町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 後世の評論家たちに賞賛されている武将とは真田信繁(のぶしげ)なの?

<<   作成日時 : 2016/11/02 08:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:北畠親房(ちかふさ)の「神皇正統記(ジンノウショウトウキ)」、新井白石の「読史余論(トクシヨロン)」、頼山陽(ライサンヨウ)の「日本外史」。どれも日本の歴史についての本です。
■この3作品の中で賞賛されている武将がいるそうです。人間として、かつ政治家として一流だったらしい。その人物とは誰でしょうか? 次の中から選んでください。

[い]北条泰時(やすとき)
[ろ]武田信玄
[は]毛利元就
[に]黒田官兵衛
[ほ]真田信繁(のぶしげ、幸村)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]北条泰時(やすとき)
説明:北条泰時は、北条家の3代目の執権だった人です。源頼朝の細君だった北条政子から見ると甥っ子なのでしょうね。
▼北条氏の系図
画像

■泰時は御成敗式目(ゴセイバイシキモク)という武家政権のための法令集を制定したことで知られます。全部で51条あるそうです。これは聖徳太子の十七条憲法の3倍にしたという噂があります。
■泰時の逸話が「沙石集(シャセキシュウ)」という鎌倉時代中期の説話集に残されているらしい。九州のある地頭が生活困窮のため所領を売ったそうです。2人の息子がいましたが、兄は裕福だったので所領を買い戻し、再び父の知行地としたらしい。ところが父親は所領を弟に譲って死んでしまったとのこと。
■兄は鎌倉まで赴いて幕府に訴え出ます。弟も召し出されて裁判になりました。兄は御家人として幕府に対して奉公しています。弟は父の譲り状を持っています。どちらにもそれなりの道理があるようです。
■泰時は判断に困り、法律の専門家に意見を求めます。「奉公があるといっても親子関係とは関わりのない話である。父が弟に譲ったことは何かそれなりの理由あってのことだろうから弟に理がある」という判断だったらしい。泰時もそれに従いました。
■御成敗式目を制定した当人としては、道理に従うしかない。でも情において兄が不憫である。闕所(ケッショ、領主のいない所領)でもあれば、与えてやろうと思い、兄を自邸内に置いてやったらしい。兄はやがて結婚し、貧しいながらもむつまじく暮らしていたそうです。
■そのうちに本国に父の遺領よりも広い闕所ができたので、泰時は兄にこれを与えたとのこと。泰時は兄に「妻を連れて行くのか」と聞くと、「この2〜3年、妻をわびしい目にあわせてしまった。連れて帰り、米の飯を食べさせてやれば慰められるでしょう」と答えたらしい。
■泰時は、「人は出世するとわびしかったときの妻のことなど忘れてしまう者もいるのに感心なことだ。妻の身支度にせよ」といって、馬や鞍などを細々と(こまごまと)揃えて与えたそうです。
■なお、「神皇正統記」は南北朝時代に幼帝後村上天皇のために南朝の正統性を述べた歴史書だそうです。当然ながら鎌倉幕府の北条家については批判的だそうです。泰時だけは例外だったらしい。新井白石の「読史余論」は正徳(ショウトク)2年(1712年)ごろに成立した歴史評論の書だそうです。6代将軍家宣(いえのぶ)に進講した際の日本歴史の草稿だったようです。頼山陽の「日本外史」は文政(ブンセイ)10年(1827年)ごろに成立した武家盛衰史だそうです。
■お褒めにあずかった理由は、「泰時が清廉潔白で不正をなによりも憎み、公平無私かつ情深い政治家であったから」だそうです*2。
■余談ですが、泰時は、実は頼朝の実子ではないかという噂もあるらしい。頼朝は英雄らしく色を好んだようです。義理の弟、カミサンである政子の実弟、義時が戦さで不在のおり、その配偶者を口説いてはらませたという噂です。そのせいなのか。頼朝は泰時を可愛がっていたらしい。泰時がまだ10歳のころ、遊んでいる泰時の前を、下馬の礼をとらずに通り過ぎた御家人がいたらしい。源頼朝が見とがめて強く叱ります。泰時はその御家人をかばったらしい。頼朝は泰時の優しい心を褒め、自分の剣を与えたとのこと。弱い立場にいる者を強くかばおうとする心が嬉しかった…というのですが*3。
◆参考*1:HP「北条泰時 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%B3%B0%E6%99%82
◇*2書籍「日本史こぼれ話 古代・中世 続編」新書初版119〜121頁、笠原一男/児玉幸多編、ISBN4-634-80750-1、山川出版社
◇*3書籍「日本史人物逸話事典」文庫初版465〜466頁、鈴木亨編著、ISBN4-05-901109-6、学習研究社

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
清廉潔白な政治家なんていたんでしょうかね?
いて欲しいという願望でしょうか。
ねこのひげ
2016/11/14 17:43
コメントをありがとうございます。

 たしかに「清廉潔白な政治家」というのは、言葉の矛盾のようにも見えますね。
 日本だけでなく、アメリカでも事情は似たようなものらしい。選挙に大きな資金が必要なため、寄付金の匂いにつられる議員さんが多いと聞きますね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/11/14 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
後世の評論家たちに賞賛されている武将とは真田信繁(のぶしげ)なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる