町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【50】

<<   作成日時 : 2017/03/02 07:44   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は、平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品や食材の名前をあててください。
■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。真ん中に見えているのはドウナッツです。真ん中だけが必要です。よく見ると周辺に見えているのもドウナッツですね。小さいのは9個あります。全部で10個。うな(ドウナッツ)+じゅう(10)=うなじゅう。鰻重が正解です。
▼鰻重(うなジュウ)
◇*HP「鰻重 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B0%BB%E9%87%8D&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjNyLW4saLQAhUKi7wKHeq-BH4Q_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■江戸時代の庶民にとっては、駕籠(かご)に乗ることと鰻を食べることがささやかな夢だったと落語の枕では耳にします。平成の庶民にとっても、鰻を食べることはささやかな夢になりつつありますね。こうも値段があがると、完全養殖の鰻が市場に登場するのが早まるのかな。すでに技術としては確立していると聞きます。あとはどこまでコストダウンできるかが鍵らしい。
■「鰻重」の判じ物は、素町人のオリジナルです。名のある浮世絵師たちと異なり、平成のド素人の描いた絵ですので、わかりにくい部分もあるかと思われますが、ご勘弁ください。
■では本日の問題です。それぞれどんな料理名、食品名でしょうか?
▼[い]乳製品です。絵の一部からは悪臭が漂ってきますが、答のほうも強い匂いがあります
画像

▼[ろ]青汁の原料にも利用される野菜です。最近の新顔かな。近所の八百屋さんやスーパーの生鮮売場ではあまり見かけません
画像

▼[は]賭博が好きな貴族が必要に迫られて開発した食べ物という噂があります。右下の人物は商家の下働きです
画像

▼[に]和の高級食材です。バードウォッチングをしているのかな
画像

▼[ほ]和菓子ですがここ30年ぐらいの新参者です。旧国名と新しい県名をひねって考えてください
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]左上にいるのはオカマです。右にあるのは雲古です。ひっくり返っています。いちばん下は麦酒(ビール)です。後ろだけが必要らしい。かま(オカマ)+んべ(便)+ーる(ビール)=かまんべーる。カマンベール(チーズ)が正解です。
▼[い]カマンベール(チーズ)
画像

□カマンベールは白い黴(かび)を生やして熟成させるチーズです。独特の香りがあります。居眠りをしているナポレオンの鼻先にカマンベールチーズを近づけたところ、「ジョセフィーヌよ、今日の余は疲れておるのだ」と言ったという噂があります。レオン・ポール・ファルグというフランスの詩人はカマンベールの芳香を嗅いで「ああ、神の足よ!」と感嘆の声をあげたそうです。どちらかといえば、カミサンの局部と勘違いしたナポレオンの逸話のほうが面白いかな。
▼カマンベール
◇*HP「カマンベール - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB&tbm=isch&gws_rd=ssl
■[ろ]サッカーボールを蹴ろうとしています。ける(蹴る)=ける≒けーる。ケールが正解です。日本語では緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)、羽衣甘藍(はごろもカンラン)とも呼ばれるらしい。キャベツ(甘藍)の仲間のようですね。
▼[ろ]ケール
画像

ビタミンの含有量が緑黄色野菜の中でもトップクラスだそうです。身体にはいいのでしょう。でも我が家ではあまり食卓に並ばないな。
▼ケール
◇*HP「ケール - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=&oq=%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab&gs_l=hp...0j0i131j0l3.0.0.0.1296...........0.uqPIWxcJ128
■[は]上に描かれているのは富士山です。葛飾北斎の筆でしょうか。後ろだけが必要らしい。下の左側に描かれているのはポンプ式の井戸です。逆さまになっています。下の右側にいるのは丁稚(でっち)です。後ろだけが必要らしい。さん(富士山)+どい(井戸)+っち(丁稚)=さんどいっち。サンドイッチが正解です。
▼[は]サンドイッチ
画像

□サンドイッチは説明不要の食品ですね。西洋生まれの簡易食・携行食です。賭博に熱中して食事で中断したくないサンドイッチ伯爵ジョン・モンターギュが発明したとも言われます。事の真偽はともかく、1760年(宝暦(ホウレキ)10年)〜1770年(明和(メイワ)7年)の間ぐらいには、名称は一般に普及し、定着していたそうです。サンドイッチ伯爵もこのころ国務大臣として政界に身を置いていたらしい。
▼サンドイッチ
◇*HP「サンドイッチ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj2uaOZvKLQAhXIV7wKHX6vB38Q_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■[に]双眼鏡で野鳥観察にいそしむ日本野鳥の会の方でしょうか。でもよく見ると、鳥はそこらにいる烏(からす)ですね。からす(烏)+み(見)=からすみ。唐墨(からすみ)が正解です。
▼[に]唐墨(からすみ)
画像

□唐墨は、鯔(ぼら)や鰆(さわら)、鯖(さば)などの卵巣を塩漬にし、塩抜き後に天日干しで乾燥させたものです。中国産の墨に姿が似ていたので唐墨と呼ばれるようになったらしい。高級食材です。1つが1万円などというのも珍しくありません。
▼唐墨
◇*HP「唐墨 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E5%94%90%E5%A2%A8&tbm=isch&gws_rd=ssl
■[ほ]日本の地図が描かれています。左上は新潟県でしょうか。残りには大分県と福岡県が描かれています。新潟県は旧国名では越後です。大分県と福岡県はどちらも前だけが必要らしい。えちご(越後)+だい(大分県)+ふく(福岡県)=えちごだいふく≒いちごだいふく。苺大福(いちごダイフク)が正解です。大分県から「だい」を導きだすのは少し苦しいでしょうか。
▼[ほ]苺大福(いちごダイフク)
画像

□苺大福は昭和末期に誕生した和菓子らしい。取り合わせの妙が魅力ですね。やたらと多くの和菓子店が自らの発明と称しているそうです。食べるほうとしては、元祖や本家でなくても、美味い商品を提供してくれればそれでいいのですが。
▼苺大福(いちごダイフク)
◇*HP「苺大福 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E8%8B%BA%E5%A4%A7%E7%A6%8F&tbm=isch&gws_rd=ssl
◆参考*1書籍「江戸の判じ絵」初版、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食品はどんなもの?【50】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる