町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 茸(きのこ)と黴(かび)の違いはどんな点なの?

<<   作成日時 : 2016/10/14 07:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:動物と植物の違いはなんでしょうか。動物は動く。植物は動かない。そのとおりですね。
■茸は食べられる場合があるけれど、黴は食べられない。この基準は間違いかも。口絵写真のブルーチーズはご存知のとおり黴を含んでいます。でも、おいしく召し上がれます。
■もう少しむずかしいことを考える人たちもいます。無機物から有機物を作る生産者が植物だそうです。水と空気中の二酸化炭素から炭水化物…蔗糖(ショトウ)やグルコースや澱粉(デンプン)を合成しています。動物は植物や他の動物を餌にします。有機物を食べて無機物に変える消費者だそうです。
■植物にも動物にも分類できない生き物がいます。動物に似て有機物をエネルギー源として暮らしています。でも植物に似て動かない。動物ならばありえない細胞壁を持っています。でも植物なら持っているはずの葉緑素がありません。
■そんな特徴のあるのが菌類だそうです。広い意味では細菌も含まれるようですが、一般には茸(きのこ)とか黴(かび)を指すようです。
■では、茸と黴の違いはどんな点にあるのでしょうか? 次の中から選んで下さい。(違いについての正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]人間に有用な場合は茸と呼び、無用な場合は黴と呼ぶ
[ろ]子実体(シジツタイ)を作ると茸と呼び、作らないと黴と呼ぶ
[は]菌糸(キンシ)という糸を作ると茸と呼び、作らないと黴と呼ぶ
[に]自然界に発生すると茸と呼び、家屋などに発生すると黴と呼ぶ
[ほ]茸は大きな個体をつくるが、黴は小さな個体の集合体になる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]子実体(シジツタイ)を作ると茸と呼び、作らないと黴と呼ぶ
説明:子実体というのは、茸の食用にする部分ですね。椎茸や松茸の笠と軸のある部分、あれが子実体だそうです。
▼子実体
◇*HP「茸の子実体 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8C%B8%E3%81%AE%E5%AD%90%E5%AE%9F%E4%BD%93&hl=ja&biw=1280&bih=626&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiispmC69jPAhWKqY8KHdW2D-wQ_AUIBigB
■子実体は胞子を作るための器官だそうです。いわば生殖器らしい。茸は子実体が目に見えるほど大きく成長したものだそうです。黴も胞子を作る器官を形成します。でもその器官は、茸のように大きく成長することはないらしい。茸と黴の違いは生殖器が人の目に触れるほどに成長するかどうかにあるようです。
■子実体は、わりと短期間で消えてしまうものらしい。以前にご紹介したヒトヨタケは名前どおり一晩でほとんどなくなります。それ以外のものもそんなに長持ちはしません。例外はサルノコシカケです。数年〜数十年もかけて成長すると言われています。ずいぶん長生きな茸らしい。
■学術的には菌類という分類はありますが、茸類という分類はないらしい。前述のように、茸は菌類に含まれるようです。茸は学問上の呼称ではなく、俗称だそうです*3*4。我々が茸と呼んでいる生き物も、子実体以外の部分は黴と違いがないようです。
▼茸の菌糸体(子実体以外の部分)
◇*HP「茸 菌糸体 -健康 -サプリメント - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A4%8E%E8%8C%B8%E3%80%80%E8%8F%8C%E7%B3%B8%E4%BD%93&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjy48vf7djPAhWsIMAKHd7EBHoQ_AUICCgB&biw=1280&bih=626#hl=ja&tbm=isch&q=%E8%8C%B8%E3%80%80%E8%8F%8C%E7%B3%B8%E4%BD%93%E3%80%80-%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%80%80-%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
■菌類は名前のついている種類が約5万6000種ほどあるそうです。そのうち、日本で見られる茸、子実体が大きいやつで名前のついている種類は3000種ぐらいとのこと。意外にたくさんあるんですね。
◆参考*1:HP「木の子|水の話|フジクリーン工業株式会社」
http://www.fujiclean.co.jp/fujiclean/story/vol08/part101.html
◇*2HP「松本零士がちばてつやに喰わせたヒトヨタケ。名前の由来は? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201302/article_1.html
◇*3HP「キノコ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3
◇*4HP「カビ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%93

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
国産のマツタケは一本何千円もするらしいです。
食べたくても食べれませんね。
ねこのひげ
2016/10/16 21:09
コメントをありがとうございます。

 国産の松茸は、頂戴したとき以外には口にしていませんねぇ。あまりに高価で馬鹿馬鹿しい。貧乏人のひがみかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/10/16 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
茸(きのこ)と黴(かび)の違いはどんな点なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる