町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【21】

<<   作成日時 : 2016/07/07 06:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は魚の名前の9回目、最終回です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。魚という漢字ですね。白い。単純に考えて「シロウオ」、あるいは「シラウオ」なのかな。どちらでも正解なのでしょう。
■ちなみに「シロウオ」と「シラウオ」はまったく異なる別の魚だそうです。シロウオはスズキ目ハゼ科に属する透明な身体の小さな魚です。体長は5cmほど。躍り食い(おどりぐい)で知られています。シラウオはキュウリウオ目シラウオ科に分類される魚で15cmほどになる個体もいるらしい。
◇*HP「シロウオ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%AA&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiH_7jF-pfLAhWmHKYKHen6B2EQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632
◇*HP「シラウオ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%AA&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiH_7jF-pfLAhWmHKYKHen6B2EQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%AA
■シロウオとシラウオは混同されやすい。ネットの調理法紹介サイトでも、白魚と漢字表記になっていて、どちらなのかよくわからない事例を見かけました。漢字表記が大好きな弊クイズとしては「白魚」と書きたかった。でも、漢字表記にするとハゼ科なのかシラウオ科なのかが判然としない。やむをえず片仮名表記で我慢します。
■シロウオ、あるいはシラウオの判じ物は、「さかなのはんじもの」という江戸時代の末期の出版物に収載されたものです。一宝斎国盛(いっぽうさいくにもり)という浮世絵師が弘化(こうか)4年(1847年)〜嘉永(かえい)2年(1849年)ごろに発表した作品らしい。Wikipediaによれば一宝斎国盛は2代目歌川国盛という名前のほうが通っているようです*1。
■では本番です。例によって難易度にはバラツキがあります。答はみんな魚や水の中で暮らしている生き物の名前です。中には認知度の低い魚もあるかもしれませんが、ほとんどが今でも漁獲され、家庭や料亭の食卓に登場する魚です。絵とヒントから名前を推理してみましょう。
▼[い]例題とおなじで、漢字に色がついています。
画像

▼[ろ]何かが4つありますね。大衆魚です。
画像

▼[は]男性が持ち上げているのは[ろ]の「何か」の小ぶりなものです
画像

▼[に]白身は非常に美味で和食・洋食のさまざまな料理に使われるそうです
画像

▼[ほ]頭を下げている人の頭は虫の1種らしい
画像

▼上の一部分
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]赤い「栄」。あか(赤)+えい(栄)=あかえい。赤鱏(あかえい)ですね。
▼赤鱏(あかえい)
画像

□赤鱏は別名を傾城魚(ケイセイギョ)というらしい。総排出腔(ソウハイシュツコウ/クウ)と呼ばれる器官が、女性の外陰部に似ているそうです。舟や陸にあがった赤鱏のそこを見ると、つい突っついて見たくなるらしい。「赤鱏の 穴突っついて 叱られる」。
□長期間漁に出ていて溜まってしまった昔の漁夫は、釣り上げた赤鱏を犯すことがあったのではないか。そんな想像もあるようです。「傾城の 抱き心いかに 春の海」という桃色川柳もあるらしい。
◇*HP「アカエイ 総排出腔 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%A4+%E7%B7%8F%E6%8E%92%E5%87%BA%E8%85%94&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjogduJj5jLAhUmKqYKHXwVAUgQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632#imgrc=_
□ちなみに総排出腔とは、大も小も卵も胎児も排出する器官のことらしい。人間の場合は、大と小は分かれていますね。男性では精子と小は一緒。女性では胎児は小の近所ではありますが、分かれています。総排出腔を持つ生き物よりは少し高級なのかな。
■[ろ]この色の濃いものは岩らしい。4つあります。いわ(岩)+し(4)=いわし。鰯(いわし)が正解です。
▼鰯(いわし)
画像

似た魚の判じ物をもうひとつ。子供が人魂のような炎を追い掛けています。
画像

こちらは火が4つに子供です。ひ(火)+し(4)+こ(子)=ひしこ。鯷鰯(ひしこいわし)ですね。カタクチイワシの別名だそうです。
◇*HP「ひしこ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%B2%E3%81%97%E3%81%93&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjS9OmukZjLAhWh5aYKHUq4ClcQ_AUICCgC&biw=1280&bih=632
■[は]男性が持ち上げているのは岩の小ぶりなもの。つまり石です。いし(石)+もち(持ち)=いしもち。石持(いしもち、石首魚とも)が正解です。
▼石持(いしもち)
画像

□石持は、いくつかの魚の通称になっているようです。たとえばニベ科の魚類、またテンジクダイ科の魚類は石持と呼ばれたらしい。どちらも頭の骨の中にある耳石(じせき、平衡を感知するための石)がたいへん大きい。それが名前の由来になっているようです*5。種の名前でいえばシログチ、ニベ、テンジクダイなどとのこと*3*4。
◇*HP「シログチ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%81&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjsssyYjZnLAhVl56YKHXVmBq4Q_AUIBygB&biw=1280&bih=632#imgrc=vonzqo02X9qezM%3A
■[に]幼児が傘をさしているように見えます。かさ(傘)+こ(子)=かさこ≒かさご。鮋(かさご、傘子・瘡魚とも)が正解です。連濁なのでしょうね。
▼鮋(かさご)
画像

□鮋は、頭が大きい魚で体長は30cmぐらいになるらしい。笠をかぶっているような姿からの命名らしい。皮膚が爛れた(ただれた)ように見えるので「瘡(かさぶた)ができたような魚」からの命名という説もあるようです*6。
◇*HP「かさご  - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%94%E3%80%80&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiQzODwkZnLAhViOKYKHdLcC7kQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632#imgrc=vXWAkzAcKaslUM%3A
■[ほ]頭を下げている人の頭は蚊のようです。日本脳炎やマラリア、最近ではデング熱やジカ熱を媒介することで知られる小さな昆虫ですね。蚊が御辞儀をしています。蚊が礼をする。か(蚊)+れい(礼)=かれい。鰈(かれい)が正解です。
▼鰈(かれい)
画像

□鰈はご存知のとおりの平べったい魚です。海の底に定着して暮らすので、目は上方を見るために片方に寄っています。でも生まれたときには、普通の魚と一緒で身体の両側面にあるらしい。成長とともに1つの目が移動するようです*7。変な奴ですね。
◇*HP「かれい - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%84&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi_tb6alJnLAhWBNJQKHT4iCgcQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632
◆参考*1:HP「歌川国盛 (2代目) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E7%9B%9B_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)
◇*2書籍「江戸の判じ絵」初版28〜33頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館
◇*3HP「イシモチ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%81
◇*4HP「シログチ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%81
◇*5HP「無重力状態では根はどの方向へ伸びるの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201306/article_15.html
◇*6HP「カサゴ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%B4
◇*7HP「平目(ひらめ)や鰈(かれい)の目は生まれつき片面に寄っているの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200704/article_97.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アカエイのあそこは似ているんですか・・・溜まってくると木の節穴にでも突っ込みたくなるそうですからね。
しかたないのかな?
蚊は大きくされてもわかりにくかったです。
バッタか?と思ってしまいました。
ねこのひげ
2016/07/10 16:28
コメントをありがとうございます。

 なるほど。言われてみるとバッタにも見えますね。もっとヒントをちゃんとしないと駄目だな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/10 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【21】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる