町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS アイスキャンディは甘い。では氷山を舐めたら塩辛いの?

<<   作成日時 : 2017/05/09 07:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★科学★
問題:夏の炎天下、掻き氷を食べて涼をとる。日本だけでなく、世界中で見られる光景だそうです。アイスキャンディも同様です。ガリガリ君は、子供だけでなく、大人や高齢者でも舐めたり囓ったりする好物ですね。
■アイスキャンディは当然ですが甘味がつけられています。舐めれば甘い。では塩味のついた海の水が凍った氷山は、舐めたら塩辛いのでしょうか?
[い]海の水とおなじ塩味がする
[ろ]海の水より強い塩味がする
[は]海の水より弱い塩味がする
[に]真水と同じで味はしない
[ほ]ガリガリ君と同様に甘い味がする
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]真水と同じで味はしない
説明:同じ氷なのに、片方は味付けが可能で、もう片方は味が付かない。ちょっと不思議です。
■氷山にも大別すると2種類あるらしい。1つは南極海に浮かぶもの。こちらは南極の陸地の氷です。もともと雪だったものが圧縮されて氷となります。氷河として岸までゆっくり移動します。端から割れて海に流れ出すらしい。原材料に塩を含んでいません。当然、塩辛くはありません。
■北極海の氷山は、海水が凍って生成されるそうです。舐めれば塩味がしそうです。でも不思議と味はしないらしい。
■参考資料*1によると、理由は、氷山はゆっくり凍るからだそうです。水が氷になるときは水の分子が整然と並ぶらしい。規則正しく並んでいる状態です。結晶と呼ばれます。水の分子が整然と並ぶためには、他の形をした分子、たとえば塩化ナトリウム=塩の分子は邪魔です。同じ分子だけで結晶を作ろうとするらししい。
■初めのうちは小さな結晶の塊がいくつもできます。その隙間に氷の結晶から邪魔者扱いされた塩やミネラルが溜まっていくらしい。長い時間をかけて、小さな結晶同士がつながって大きな結晶に成長していくようです。このとき、結晶の隙間は水の分子できっちり埋められ、中の塩などの成分は海に押し出されてしまうそうです*1。純粋に水の分子だけになりますので、味はありません。
■アイスキャンディは短時間で凍らせます。小さな結晶の隙間に味の付いた部分が残っている状態だそうです。口の中では氷の部分(無味)と隙間の部分(甘味)が同時に溶けますので、全体としては甘味を感じるそうです。
■なお、海氷の中には、暖かくなると溶けてしまう1年氷というのもあるらしい。誕生したばかりの氷山の一部とか流氷だそうです。こちらは隙間に塩味が残っている可能性があるらしい。流氷観光に行かれる方は、ちょっと舐めて、塩味を確認してみると面白いかも。塩辛ければ、新米の氷なのでしょうね。
◆参考*1:HP「https://www.nikkakyo.org/upload/plcenter/315_337.pdf」(氷の味)
https://www.nikkakyo.org/upload/plcenter/315_337.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。日本化学工業協会の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇*2HP「アイスキャンディー - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイスキャンディは甘い。では氷山を舐めたら塩辛いの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる