町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の野菜はなんという名前なの?【24】

<<   作成日時 : 2016/07/28 07:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日からは青物、野菜の名前の問題です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。おなかの大きな若い女性がなにやら帯を締めています。この帯は岩田帯と呼ばれるものと関係がありそうです。この帯によって、女性のお腹は単なる脂肪の蓄積ではなく、新しい生命の宿りであることがわかります。
■女性の脇には濁点が見えます。にんしん(妊娠)+濁点=にんじん。人参(にんじん)が正解のようです。
◇*HP「人参 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%BA%E5%8F%82&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjfg86765vLAhVDp5QKHd_qC5UQ_AUIBygB&biw=1097&bih=542
■人参は家庭常用三野菜の1つとも言われます。他の2つは玉葱とじゃが芋らしい。さらに肉とカレーのルーがあれば子供に喜ばれるメニューのできあがりかな。
■人参の判じ物は、「あおものづくしはんじもの」という江戸時代の末期の出版物に収載されたものです。歌川重宣(しげのぶ)という浮世絵師が嘉永元(1848)年〜嘉永(かえい)5年(1852年)ごろに発表した作品らしい。Wikipediaによれば歌川重宣は2代目歌川広重という名前のほうが通っているようです。「東海道五十三次」や「江戸名所百景」で知られる初代歌川広重の養女と結婚し、2代目を継いだらしい。ただし、結婚生活は6年ぐらいで破綻したようですが*1*3。重宣は、弊クイズですでに紹介した「江戸名所はんじもの」など、判じ物を多く制作しているようです*4。
■では本番です。例によって難易度にはバラツキがあります。答はみんな青物、野菜です。今でも収獲され、家庭や料亭の食卓に登場する野菜ばかりです。絵とヒントから名前を推理してみましょう。
▼[い]右側は畑を荒らす大きな動物。左側は水の中に生息する植物のようです
画像

▼[ろ]鵜(う)が咥えて(くわえて)いるのは砥石らしい。略称で呼ばれます
画像

▼[は]大道商人が並べて売っているのは拍子木なのかな。こちらも略称で呼ばれます
画像

▼[に]絶対に食中毒にならない、つまり当たらないので芸能・興行関係では敬遠されるのかな
画像

▼[ほ]放火犯らしき怪しい人物が着火しているのは藁なのでしょうか
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]左側に見えているのは藻のようですね。右側は猪(いのしし)です。前だけが必要らしい。い(猪)+も(藻)=いも。芋(いも)が正解のようです。
▼芋(いも)
画像

□平成15年(2003年)度のNHK放送文化研究所の調査では、芋といえばじゃが芋を思い出す人が52%。薩摩芋(さつもいも)を思い出す人が43%だそうです。里芋は4%。山芋が1%とのこと*5。
□芋の代表選手、じゃが芋は慶長(けいちょう)5年(1600年)ごろにジャカルタからやっていきたらしい。最初は観賞用だったようですが、徐々に食用としても認知されたようです。江戸末期には、もう普及していたのかな。ちなみに薩摩芋も慶長(けいちょう)5年(1600年)前後に日本にやってきたという推測があるようです。
■[ろ]江戸時代には、砥石は砥(と)という略称でも呼ばれたらしい。鵜が砥を咥えて濁点をつけている。う(鵜)+と(砥)+濁点=うど。独活(うど)が正解です。
▼独活(うど)
画像

□独活は、野菜というよりは山菜かな。独特の香りがあり、野趣豊かな食品です。
◇*HP「独活 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%8B%AC%E6%B4%BB&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjNqtO-95vLAhXMmpQKHZd7C7IQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632
■[は]拍子木は柝(き)という略称でも呼ばれます。柝を売る人。き(柝)+うり(売り)=きうり≒きゅうり。胡瓜(きゅうり)が正解のようです。
▼胡瓜(きゅうり)
画像

柝は、以前に魚の判じ物のなかでも紹介しました。下の図は鍛冶屋さんが柝を打っています。かじ(鍛冶屋)+き(柝)=かじき。旗魚(かじき)がこのときの正解でした。
▼旗魚(かじき)
画像

□西洋人たちは胡瓜は栄養素が少ない食べ物だと馬鹿にしているらしい。未確認ですが、「ギネスブックに『世界一カロリーが低い果実』として認定された」という噂もあるらしい*7。「果実」として見ればそうなるのかな。
□でも充分に美味い。素町人のサラダには胡瓜が欠かせません。もちろん漬け物の世界でも茄子(なす)や蕪(かぶ)とともに胡瓜は欠かせません。
■[に]台の上に狐がいます。狐は鳴き声からコンとも呼ばれます。だい(台)+こん(狐)=だいこん。大根が正解です。
▼大根
画像

