町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字の暗号解読。「商濃雲熨 鼠伯倫狼 担鳥茎山」とはどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2017/02/27 09:11   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:以前にも何回か出題しました。当て字を活用した暗号の問題です。まずは練習問題を。「雲管犠寄」。これは何と読むでしょうか? 「ふるいけや(古池や)」と読みます。
雲=ふ、雲脂(ふけ)
管=る、煙管(きせる)
犠=いけ、犠牲(いけにえ)
寄=や、寄生木(やどりぎ)
雲を「ふ」と読むのは、当て字ならではです。他も同様に難しい。
■上のような調子で次の暗号を解読してください。「商濃雲熨 鼠伯倫狼 担鳥茎山 海螺神陣 只子仮 烏拉加奈竹」。いずれの漢字も、秋を「さ」、刀を「ん」、魚を「ま」と読むような当て字だらけです。きわめて難しい。
■今回はヒントが2つあります。第1のヒント。西洋人の詩を上田敏(ビン)が和訳した作品の冒頭の句です。第2のヒント。原詩は暗号に使われたことがあるらしい。第2次世界大戦中、ノルマンディ上陸作戦の際に、連合軍からフランスのレジスタンスに送る暗号として使用されたとのこと。映画「史上最大の作戦」でも紹介されていました。
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:「秋の日の ビオロンの 溜息の 身に沁みて ひたぶるに 心悲し(うらかなし)」という詩
説明:ポール・ヴェルレーヌというフランスの詩人の「落ち葉」という作品の冒頭部分です。一般には「秋の日」とも呼ばれています。
■暗号を解読してみましょう。なお、当て字はすべて、参考資料*1「当て字の辞典」に掲載されていたものです。
商=あき、商人(「あきんど」から、以下同)
濃=の、信濃(しなの)
雲=ひ、雲雀(ひばり)
熨=の、熨斗(のし)
鼠=び、鼯鼠(むささび)
伯=お、伯父(おじ)
倫=ろん、倫敦(ろんどん)
狼=の、狼煙(のろし)
担=た、担桶(たご)
鳥=め、乙鳥(つばめ)
茎=いき、芋茎(ずいき)
山=の、山黒豆(のささげ)
海=み、海松(みる)
螺=にし、田螺(たにし)
神=み、神酒(みき)
陣=て、殺陣(たて)
只=ひた、只管(ひたすら)
子=ぶる、卓子(てーぶる)
仮=に、仮漆(にす)
烏拉=うら、烏拉児(うらる)
加奈=かな、加奈陀(かなだ)
竹=し、竹刀(しない)
■わかりにくい言葉だけ拾います。まず、熨斗は「贈答品につける飾り物」です。簡略化して印刷で済ます場合もありますね。
▼熨斗
◇*HP「熨斗 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%86%A8%E6%96%97&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjd9LHF4ZPQAhUDWLwKHaG2Dd8Q_AUICCgB&biw=1280&bih=626#imgrc=mUZEaeQ6Y8db0M%3A
■「鼯鼠」は難読です。「鼯」という漢字1字でも「むささび」と読めるらしい。鼠をつけて「鼯鼠」でも「むささび」です。なお、「鼯」という漢字は第4水準だそうです。環境によっては表示されないかもしれません。鼠+吾という字形です。
■「担桶」は農作業でも使われます。いわゆる肥担桶(こえタゴ)ですね。
▼担桶
◇*HP「担桶 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%8B%85%E6%A1%B6&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjpisH9sZXQAhUEi7wKHVw2B7QQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■「芋茎」は里芋や蓮芋などの葉柄だそうです。食べ物としてはもちろん、大人の玩具としても喜ばれたらしい。
▼肥後芋茎の説明
◇*HP「肥後ずいき専門店【江戸時代から伝わる大人のおもちゃ】」(画像)
http://www.higozuiki.com/
■山黒豆(のささげ)は下の写真のように紫色の莢(さや)のなかに黒い豆がなるらしい。
▼のささげ
◇*HP「のささげ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%95%E3%81%92&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjAhLDftJXQAhUDTLwKHXckDY4Q_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■田螺は、田圃などに棲息する小さな巻き貝です。地方によっては大きめのものを食用にもします。
▼田螺
◇*HP「たにし - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%97&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi8yP2ytZXQAhWKgbwKHfFTDcYQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■仮漆は、塗料の一種ですね。表面を保護したり艶を出したりするのに使います。
▼ニス
◇*HP「ニス - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%97&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi8yP2ytZXQAhWKgbwKHfFTDcYQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%83%8B%E3%82%B9
■烏拉児と加奈陀は地名です。ウラル山脈という言葉をときどき聞きますね。ヨーロッパとアジアを分けている山脈らしい。現存の山脈でいちばん古くからあるらしい。
▼ウラル山脈
◇*HP「ウラル山脈 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&oq=&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E5%B1%B1%E8%84%88&tbm=isch&gws_rd=ssl
■いかがでしたでしょうか。すぐに正解が得られた人は一種の天才なのか、あるいは奇人なのかもしれません。わからなくて当然です。出来なかった方もどうぞお気を落とされぬよう。
◆参考*1:書籍「当て字の辞典」ISBN-490-10291-7、東京堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/naikaku/pdf/joyokanjihyo_20101130.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字の暗号解読。「商濃雲熨 鼠伯倫狼 担鳥茎山」とはどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる