町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の家具はどんなもの?【47】

<<   作成日時 : 2017/02/02 07:45   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日から3回にわたり、「座敷道具」の判じ物をご紹介します。屋内で使われる家具、道具、装飾品などを推理する判じ物です。
■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。いちばん上の鳥は鶴です。前だけが必要らしい。その下にあるのは楽譜の変化記号シャープではありません。井桁(いげた)ですね。井戸の「井」でもあります。その下にはある手には「た」の字が書かれています。つ(鶴)+い(井)+た(た)+て(手)=ついたて。衝立(ついたて)が正解です。間仕切りや目隠しに使われる家具ですね。
▼衝立(ついたて)
◇*HP「衝立 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A6&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwifqOqc34vQAhUBm5QKHSA6DDIQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626#hl=ja&tbm=isch&q=%E8%A1%9D%E7%AB%8B
■「衝立」の判じ物は、「座しき道具はんじ物」という江戸時代の末期の出版物に収載されたものです。歌川芳艶(よしつや)という浮世絵師が嘉永(カエイ)元年(1848年)〜嘉永5年(1852年)ごろに発表した作品らしい。嘉永(カエイ)6年(1853年)のペリー来航の直前ですね。Wikipediaによれば歌川芳艶は歌川国芳の弟子だそうです。師匠の国芳は、奇想天外な浮世絵で知られる大物ですね。
▼歌川国芳
◇*HP「歌川国芳 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E8%8A%B3&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj2uIHO_IvQAhVJQLwKHeR3DvgQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■では問題です。下の絵はそれぞれどんな家具、調度品を示しているのでしょうか?
▼[い]暖房器具です。昔はどのご家庭にもありました。いまでも電気式の製品が使われています
画像

▼[ろ]こちらも暖房器具です。左下の虫はアナフィラキー・ショックをもたらす可能性を秘めています
画像

▼[は]家具です。瓢箪(ヒョウタン)も舟も前だけが必要らしい
画像

▼[に]蜘蛛の巣のなかに反物が見えています
画像

▼[ほ]神社などで見かける大きな鈴は「利」と記された箱に乗っています
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]両手を広げて微笑みながら立っている子供の図です。いわゆるパニオン立ちなのが可笑しいですね。こ(子)+たつ(立つ)=こたつ。単純ですね。炬燵(コタツ)が正解です。
▼[い]炬燵(コタツ)
画像

□最近は暖房の主流からは外れつつあるのかな。昔は、冬といえば炬燵+蜜柑が定番でしたね。掘り炬燵ですと割りと楽です。徹夜麻雀にも適していました。疲れたらそのまま寝てしまえます。
▼炬燵(コタツ)
◇*HP「炬燵 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%82%AC%E7%87%B5&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiClo7KgIzQAhVCu7wKHQdRDzgQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■[ろ]右側にあるのは火です。炎を描いています。左下の虫は独特のシマシマから推測すると蜂です。ひ(火)+はち(蜂)=ひはち≒ひばち。火鉢(ひばち)が正解です。
▼[ろ]火鉢(ひばち)
画像

□火鉢は「灰を入れ、中に炭火をおこして、暖房や湯沸かしなどに用いる道具」です。素町人の子供のころ、昭和30年代にはまだ火鉢は多くの家庭で使われていました。部屋全体はなかなか暖まらない。でもかじかんだ手をあぶったり、五徳(ゴトク)を置いて薬缶をのせ、お湯を沸かしたりするのには充分な熱量でした。餅網を使って餅を焼いたりもしましたね。
▼火鉢
◇*HP「火鉢 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%81%AB%E9%89%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj8s-i_gozQAhWHopQKHd_tAKwQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626
■[は]瓢箪(ヒョウタン)も舟も前だけが必要らしい。それぞれに濁点がついています。ひょう(瓢箪)+濁点+ふ(舟)+濁点=びょうぶ。屏風(ビョウブ)が正解です。
▼[は]屏風(ビョウブ)
画像

□屏風は「室内に立てて風をさえぎったり、仕切りや装飾に用いたりする調度」ですね。坊主が上手に絵を描くこともありますので、画材でもあるのかな。
▼屏風
◇*HP「屏風 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E5%9D%8A%E4%B8%BB%E3%81%8C%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AB&tbm=isch&gws_rd=ssl#hl=ja&tbm=isch&q=%E5%B1%8F%E9%A2%A8
■[に]蜘蛛の巣らしきものの真ん中、獲物がかかるのを待機しているあたりになぜか反物がひっかかっています。担ぎ(かつぎ)の呉服屋さんが人食い蜘蛛に食べられちゃったのかな。反物は半分だけ見えています。たん(反物)+す(巣)=たんす。箪笥(タンス)が正解です。
▼[に]箪笥(タンス)
画像

□箪笥は「衣類、装身具などを収納する、木製の家具」ですね。抽斗(ひきだし)だらけだったり、引き戸や開き戸があったりします。
▼箪笥
◇*HP「箪笥 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&oq=&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E8%A1%A3%E9%A1%9E%E3%80%81%E8%A3%85%E8%BA%AB%E5%85%B7%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%82%92%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%81%E6%9C%A8%E8%A3%BD%E3%81%AE%E5%AE%B6%E5%85%B7&tbm=isch&gws_rd=ssl#hl=ja&tbm=isch&q=%E7%AE%AA%E7%AC%A5
■[ほ]箱の上には大きな音がしそうな鈴があります。箱の側面には「利」と記されています。すず(鈴)+り(利)+はこ(箱)=すずりはこ≒すずりばこ。硯箱(すずりばこ)が正解です。
▼[ほ]硯箱(すずりばこ)
画像

□硯箱は、「硯や墨・筆などを入れておく箱」です。昔の筆記用具一式収納箱ですね。縁起を担ぐ(かつぐ)人もいて、「あたり箱」と呼んだりしました。擂り鉢を当たり鉢と言い換えるのに似ています。「する」という言葉を忌避したようです。
▼硯箱
◇*HP「硯箱 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&oq=&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&q=%E7%A1%AF%E3%82%84%E5%A2%A8%E3%83%BB%E7%AD%86%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%82%92%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8F%E7%AE%B1&tbm=isch&gws_rd=ssl#hl=ja&tbm=isch&q=%E7%A1%AF%E7%AE%B1
◆参考*1書籍「江戸の判じ絵」初版58〜59頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の家具はどんなもの?【47】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる