長い刀が流行したとき、ある刀屋が特にたくさん売ったらしい。その方法とは?

●●●●★科学★●● 問題:日本刀は普通は刀身が3尺未満、おおむね2尺5寸(約75cm)~2尺8寸(約84cm)ぐらいが多いそうです。柄(つか)を入れなければ、野球のバットとあまり変わりません。バットのほうは太さが6.6cm以下、長さが106.7cm以下という規定があるらしい*4。アマゾンなどで調べてみると、実際に販売されているのは8…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の果物はなんという名前なの?【31】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日も果物、昔風に呼べば水菓子(みずガシ)の名前の問題です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。何かを売り歩いている男がいます。天秤棒の前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

史上初めて征夷大将軍と太政大臣の両方に任じられたのは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:我が国の武官の最上位は征夷大将軍だそうです。ご存知のとおり、東夷(トウイ)を征討するという意味がこめられていたらしい。征夷大将軍という名前に落ち着くまでには、鎮東将軍とか持節(ジセツ)大使、征東大将軍など、さまざまな呼び名があったようです。でも天皇から一任され、現地では全権をふるう最高権力者だったことにかわ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歴史上の有名人たちの発言から嘘つきの人数を見極める問題。何人が嘘つきなの?

●●●●★科学★●● 問題:源頼朝と義経の兄弟、徳川家康・秀忠・家光の親子3代の武将がさまざまに発言をしています。この発言から、嘘つきの数を特定してください。5人のうち、何人が嘘つきなのでしょうか? [い]源頼朝「私は男とはあれをしたことがありません」 [ろ]源義経「兄は嘘をついています」 [は]徳川家康「私はホトトギスを殺した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

交ぜ書き表記を駆除する問題。抜てき(バッテキ)は正しくはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。発生した原因と弊害については、すでに何度も触れているので、そちらをご覧下さい。 ◇*HP「交ぜ書き表記の問題。「がい骨」は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」(交ぜ書き表記が発生した原因と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東方見聞録の嘘。ジパングの人たちは食人の習慣があったの?

●●●●●★歴史★● 問題:マルコ・ポーロが書いたという「東方見聞録」(1300年前後に成立)は、日本とおぼしき島国、ジパングに触れています。日本人としては、内容が気になるところです。 ■マルコ・ポーロは想像力は豊かでしたが、実証主義とは無縁だったらしい。証拠を重視する精神はなかったようです。東方見聞録の記述は、噂話の寄せ集めといっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人が空から落ちてくる落下速度と雪の上を滑る滑降速度。どちらが速いの?

●●●●★科学★●● 問題:本日の問題はたいへんシンプルです。 ■スカイダイビングなどで高い空から人が落下する速度、パラシュートを開かずに落ちて来たときの速度と、高い山の斜面をスキーで滑降する速度ではどちらが速いのでしょうか。 ■スカイダイビングのほうは、両手両足を広げて俯(うつぶ)せ状態で降りたとします(口絵参照)。落下速度はい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毎月22日、太子講(タイシコウ)に集まった人たちの顔ぶれはどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代の人たちは、きっかけを見つけては集まり、喋ったり飲食をしたりして、楽しんでいたようです。そうした集まりには、講(コウ)と呼ばれるものがありました。 ■現代では、無礼講とかネズミ講ぐらいしか思い浮かびません。でも当時は、頼母子講(たのもしコウ)とか庚申講(コウシンコウ)、富士講(フジコウ)、恵比寿講…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

太陽と室内灯、光源の種類によって色が変わる鉱石とはガーネットなの?

●●●●★科学★●● 問題:本日は宝石についてのクイズです。従いまして、そちら方面にくわしい女性にはたいへん簡単な問題でありながら、多くの男性にはとても難しいクイズになっています。 ■質問は簡単です。太陽の下で眺めるのと室内灯、たとえば白熱灯やロウソクの灯の下では色が変わってしまう宝石があるそうです。それは次のどれでしょうか? […
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「葉隠(はがくれ)」の山本常朝(ジョウチョウ、つねとも)が毎日眺めていたのはどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:「葉隠」という本をご存知かと思います。「武士道とは死ぬことと見つけたり」という物騒な句が知られています。江戸中期の佐賀鍋島藩士、山本常朝の口述になる作品らしい。口絵の写真はWikipediaの山本常朝の項にあった肖像です。 ■山本常朝は、13歳のとき、元服したそうです。その後、1年ばかりは引きこもりのよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつも笑顔の不思議な蟹(かに)は何という種類なの?

●●●●★科学★●● 問題:スマイリーフェイスというマークをご存知でしょうか。日本ではニコちゃんマーク、ニコニコマーク、スマイルマークなどと呼ばれることもあるようです。 ▼スマイリーフェイス  ◇*HP「スマイリーフェイス - Google 検索」(画像) https://www.google.co.jp/search?q=%E…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の果物はなんという名前なの?【30】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日も果物、昔風に呼べば水菓子(みずがし)の名前の問題です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。羽が生えている人物は天狗でしょう。鼻が妙に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

科挙を目指す昔の中国の受験生たち。四書五経43万語を暗記するのは何歳ぐらいなの?

●●●●●★歴史★● 問題:科挙は清朝末期、20世紀初期まで続いていたという中国の官吏登用試験だそうです。「科目による選挙」の短縮形らしい。昔の中国における選挙というのは、「官僚へ登用するための手続き」を意味するとのこと*1。 ■隋(581~618年)の時代の楊堅(ヨウケン、文帝)が初めて導入したそうです。家柄ではなく公平な試験によ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

純粋な日本人だけれど青い瞳。どのぐらいの割合でいるものなの?

●●●●★科学★●● 問題:口絵をごらんください。ご存知、豊臣秀吉の肖像画の一部です。瞳の色はずいぶん薄く感じますね。ホントにこんな目をしていたのかな。描いてから時間が経過したので褪色してしまっただけかもしれませんけど。 ■人間の瞳の色、難しくいうと虹彩(コウサイ)の色は、メラニン色素の量に左右されるそうです*1。メラニン色素が多い…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。( )者/安( )/交( )の括弧には何が入るの?

●●●★日本語★●●● 問題:恒例の虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。熟語をたくさん知っていると有利。次から次へと試行錯誤をする速度が速いと有利でしょう。記憶も試されます。頭の体操になる可能性はあります。答えが見つからないときには少し頭が熱くなる可能性もありますけど。 ■題の練習問題の答えは「易」です。「易者(エキシャ)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦国武将の肖像画クイズ。口絵の恐い顔をしたおっさんは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:口絵の肖像画は海坊主のようなおっさんです。ご存知の方も多いかもしれません。これは甲斐の武田信玄です。甲斐盆地の治水事業に成功し、金山衆(かなやましゅう)という鉱山技師たちを手なづけ、甲斐を豊かな土地にしました。信濃もほぼ平定し、次はいよいよ京に上るというとき、三方ヶ原で徳川家康を蹴散らしたあとで病を得て数ヶ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

汚れた10円玉を綺麗にできるのはコーラ? それともビール?

●●●●★科学★●● 問題:昔、スパゲテイがメニューにある喫茶店でよくやった遊びに、汚れた10円玉にタバスコソースをかけるというのがありました。汚れが落ちます。新品同様になるのが面白かったですね。 ▼タバスコで綺麗になる10円玉 ■タバスコ以外にも10円玉をピカピカにしてくれる物質があるそうです。では、次の中で、10円玉の汚れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の果物はなんという名前なの?【29】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日からは果物、昔風に呼べば水菓子(みずがし)の名前の問題です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。樽に入っている液体は酢と思われます。以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦国時代の武将の具足箱。必ず入れてあったお呪い(おまじない)の品はどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:戦国時代の武将、そして江戸時代に入ってからも、武士の家の具足櫃(グソクビツ、具足を入れる箱)には必ずあるお呪い(おまじない)の品が入っていたそうです。 ■ちなみに具足とは鎧や兜のことらしい。これらの武具をしまっておく移動式の家具が具足櫃とのこと。平時⇔戦時の衣装替えの際に必要になるようです。自宅、戦場、あ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

自分の内臓が武器という珍妙な動物はヒトデなの?

●●●●★科学★●● 問題:動物の世界には変わった連中がときどきいて、クイズのネタを提供してくれます。 ■本日、ご紹介する動物もちょっと変わっています。捕食者に襲われたとき、自分の内臓を口から吐き出して相手にぶつけるらしい。内臓はネバネバして捕食者の行動を妨げるようです。敵が狼狽(うろた)えている間にスタコラサッサと逃げ出すらしい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

難易度最高漢検1級程度の四字熟語。「不羈奔放」はどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:不羈奔放は「フキホンポウ」と読みます。「何ものにも拘束されず、思いどおりに振る舞うこと」だそうです。 ■「羈」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「キ、おもがい、たづな、たび」という字音・字訓があります。「おもがい」とは馬具の一種で「轡(くつわ)を固定するために馬の頭にか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ランランが死んだ同じ日に昭和の大名人6代目圓生が死去。同様のことが歴史上にもあったの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和54年(1979年)の今日、9月3日。20世紀でいちばん落語が上手かった…と多くの人が評する大名人、6代目三遊亭圓生(エンショウ)が亡くなりました。明治33年(1900年)9月3日生まれだそうです。生没同日です。満79歳ピッタリだったようです。24時間以上の過不足はありません。律儀な人です。 ■三遊亭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンコウみたいに疑似餌でカモをおびきよせる陸生動物。ヘビなの? カメレオンなの?

●●●●★科学★●● 問題:アンコウの仲間には、疑似餌をヒラヒラさせて魚を惑わし、食いつきにきたところをパクッと食べてしまう奴がいるらしい。カエルアンコウと呼ばれる種類だそうです。 ▼カエルアンコウ(再生ボタン→下線部分、あるいは右下のYouTubeとクリックします) ■よく知られるチョウチンアンコウも、発光する誘引突起と呼ば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)の現代版。口絵の食べ物はどんなもの?【28】

●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日は平成時代に生きる物好きが作った判じ物です。料理の名前、あるいは食品の名前をあててください。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。これは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more