町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「球を後ろに逸らす」の「逸らす」、「気持ちが逸る」の「逸る」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2017/09/04 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:表外(ヒョウガイ)の読みの「表」は常用漢字表を指します。常用漢字表には掲載されていないけれど、慣用としては使われる読みは表外の読みと呼ばれます。
■たとえば「愛」という漢字は常用漢字表では「アイ」という音読みだけです。でも「愛しい」は「いとしい」ですし、「愛でる」は「めでる」、「愛娘」は「まなむすめ」、「愛い奴」は「ういやつ」です。すべてが「愛」の表外の読みになっています。
■本日はそんな表外の読みのクイズです。下の読みを考えて下さい。
[い]「球を後ろに逸らす」の「逸らす」
[ろ]「弾がわずかに逸れる」の「逸れる」
[は]「気持ちが逸る」の「逸る」
[に]「逸れ狼」の「逸れ」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「球を後ろに逸らす」の「逸らす」はそらすと読む
■「逸」という漢字は、意味の多い漢字のようです。常用漢字表では「イツ」という音読みだけ。でもここで出題されているような表外の読みもあります。
□「後ろに逸らす」が固まった「後逸する」という熟語があります。野球の放送や記事ではおなじみの言葉ですね。「右翼が無理に突っ込んで取れずに後逸し、ランニングホームランになってしまった」なんて使い方です。この「逸らす」は「捕らえ損なう」の意味です。野手のいちばんみっともないエラー、トンネルも「後ろに逸らす」の代表例でしょうね。
[ろ]「弾がわずかに逸れる」の「逸れる」はそれると読む
■こちらも「逸らす」にちょっと似た意味です。「逸れる」は「予想や期待とは別の方向に進む」ことを意味します。「話しが横道に逸れる」といえば、本題を忘れた話者が失敗しているところかな。「球を逸らす」のは集中していれば防げるかもしれません。「弾が逸れる」のは自分ではどうしようもないことで、一種の運命なのかな。
[は]「気持ちが逸る」の「逸る」ははやると読む
■「逸る」は「焦る」とか「気持ちが勇み立つ」という意味です。陸上の駆けっこ種目や競泳でフライングして失格になるのは、気持ちが逸っているからでしょうね。
[に]「逸れ狼」の「逸れ」ははぐれと読む
■ご存知のように「逸れる」は「連れの人や仲間と離ればなれになる」ことです。高倉健主演の「新網走番外地 吹雪のはぐれ狼」なんて映画があったらしい。狼はだいたい群れで狩りをしていると聞きます。一匹狼になってしまうと、そんなに攻撃力も高くなさそうですし、生き延びていけるかどうか心配です。健さんは生き延びて行けたのかな。
□「逸」という漢字には、他にも重要な意味があります。「優れた」という意味です。「秀逸なエピソード」は「とても興味深いお話」です。優れた人材は「逸材」です。優れた品は「逸品」です。そういえば「エピソード」は「逸話」とも表せますね。
◆参考*1:HP「常用漢字の表外読み(音訓) 一覧表・検索」
http://www16.atpages.jp/kanjikentei/hyogaiyomi.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「球を後ろに逸らす」の「逸らす」、「気持ちが逸る」の「逸る」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる