町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【60】

<<   作成日時 : 2017/05/25 09:08   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は旧国名の判じ物の2回目です。武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名です。本日は九州、昔風に呼ぶならば西海道(サイカイドウ)を中心に出題します。西海道には、筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩・壱岐・対馬などが属しています。
■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。この判じ物は家紋だそうです。富本節(とみもとぶし)という浄瑠璃(ジョウルリ)の演者の家紋らしい。浄瑠璃は、「音楽に合わせて物語を語る」という形の芸能だそうです。語り物とも呼ばれます。義太夫(ギダユウ)も新内(シンナイ)も清元(きよもと)も常磐津(ときわづ)もみんな浄瑠璃の仲間といわれます。これに対して長唄(ながうた)とか端唄(はうた)、地歌(ぢうた)は歌い物と呼ばれます。歌だけで独立しているらしい。
■江戸時代の庶民は、この植物紋を見ただけで、富本節を連想したのでしょう。富本節の家元は、代々富本豊前太夫(とみもとブゼンダユウ)を名乗ることから、この判じ物は「豊前」、現在の福岡県東部と大分県北部にまたがる地域を示していることがわかるらしい。
▼豊前の国
◇*HP「地図 令制国 豊前国 - 豊前国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%89%8D%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E8%B1%8A%E5%89%8D%E5%9B%BD.svg
■なかなか難しいですね。同工異曲のものをもうひとつ。本を前にして、太夫が何かを唸っています。やはり浄瑠璃系の芸能らしい。常磐津の太夫だそうです。常磐津は現在、無形重要文化財に指定されているそうです。
画像

■常磐津の原形は豊後節と呼ばれたらしい。江戸時代の庶民はそれをよく知っていたのでしょう。この判じ物の正解は豊後です。現在の大分県の大部分にあたります。
▼豊後の国
◇*HP「地図 令制国 豊後国 - 豊後国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E5%9B%BD.svg
■このふたつは、日本の古典芸能についての細かい情報が必要になる問題でした。正解できる人は100人に1人ぐらいの趣味人・知識人かな。
■「豊前」や「豊後」の判じ物は、「国尽(くにづくし)はんじもの)」という万延(マンエン)元年(1860年)8月に発表された出版物に収載されたものです。作者は「東海道五十三次」や「江戸名所百景」で知られる初代歌川広重(安藤広重)の娘聟にして弟子、2代目歌川広重です。別名を歌川重宣(しげのぶ)。「江戸名所はんじもの」や「あおものづくしはんじもの」でもご登場願いました*2*3。
■では問題です。下の絵はそれぞれどこの国を示しているのでしょうか?
▼[い]地名が2つ含まれています。右側の纏(まとい)は「ち組」のまとい。左側は「く組」を表わしているそうです
画像

▼[ろ]悟りきった顔の人物はダルマのモデルです。仏教の一派の開祖です
画像

▼[は]「毎日碁会」という木札です。悠々自適なのかな
画像

▼[に]下に見える白地に赤い字(寿?)のものは、目出度いときに食されるお菓子です
画像

▼[ほ]よく見ると「王将」が端っこにいます。穴熊という戦法でしょうか
画像

▼[へ]狼藉者を取り抑える武器です。現代でも小学校などに準備されています
画像

▼[と]昔の中国の仙人は、妖術をあやつり、自分の分身や馬を吐き出せたらしい
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]右側の纏が「ち」、左側の纏が「く」。それに膳がみえます。ち+く+ぜん(膳)=ちくぜん。1つは筑前です。もう1つは、やはり「ち」と「く」を使います。膳は使わず、「五番」のほうを使います。ち+く+ご(五番)=ちくご。築後がもう1つの答です。筑前と筑後が合体し、かつ豊前の一部が加わって福岡県になっているようです。
▼[い]筑前と筑後
画像

▼筑前の国
◇*HP「地図 令制国 筑前国 - 筑前国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E5%89%8D%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E7%AD%91%E5%89%8D%E5%9B%BD.svg
▼筑後の国
◇*HP「地図 令制国 筑後国 - 筑後国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E5%BE%8C%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E7%AD%91%E5%BE%8C%E5%9B%BD.svg
■[ろ]赤い衣のオジサンは達磨大師。禅宗という一派を開いた人です。オジサンの近くに火が見えます。ひ(火)+ぜん(禅)=ひぜん。肥前の国が正解です。
▼肥前
画像

□肥前の国は現在の佐賀県と長崎県にまたがっています。
▼肥前の国
◇*HP「地図 令制国 肥前国 - 肥前国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E5%89%8D%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E8%82%A5%E5%89%8D%E5%9B%BD.svg
■[は]江戸時代の碁会所には、こんな札が下がっていたのでしょうか。ひ(日)+ご(碁)=ひご。肥後の国が正解です。肥後は現在の熊本県です。
▼肥後
画像

▼肥後の国
◇*HP「地図 令制国 肥後国 - 肥後国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E5%BE%8C%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E8%82%A5%E5%BE%8C%E5%9B%BD.svg
■[に]横笛と祝賀用の菓子です。ひゅう(笛の音)+が(賀)=ひゅうが。日向の国が正解です。現在の宮崎県です。
▼日向
画像

▼日向の国
◇*HP「地図 令制国 日向国 - 日向国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%90%91%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E6%97%A5%E5%90%91%E5%9B%BD.svg
■[ほ]王将が隅にいます。おう(王)+すみ(隅)=おうすみ≒おおすみ。大隅の国が正解です。現在の鹿児島県東部、種子島や屋久島を含む奄美群島を含む地域です。
▼大隅
画像

▼大隅の国
◇*HP「地図 令制国 大隅国 - 大隅国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9A%85%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E5%A4%A7%E9%9A%85%E5%9B%BD.svg
■[へ]は刺又(刺股)が描かれています。敵の喉元や胴体を押さえる金具の部分ですね。後ろの柄の部分は描かれていません。さすま(刺又)≒さつま。薩摩の国が正解です。現在の鹿児島県西部ですね。
▼薩摩
画像

▼薩摩の国
◇*HP「地図 令制国 薩摩国 - 薩摩国 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%A9%E6%91%A9%E5%9B%BD#/media/File:%E5%9C%B0%E5%9B%B3_%E4%BB%A4%E5%88%B6%E5%9B%BD_%E8%96%A9%E6%91%A9%E5%9B%BD.svg
■[と]のオジサンは鉄拐(テッカイ)仙人なのか、張果老(チョウカロウ)という仙人なのか、はっきりしません。鉄拐は息の中に自分の分身を吐き出すらしい。張果老は瓢箪から馬を飛び出させるらしい。落語「鉄拐」では、2人は中国の上海市民の人気を2分する好敵手だったようです。でも、たしか息の中に馬を吐き出す人はいなかったような気もするのですが。それはともかく、いき(息)=いき。壱岐の国が正解です。現在は長崎県の一部です。
▼壱岐
画像

◆参考*1書籍「江戸の判じ絵」初版58〜59頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【60】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる