綱吉の側用人として異例の出世を遂げた牧野成貞(なりさだ)。どんな代償を支払ったの?

●●●●●★歴史★● 問題:側用人という制度は、第5第将軍徳川綱吉(口絵、Wikipediaより)の在任中に設けられたそうです。貞享(ジョウキョウ)元年(1684年)に大老堀田正俊(まさとし)が刺し殺された事件がきっかけとのこと。加害者は稲葉正休(まさやす)という堀田正俊と血縁関係にあった大名です。殿中で高位の者が殺されたことから綱吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more