□大根は「大きな根」に由来する素直な名前らしい。日本に伝わってきたのは弥生時代、あるいはそれ以前と言われます。世界一大きくて重い大根は桜島大根とのこと。世界一長い大根は守口大根らしい。
▼桜島大根
◇*HP「桜島大根 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%9C%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E6%A0%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwislLz5ypTOAhWHJpQKHd4lDrUQ_AUICCgB&biw=1097&bih=537&dpr=1.75
▼守口大根
◇*HP「守口大根 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%9C%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E6%A0%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwislLz5ypTOAhWHJpQKHd4lDrUQ_AUICCgB&biw=1097&bih=537&dpr=1.75#hl=ja&tbm=isch&q=%E5%AE%88%E5%8F%A3%E5%A4%A7%E6%A0%B9&imgrc=_
■[ほ]火付盗賊改(ひつけとうぞくあらため)長谷川平蔵が激怒しそうな場面ですね。頬被り(ほおかむり)をした、つまり顔を見られないように用心した人物が藁に火をつけているらしい。とっつかまえて火炙り(ひあぶり)の刑に処すべきでしょう。この人物が心正しき者ならば、ひょっとしたら「稲むらの火」の主人公という可能性もありますけど*6。
□クイズとしては藁に火。わら(藁)+ひ(火)=わらひ≒わらび。蕨(わらび)が正解のようです。
▼蕨(わらび)
画像

□蕨も独活と同様に野菜というよりは山菜と呼ばれることの多い植物です。
◇*HP「蕨 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%95%A8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjdydaA_5vLAhWlF6YKHSsdDgMQ_AUICSgD&biw=1097&bih=521
□落語の「雑俳(ザッパイ)」では、「蕨」という題が出されると、「蕨まで 板橋からは 一里半」という迷句ができていました。いまの埼玉県蕨市あたりは、蕨の産地だったのかな。
◆参考*1:HP「歌川広重 (2代目) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%BA%83%E9%87%8D_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)
◇*2書籍「江戸の判じ絵」初版60〜61頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館
◇*3HP「歌川広重の「江戸名所百景」に描かれた風景。現在のどこの町なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201503/article_9.html
◇*4HP「江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の地名はどこを意味しているの?【1】 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201602/article_4.html
◇*5HP「とろろ汁のタブーってなに? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201005/article_2.html
◇*6HP「稲むらの火 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E3%82%80%E3%82%89%E3%81%AE%E7%81%AB
◇*7HP「きゅうりは栄養が無い? ギネスに載ってるってホント? | 今日何食べる?」
http://今日何食べる.com/archives/3961.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵が示すのはどんな食べ物なの?【55】
●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日からは「しよく類上戸(ショクルイジョウゴ?)」の判じ物です。食べ物であり、酒のつまみにもなるという意味なのかな。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。いちばん上にいるのは天神様です。上半分だけのようですね。なぜ菅原道真と特定できる? 着ている物に梅の紋が散りばめてあるのでわかるらしい。参考資... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/04/06 07:48
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の旧国名はどんなもの?【59】
●●●★日本語★●●● 問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。 ■本日からは旧国名の判じ物です。武蔵とか相模、尾張とか三河、河内とか摂津といった江戸時代までの地域の呼び名ですね。本日は北陸道の国が答になっいます。若狭・越前・加賀・能登・越中・越後・佐渡です。 ■まずは口絵の判じ物で練習しましょう。この判じ物は「二ツ」という文字があります。旧国名を2つ含んでいるよ... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/05/11 16:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きゅうりはうまいですよね。
ポテトサラダにかかせません。
ポリポリとした食感は何とも言えませんです。
ダイコンはいまでも日本人の消費量一位の野菜だそうであります。
ねこのひげ
2016/07/31 05:08
コメントをありがとうございます。

 知り合いにキュウリが嫌いな人が何人かいます。あんなに癖のない食べ物なのになぜなのか。首をひねりたくなります。
 キュウリ嫌いの1人は若くして亡くなってしまいました。つい食べ物の好き嫌いと病因を結びつけたくなります。おそらく何の関係もないのでしょうけれど。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/31 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の野菜はなんという名前なの?【24】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる