町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 南極の海で暮らす魚たち。なぜ血が凍らないの?

<<   作成日時 : 2016/10/29 08:33   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:「血も凍るような」という決まり文句があります。恐怖映画の宣伝ではよくお目にかかりますね。我々人間は温血動物・恒温動物です。血の温度は36度C前後でしょう。体重60kgの成人では約4リットルの血液が循環しているそうです。凍るまでには、ずいぶん時間がかかりそうですね。
■魚は冷血動物・変温動物です。多くの魚は水温+0〜1度Cぐらいの体温らしい。冬の金魚は水の温度と同じで5度Cぐらいかもしれません。夏の金魚は25度Cを越えているのかな。
■ところで、南極の海はかなり冷たいらしい。0度Cよりも温度が下がることがあるようです。ご存知のとおり、真水ですと0度Cで凍り始めるかもしれません。でも海の水は3%ほどの塩分を含んだ塩水です。塩水は真水よりも冷たくしないと凍りません。おおむね−1.8度Cぐらいまでは凍らないらしい。ときどきは−2度C以下に達しても凍らない海水もあるらしい。
■そんな冷たいところでも魚は生きています。たとえばノトテニア類と呼ばれる仲間がいるらしい。小型で目立たない連中のようです。でも、こいつらは南極海に生息する魚の総量の90%に達するそうです。馬鹿にできませんね。
▼ノトテニア
◇*HP「ノトテニア - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1097&bih=516&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi9q6izyaPMAhXDHZQKHb3rC-MQ_AUIBygC#imgrc=uqa3ZiM4zmvhkM%3A
■では、−2度C前後という冷たい水の中でノトテニア類の血はなぜ凍らないのでしょうか? 次の中から選んでください。
[い]鮪(まぐろ)に似て周囲の海水温より3度C以上高い血液温度を保っているから
[ろ]血がやたらとサラサラで一部分凍って氷の結晶ができてもちゃんと流れる仕組みになっているから
[は]心臓が強靭で血流が早く、凍りにくくなっているから
[に]血液中に不凍液がまざっているから
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]血液中に不凍液がまざっているから
説明:ノトテニア類の血液にまざっている不凍液は具体的には糖蛋白質という分子だそうです。血中に氷の結晶ができるのを防いでいる。多くの魚は糖蛋白質を腎臓から排出してしまうらしい。でもノトテニア類の腎臓にはこの物質を濾し取る仕組みがありません。結果として血中に不凍液が残るようです。寒い冬の畑でも野菜の葉や根が凍らないのは糖分を増やすからだと聞きます。ちょっと似ていますね。
■なお、[い]でもちょっと触れたように、魚の中では例外的に鮪(まぐろ)は体温が高いそうです。通常の測定では周囲の水温よりも10度C〜14度Cも高いらしい。北海道などの冷水域で測ればその差はもっと広がる可能性があるとのこと。
■鮪ほどではないにせよ、鰹(かつお)や旗魚(かじき、梶木)、大型の鮫(さめ)の一部の種類は、高い体温を維持しているらしい。こうした例外が見つかったせいでしょうか、最近では温血動物・恒温動物、あるいは冷血動物・変温動物という表現は徐々に使われなくなりつつあるそうです。かわりに内温(性)動物、外温(性)動物という言葉が使われ始めているとのこと。内温性は体内の代謝によって熱を得ているらしい。外温性は体温が外部環境の影響を強く受けるようです。人間は内温性。金魚は外温性なのでしょうね。
◆参考*1:書籍「おもしろくてためになる魚の雑学事典」142〜147頁、富田京一・ 荒俣幸男・さとう俊著、ISBN4-534-03837-2、日本実業出版社

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
血液に不凍液がはいているとはなんかすごいですね。
ねこのひげ
2016/10/30 21:41
コメントをありがとうございます。

 最近テレビ番組で紹介されていた事例では、野菜へやる水に不凍物質を混入させていました。人間が摂取しても問題ないような物質らしい。
 その野菜、たとえばレタスを冷凍室に入れておくと長持ちします。凍結で細胞が破壊されることもないので、味も落ちにくいらしい。いまに冷凍野菜はみんなそうなるのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/10/31 16:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
南極の海で暮らす魚たち。なぜ血が凍らないの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる