町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【67】

<<   作成日時 : 2017/07/13 08:08   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は、平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品や食材の名前をあててください。
■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。右上に見えているのは茄子です。普通の茄子とはちょっと違います。太ってまん丸い。加茂茄子(かもなす、賀茂茄子とも)と呼ばれる種類の京野菜です。前半だけが必要です。
■京野菜は、たとえば聖護院大根(ショウゴインダイコン)と呼ばれる千枚漬けの原料になる品種などが有名です。そういえば聖護院大根も太ってまん丸いな。
▼聖護院大根
◇*HP「聖護院大根 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%81%96%E8%AD%B7%E9%99%A2%E5%A4%A7%E6%A0%B9&hl=ja&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwiexJHdyb7UAhXCX5QKHRJ1BhoQ_AUIBigB&biw=1280&bih=629
■左下に見えているのは看板です。後半だけが必要らしい。かもな(加茂茄子)+んばん(看板)=かもなんばん。鴨南蛮が正解です。
■鴨南蛮は、「鴨の肉とネギを入れたうどん・そば」です。
▼鴨南蛮(かもナンバン)
◇*HP「鴨南蛮 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B4%A8%E5%8D%97%E8%9B%AE&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjbo4fOyr7UAhWMEpQKHY0cDokQ_AUIBigB&biw=1280&bih=629
■「鴨南蛮」の判じ物は、素町人のオリジナルです。名のある浮世絵師たちと異なり、平成のド素人の描いた絵ですので、わかりにくい部分もあるかと思われますが、ご勘弁ください。
■では本日の問題です。それぞれどんな料理名、食品名でしょうか?
▼[い]斜体のかかった「ぶ」という文字が2つ並んでいます。多くの人が好きですが価格は安くない
画像

▼[ろ]いわゆる粉物です。関西人のソウルフードとも呼ばれます
画像

▼[は]左上は月岡芳年(よしとし)の描いた小野小町の晩年の姿です。右下は日本が最初に参加したサッカーW杯で対戦した国のうちの1つで、かつては東欧のブラジルとも呼ばれていたらしい
画像

▼[に]自販機を眺めているのはビーグルと呼ばれる品種の犬らしい
画像

▼[ほ]東欧系ユダヤ人が好む食品らしい。絵は安保条約改定50周年の記念切手です
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]斜めの「ぶ」です。しゃぶ。それが2つで「しゃぶしゃぶ」。多くの人が好む肉料理かつ鍋料理が正解です。
▼[い]しゃぶしゃぶ
画像

□「肉のしゃぶしゃぶ」は大阪のスエヒロが昭和30年(1955年)に商標登録しているそうです。そんなに古くからある料理ではないのかな。一説にはフビライ・ハーンの侍医が考案したとも言われているらしい。連中のことですから、もちろん羊肉だったのでしょうね。
▼しゃぶしゃぶ
◇*HP「しゃぶしゃぶ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjEqsrw477UAhXBerwKHS4oD7gQ_AUICygC&biw=1280&bih=629
■[ろ]凧の絵柄として山羊が描かれています。たこ(凧)+やぎ(山羊)=たこやぎ≒たこやき。たこ焼きが正解です。
▼[ろ]たこ焼き
画像

□ソウルフードをWikipediaで調べると、「アメリカ合衆国南部で奴隷制を通して生まれた、アフリカ系アメリカ人の伝統料理の総称」とのこと。奴隷制とは縁遠いはずの現代の日本人がソウルフードという言葉を使うのは、間違いなのかな。
□いわゆる粉物には、お好み焼き・たこ焼き・焼きそばなどがあるとのこと。素町人は、どれもあんまり得意ではありません。猫舌の人間にとっては、たこ焼きはとくに敬遠すべき食品です。あんな熱い物を口の中に入れるというのはどういう神経なのか。理解に苦しみます。
▼たこ焼き
◇*HP「たこ焼き - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9F%E3%81%93%E7%84%BC%E3%81%8D&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjqy_fj5r7UAhULT7wKHSqaC7cQ_AUICygC&biw=1280&bih=629
■[は]左上に描かれているのは卒塔婆小町だそうです。若い頃は才色兼備でならし、何百人もの男を袖にした美女です。でもどんな美女でも1秒ごとに年をとります。晩年の彼女は、皺だらけ白髪だらけの婆さんです。でも脳味噌は健在です。卒塔婆に腰掛けているのを僧侶に見咎められ、説教を受けますが、逆に法論でやり込めたりするらしい。驚いた僧侶が名を尋ねると、小野小町と答えたらしい。往年の美女もいまや1人の婆に過ぎません。なお、月岡芳年は幕末から明治前半にかけて活躍した凄腕の浮世絵師です。
□右下の国旗はクロアチアのものです。空中分解した旧ユーゴスラビアのうちの1つの国ですね。我が国との初めての対戦、フランスW杯では、0-1で我が国が負けてしまいました。真ん中だけが必要らしい。ばば(婆)+ろあ(クロアチア)=ばばろあ。ババロアが正解です。
▼[は]ババロア
画像

□ババロアという言葉は、フランス語で「(ドイツの)バイエルンの」という意味だそうです。バイエルン王国の貴族のためにフランス人のシェフが考案したお菓子という説があるらしい。プリンみたいなぶよぶよしたお菓子ですね。
▼ババロア
◇*HP「ババロア - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%83%90%E3%83%AD%E3%82%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiZuI3W6b7UAhWKS7wKHS-NDj8Q_AUICigB&biw=1280&bih=629
■[に]自動販売機は、日本が世界に誇る文化だという主張があります。同時に電力の無駄遣いで町の美観を損ねる悪者だという主張もあります。喉が渇いているときには前者の意見に賛成したくなりますね。真ん中だけが必要らしい。ビーグル犬の代表選手はスヌーピーなのかな。もともとは猟犬だったようです。ウサギ狩りに使われてきたらしい。こちらも真ん中だけが必要です。はんば(自動販売機)+ーぐ(ビーグル)=はんばーぐ。ハンバーグが正解です。
▼[に]ハンバーグ
画像

□ハンバーグは説明不要の料理です。ほとんどの日本人が好きな料理のベストテン以内に挙げそうです。掛けるソースによって、洋風だけでなく、和風・中華風もあります。コンサバもアバンギャルドもあるらしい。
▼ハンバーグ
◇*HP「ハンバーグ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjX367n677UAhXGy7wKHZ66BMsQ_AUICygC&biw=1280&bih=629
■[ほ]日米の安全保障条約は1960年と70年に大きな騒動を巻き起こしました。死人も何人か出ましたね。でもあの騒動はなんだったのでしょうか。われわれは日米安保のもとで経済的な繁栄を謳歌してきました。声高に反対した人々も、結局はその体制のなかでおこぼれにあずかりながら生きてきたようです。
□アメリカと日本が同盟を結んで敵対勢力と対峙する。米国と日本はグルだ。べい(米)+ぐる(同盟)=べいぐる。ベーグルが正解です。
▼[ほ]ベーグル
画像

□ベーグルは東欧系ユダヤ人が好んで食べていたようです。ドーナッツ状の形態にして焼いたりします。クリームチーズを塗って食べると美味いですね。
▼ベーグル
◇*HP「ベーグル - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjtw-ux7r7UAhUKwLwKHRttCzwQ_AUICigB&biw=1280&bih=629
◆参考*1書籍「江戸の判じ絵」初版、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【67】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる