町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字の暗号解読。「山臭高長子雀弟雅松。魚魚海布手歯乃」とはどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2017/01/30 20:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:■日本語には当て字という面白い仕掛けがあります。「本来の用法を無視して、当座の用のために異なる語の表記に転用した漢字などの文字」だそうです。
■発音や読みを重視する場合と意味を優先する場合があるようです。外来語などの当て字では漢字の読み方を借りる場合が多い。亜細亜(アジア)、亜米利加(アメリカ)や亜爾然丁(アルゼンチン)に使われる亜は、字義(意味)は無視して読み方をあわせたものでしょう。
■ちなみに「亜(亞)」の字義は、「棺を置く部屋」とか「次の、第2の」といったものです。現代では主に後者の意味で使われています。亜熱帯は熱帯に次ぐ暑い気候だし、亜流は一流の模倣です。亜硝酸は硝酸ほどは激烈でない酸らしい。
■意味を優先させた例では、秋刀魚(さんま、秋に見られる刀に似た魚)とか針魚(さより、針のように細身の魚)など、動植物あるいは食品の名前が多いかもしれません。
■本日は当て字を活用した暗号の問題です。まずは練習問題を。「雲管犠寄」。これは何と読むでしょうか? 「ふるいけや(古池や)」と読みます。
雲=ふ、雲脂(ふけ)
管=る、煙管(きせる)
犠=いけ、犠牲(いけにえ)
寄=や、寄生木(やどりぎ)
■上のような調子で次の暗号を解読してください。「山臭高長子雀弟雅松。魚魚海布手歯乃」。秋を「さ」、刀を「ん」、魚を「ま」と読むような当て字だらけです。かなり難しい。でも最初の1句が解読できれば、あとはたちまち推測できるかもしれません。
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:「吾輩は猫である。名前はまだ無い」という文章
説明:ご存知、滑稽小説の代表選手、「吾輩は猫である」の冒頭の文ですね。夏目漱石の傑作の1つです。
■さっそく暗号を解読してみましょう。
山=わ、山葵(わさび)
臭=が、腋臭(わきが)
高=はい、高襟(はいから)
長=は、長谷(はせ)
子=ね、(十二支)
雀=こ、雀躍り(こおどり)
弟=で、弟子(でし)
雅=あ、雅典(アテネ)
松=る、海松(みる、海藻)
■山葵は、「山=わ」で「葵=さび」なのか、「山=わさ」で「葵=び」なのかは判然としません。曖昧な場合は、出題者に好都合なほうを選ぶことにしています。悪しからず。「臭」はどの漢字字典を調べても「が」という読みは見当たりません。腋臭は腋の香りに由来しているらしい。本来は腋香だったのかな。でも腋香の字面からは悪臭が連想できませんね。
■「高襟」をハイカラと読むのは、意味を優先した当て字でしょう。実際に明治の初めには西洋の風俗を模倣して襟の高いシャツを来た連中が幅を利かせていたらしい。長谷を「はせ」と読むのは不思議です。でも長谷川も長谷部も「はせ」ですね。
■子(ね)は十二支の最初の動物、鼠です。「子子子子子子子子子子子子」という冗談があります。「ねこのこ、こねこ、ししのこ、こじし」と読むらしい。
■雀躍は欣喜雀躍(キンキジャクヤク)という四字熟語でも使われています。弟は「テイ、ダイ」という読みはありますが、「で」は他では使いませんね。「雅=あ」はほとんどの人が読めないでしょう。雅典がなぜ「アテネ」なのか。最初に使った人に聞いてみたいですね。「松=る」は、海松という海藻や海松貝という海産物から来ています。
▼海松(みる、海藻)
◇*HP「海松 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B5%B7%E6%9D%BE&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjB1-3UyOfMAhVl56YKHYAhAiAQ_AUIBygB&biw=1536&bih=751
■ここまでで、「吾輩は猫である」となります。次は「名前はまだ無い」です。
魚=な、岩魚(いわな)
魚=ま、秋刀魚(さんま)
海=え、海老(えび)
布=は、布哇(ハワイ)
手=ま、上手い(うまい)
歯=だ、羊歯(しだ)
乃=ない、乃至(ないし)
■まず魚という漢字が2つ続きます。前が「な」、後ろは「ま」です。岩魚(いわな)と秋刀魚(さんま)から来ています。
■余談です。魚という漢字は、当て字の読みの宝庫です。香魚(あゆ)では「ゆ」ですし、鞋底魚(したびらめ)では「め」、柳葉魚(ししゃも)では「も」、紙魚(しみ)では「み」、鬼頭魚(しいら)では「ら」、麻魚(しびれえい)では「い」、糸魚(いとよ)では「よ」、石首魚(いしもち)では「ち」です。「魚魚魚魚魚魚魚魚」は「夢も未来予知」と読む…というのは冗談ですけど。
■海老(えび)という当て字は、認知度は高そうです。海を「え」と読むのは難しくないかも。でも。その次が難しい。布哇をハワイと読める人はごく希かもません。
■手を「ま」と読むのも難しいようです。「上手い」は意味優先なのかな。「歯=だ」もすぐには思いつかないかもしれません。羊歯以外では、「だ」という読みはないようです。「乃=ない」も難易度が高い。「乃至=ないし」は会話でも使われることがあります。でも漢字表記はあまり見かけません。
■以上、全部あわせて、「吾輩は猫である。名前はまだ無い」と読みます。いかがでしょうか。かなりむずかしい暗号文だったかと思われます。解読に成功された方は欣喜雀躍してください。
◆参考*1:書籍「当て字の辞典」ISBN-490-10291-7、東京堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/naikaku/pdf/joyokanjihyo_20101130.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字の暗号解読。「山臭高長子雀弟雅松。魚魚海布手歯乃」とはどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる