町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩倉視察団の桃色事件。男女野合の裁判、結果はどうなったの?

<<   作成日時 : 2016/11/12 09:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:幕末から明治にかけて、日本は多くの視察団や使節を欧米に派遣したようです。万延(まんえん)元年(1860年)には咸臨丸で渡米使節が派遣されています。勝海舟が船酔いで船室に引きこもっていたという逸話が残されています。海を舟で行くのに弱い人だったんですね。ずいぶん派手な名前負けだな。
■文久(ぶんきゅう)2年(1862年)には幕府の視察団がヨーロッパを訪問しました。先方は一流のオペラや演劇を観劇させて歓待したつもりだったそうですが、我らの代表者たちはみんな寝てしまったらしい。先方は不満です。なぜ寝るのだと聞いてきたらしい。「言葉がわからないから面白くない、面白くないから寝てしまう」と、ごくあたりまえの返答をしたようです。以後は、事前に物語の粗筋が説明されたらしい。
■明治に入ってからは最大の視察団、岩倉使節団が明治4年(1871年)11月12日に出発しているとのこと。明治6年(1873年)9月13日に帰国するまで、1年10ヶ月に及ぶ長い外遊でした。岩倉の他に木戸孝允(たかよし)、大久保利通(としみち)、伊藤博文(ひろぶみ)ら、明治の元勲級の大物が勢ぞろいしていました。
■さて、この岩倉使節団の航海中にある桃色事件が起きたようです。福地源一郎(げんいちろう、後に桜痴(オウチ)とも)という一等書記官がある日顔色を変えて木戸孝允のもとに駆け込んできたらしい(口絵参照)。「閣下、じつにけしかんことが発生いたしました」
「ホー、なんじゃ」
「××と××が野合をし、しかも現場を見た者があるのです」*1。
■150名ほどの使節団の中には何人か女性がいたらしい。津田梅子(うめこ)や山川捨松(すてまつ)ら5人の女子留学生だけではなかったようです。野合をするに充分なほど、性的に成熟した女性がいたのでしょう。
■木戸孝允と福地源一郎らは簡易法廷を設けて、野合の当事者を裁くことにしたらしい。では、ここで非難を浴びた男性は、誰だったのでしょうか? 次の中から選んで下さい。
[い]木戸孝允
[ろ]福地源一郎
[は]伊藤博文
[に]大久保利通
[ほ]岩倉具視
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]福地源一郎
説明:このとき、木戸孝允が裁判長、伊藤博文が検事、安藤太郎(たろう、四等書記官)という人が弁護士役となり、当事者の男女を裁きました*3。
■ところが、だんだん事情を解き明かしていくと、野合の事実はなく、単なる讒訴(ザンソ、嘘の訴え)だったことが判明します。福地源一郎は女性に恋心を抱きますが肘鉄(ひじてつ)をくらいます。その復讐に、女性に恥をかかせようとしたらしい。
■福地源一郎にどんな処分が下されたかはわかりません。いずれにせよ、最低の人物です。ただし、語学が堪能だったので、連れて行かないわけにもいかず、曖昧な処分で済ませてしまったのかな。
■福地源一郎は、文久の幕府使節団にも通訳として同行していたようです。オペラや演劇で居眠りをする理由を先方に対して端的に説明したのは福地源一郎だったらしい。
■のちに福地桜痴(オウチ)とも称し、東京日日新聞(〜ニチニチ〜、毎日新聞の前身)で主筆、社主をつとめたようです。政府系の新聞だったそうです。明治36年(1903年)には第9回衆議院議員総選挙に立候補し、最下位ながら当選を果たしますが、在職中の明治39年(1906年)に亡くなったとのこと。
◆参考*1:HP「幕末の文久二年、幕府の視察団が欧州を訪問した。・・・ ( その他人文科学 ) - おんびら物語(元店主の日記) - Yahoo!ブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/stw_onbira/10833357.html
◇*2HP「岩倉使節団 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%80%89%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3
◇*3書籍 「幕末明治風俗逸話事典」初版301〜304頁、紀田順一郎(きだ じゅんいちろう)著、ISBN4 -490-10338-7、東京堂

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平安後期のヒーロー鎌倉権五郎(ゴンゴロウ)。有名な歌舞伎の演目にも名義貸ししているの?
●●●●●★歴史★● 問題:鎌倉権五郎景政(かげまさ、景正とも)という武士は、平安時代後半の一大ヒーローだそうです。後三年の役で源義家(よしいえ)に従って奥州の清原家衡(いえひら)と戦い、武名を挙げています。参戦した当時はまだ16歳だったらしい。 ■この戦いのさなかでの有名な逸話です。鳥海弥三郎(チョウカイ ヤさぶロウ)という武士に弓を射られ、左目に当たってしまいます。普通なら負傷退場の場面ですが、メンタルの強い鎌倉権五郎はそのまま矢も抜かずに素速く射返して鳥海弥三郎を倒したらしい。ち... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/02/15 07:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今でも女に降られて嫌がらせをする奴がおりますからね。
どこかの大手広告会社の事件も・・・ではないでしょうかね。
ねこのひげ
2016/11/14 17:10
コメントをありがとうございます。

 女性に振られて嫌がらせというのは、忠臣蔵の高師直とおなじかな。人妻である顔世御前にちょっかいを出して門前払いをくらい、旦那である塩冶判官にパワハラをする。…最後は大星由良之助らに首をちょん切られておしまい。
 我が国においてもいちばん軽蔑される種類の人種ですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/11/14 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩倉視察団の桃色事件。男女野合の裁判、結果はどうなったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる