」という題名です*1。 ■電気自動車は、満杯に充電された状態での総走行距離は百数十kmだそうです*1。もうちょっと長いというCMも見かけますけど。いずれにせよ、東京から大阪まで、充電なしで走るのは難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純朴な中間(チュウゲン)が、言いつけを単純に守って主人に恥をかかせたのは、どんな言動なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、田舎から出てきて擦れていない木訥(ボクトツ)な人物がいて、笑い話のネタによく登場します。本日のお話もそうした純朴な人のお話です。 ■ある旗本が中間(チュウゲン、下働き)の木訥な性格が気に入ります。「剛毅木訥は仁に近し」と孔子先生も証言されています。その男は剛毅ではありませんが、木訥だけは間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙の中にある元素のうち、いちばん多いと言われる水素。どのぐらいの割合を占めているの?

●●●●★科学★●● 問題:宇宙には、さまざまな元素があります。地球上の空気は窒素と酸素が主成分ですが、アルゴンだとか二酸化炭素などもごく微量含まれています。海の成分でいえばH2Oが主成分です。その他には、塩素やナトリウムなど、塩味をつけているものも含まれます*2。 ■宇宙全体を眺めた場合、いちばん多く存在すると言われているのが水素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。虚( )/( )心/( )人の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。語彙が豊富なほうが有利です。試行錯誤の速度が速いとやはり有利でしょう。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し脳味噌が熱をおびる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「無」です。「虚無(キョム)/無心(ムシン)/無人(ムジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

効果の高い拷問の方法を考案した人。武士なの? 町人なの 僧侶なの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、取り調べの方法として拷問が許されていたと聞きます。ただし、現場の者が好き勝手に容疑者に苦痛を与えていいというわけではないらしい。寛保(カンポウ)2年(1742年)の公事方御定書(クジかたおさだめがき)という江戸幕府の基本法典により、制度化されていたといわれます*1*2。以後は、幹部級の許可を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻雀大会に参加した1023人。優勝者を決めるまでに何試合が必要なの?

●●●●★科学★●● 問題:ご存知のように麻雀は4人で行なう競技です。四角い卓を囲み、四角い牌をツモっては捨てて行きます。 ■若い人には、昔ほどの人気はないようですね。でも高齢者の間では、ボケ防止・暇つぶしの目的で、人気が高まっているらしい。今回も、ポンロンあんしんすこやかセンターの主催で、高齢者麻雀大会が開かれることになりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【食事・就寝前厳禁】店子の不始末のとばっちりで億の金を失った大家さん。店子の職業はどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には、連座制、あるいは縁座制と呼ばれる制度がありました。家族から犯罪者が出ると、家族すべてに罰が与えられたりするらしい。いやな制度ですね。半島の国では、21世紀になっても政治犯の家族が収容所で苦しんでいるなんて噂を聞きます。これも連座制かな。 ■店子が犯罪を犯したとき、その犯罪を認知できたはずなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在の東京では、磁石の針はちょうど真北と真南を指すのではないの?

●●●●★科学★●● 問題:地球がひとつの大きな磁石であるという話は聞いたことがあると思います。いま、我々は北と南を指す方位磁石を使っています。北極と南極という言葉があるとおり、北極星の方向には、S極があり、その反対にはN極があるわけですね。磁性体としての地球のN極・S極は、地理上の北・南とは逆になるようです*2。 ■ところが、10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「球を後ろに逸らす」の「逸らす」、「気持ちが逸る」の「逸る」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:表外(ヒョウガイ)の読みの「表」は常用漢字表を指します。常用漢字表には掲載されていないけれど、慣用としては使われる読みは表外の読みと呼ばれます。 ■たとえば「愛」という漢字は常用漢字表では「アイ」という音読みだけです。でも「愛しい」は「いとしい」ですし、「愛でる」は「めでる」、「愛娘」は「まなむすめ」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

為永春水(シュンスイ)の失敗続きの人生。海賊版で大作家を激怒させたことがあるの?

●●●●●★歴史★● 問題:為永春水(シュンスイ)は江戸の後期に活躍した戯作者です。町人の生まれだったようですが、前半生についてはほとんど知られていないようです。 ■貸本屋を商売としていたことがあるらしい。書物を包んだ風呂敷を背負い、本を読みながら歩くのが日課だったようです。ある日、読書に熱中しすぎて通行人にぶつかり、激怒されたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼすべての元素が溶け込んでいる海の水。いちばん多いのはどんな元素なの?

●●●●★科学★●● 問題:海は生命が誕生した場所らしい。生まれてから30億年ものあいだ、生命は海だけに存在し、陸地にはどんな生物もいなかったようです。もちろん偶然に地上に飛び出した単細胞生物もいたかもしれません。でも強烈な紫外線にたちまち殺されてしまったようです。海の中で藻類が活発に光合成し、酸素が増え、高度2万~5万mにオゾンの層…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more