町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS カラスは真っ黒な種類ばかりなの?

<<   作成日時 : 2017/09/22 06:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★科学★
問題:カラスという仇名は、子供たちがつけられたくない仇名の中でもトップクラスらしい。かなり嫌がられているようです。
■都会においては生ゴミなどを突っついて散らかす悪役でもあります。ゴミ問題は多くの人間の好感度を下げる理由になっているらしい。さらに色が不吉です。ご存知のようにカラスは真っ黒です。多くの場合、嘴(くちばし)も足も黒い。
■日本のカラスは全身真っ黒で忍者のようですが、世界を見渡すと、異なる配色のカラスもいるらしい。では、次の中で実際にいるカラスはどれでしょうか? (実際にいるカラスは無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]全身が緑一色のカラス
[ろ]頭の天辺が丹頂鶴(タンチョウヅル)のように赤いカラス
[は]ペンギンや燕のように黒と白の2色模様のカラス
[に]金色の鶏冠(とさか)があるカラス
[ほ]嘴(くちばし)が黄色く、足は赤いカラス
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]ペンギンや燕のように黒と白の2色模様のカラスと[ほ]嘴(くちばし)が黄色く、足は赤いカラス
説明:ペンギンや燕に似ている配色のカラスは、アジアやロシアなどに棲息するコクマルガラスという種類らしい。
▼コクマルガラス(Wikipediaより)
画像

■コクマルガラスは渡り鳥で、日本にも越冬のために飛来するそうです。本州西部・九州などで見られるらしい。全長が33cmほど。日本で見られるカラスの中では最小種だそうです。
■どこかで聞いた名前だと思ったら、コンラート・ローレンツという動物博士が「ソロモンの指輪」という本で紹介していました。こちらはヨーロッパに多いニシコクマルガラスという種類です。ニシコクマルガラスの社会は階層構造をしているらしい。上下関係が厳しいのは体育会系なのかな。
■また食べ物を積極的に仲間に分ける習性があると聞きます。愛情あるいは友情の表現なのか。敵対や衝突を避けるためなのか。理由はいまのところはっきりわかっていないらしい。
■嘴(くちばし)が黄色く、足は赤いカラスは、キバシガラスと呼ばれる種類だそうです。全身は真っ黒ですが、黄色・赤を差し色にしているお洒落な奴です。
▼キバシガラス(Wikipediaより)
画像

■日本で多いハシブトガラス(口絵参照、Wikipediaより)などはなぜ真っ黒なのでしょうか。参考資料*3では、「日本の森の中では目立たずにつごうがよかったから」と推定しています。もともとカラスは森の鳥だそうです。森の中ではカラスは食物連鎖の頂点には立っていません。昼間は鷹や鷲(わし)、鳶(とんび)や隼(はやぶさ)などの猛禽類の餌になっていたのかもしれません。夜は梟(ふくろう)に追いかけ回されていたのかもしれません。目立たないよう、外観を黒一色にすることが連中の選択した生きのびる術(すべ)だったのかな。
◆参考*1:HP「コクマルガラス - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9
◇*2HP「キバシガラス - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9
◇*3HP「カラスはどうして黒いの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ」
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1214.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラスは真っ黒な種類ばかりなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる