町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 香水の香りはなぜ拡散したの?

<<   作成日時 : 2017/07/07 07:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★科学★
問題:使われてない体育館の隅で男子生徒が猥談をしていたとします。スマホの写真を見ながら、皆でワイワイ騒いでいると、そこに香水の匂いが漂ってきました。ナフタリン(虫が好かない)という仇名の学園長夫人の愛用する香水です。スマホをさっと隠して、みんな知らん顔をします。学園長夫人は生徒らに一瞥(イチベツ)をくれると、さっと去っていきました。やれやれ。誰かを探していたのかな。
■体育館は窓も扉も完全に閉まっていました。空気は静止していたかのようです。それでも香水の匂いは漂ってきたように感じられます。なぜなのでしょうか? 
[い]見えないし、肌にも感じられないけれど、ごくわずかながら空気の対流はあるから
[ろ]匂いの分子はロケットのように自発的に動いていくから
[は]風はなくても空気を構成する気体の分子は活発に動いているから
[に]学園長夫人の姿を見た瞬間に香水の匂いを思い出したのであり、一種の錯覚である
[ほ]空気が完全に静止している場合は匂いも届かない。この問題の前提が間違っている
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]風はなくても空気を構成する気体の分子は活発に動いているから
説明:空気が動いていると匂いや臭い、そして香りは動きやすいものらしい。アフリカのサバンナでは、ライオンなどの捕食動物、あるいはハイエナなどの腐食動物は、風に乗ってくる獲物や死骸の臭いをかぎつけるようです。
■まったく空気が動かない状態であっても、匂いや臭い、香りは広がっていくそうです。効率の面では低いのでしょう。また速度も低いのでしょうけれど。
■匂いや香りは「揮発性の分子が鼻の神経に達したときに生ずる知覚」だそうです*1。匂いを放つ分子、たとえばアルコールくさいエチルアルコールの分子(C2H5OH)は、空気中で窒素分子(N2)や酸素分子(O2)と衝突するらしい。窒素分子は秒速490m、酸素分子は同460mで移動しています*2。無数の窒素あるいは酸素分子と衝突しているうちに体育館の端から端へと匂いが拡散していくらしい。おかげで虫の好かない学園長夫人の存在は全校どこにいても事前に知れ渡ることになるのかな。
■なお、[い]の「わずかながら空気の対流はある」という回答も正解にすべきかもしれません。対流が完全に失われた状態は、普通の生活空間ではありえないようです。
■余談です。香りはいいにおいですね。匂いは一般にはいいにおい。臭いは不快なにおいの場合に使われます。「臭い」は「くさい」とも読みます。「臭い臭い」は「においくさい」なのか「くさいくさい」なのか「くさいにおい」なのかわかりません。あまり使われないようです。「臭い匂い」という表記がされるようです。
◆参考*1:書籍「パズル・身近なふしぎ」文庫初版62〜63頁、パーサ・ゴーズ/ダイパンカー・ホーム著、笠耐(リュウ たえ)訳、講談社
◇*2HP「0度Cでの気体分子の速度。大谷投手のストレートよりも速いの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201703/article_6.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香水の香りはなぜ拡散したの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる