町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 2050年には生産量が半減するかもしれない嗜好飲料。ココアなの?

<<   作成日時 : 2016/07/26 06:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:警察ドラマ「相棒」の主人公は紅茶派。「ひまか?」とあらわれる隣の角田課長はコーヒー派。素町人は緑茶派。嗜好飲料には、それぞれの好みがあらわれます。
■現在、多くの人が消費しているある嗜好飲料は、専門家たちの指摘によれば、21世紀のちょうど真ん中ごろには、生産量が半分に減ってしまうかもしれないとのこと。温暖化の影響もありそうですし、病気が流行するかもしれませんし、水源開発・都市開発の副作用で栽培に適した土地が減る可能性もあるようです。
■ではすでに危機的状況が始まっていると言われるその嗜好飲料とは次のどれでしょうか?(危ない嗜好飲料は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]日本茶
[ろ]烏龍茶
[は]紅茶
[に]ココア
[ほ]コーヒー
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]コーヒー
説明:2015年(平成27年)現在、1日に消費されるコーヒー豆は2万4000トンぐらいらしい。年間876万トンのコーヒーが消費されている計算です。そのうち57%がアラビカ種。味がいいらしい。残り43%はロブスタ種と呼ばれる病気に強い種類だそうです。
■最大の生産地はブラジルです。33%はここで栽培されているらしい。第2位はベトナムとのこと。19%。ちょっと意外ですね。この2ヶ国だけで世界の生産量の半分をになっているらしい。
■コーヒーの生産が半減すると予測される理由は4つあるそうです。1つは病気です。コーヒーさび病菌、あるいはコーヒー炭疽(タンソ)病菌などが蔓延し、たとえば中米エルサルバドルでは2013年(平成25年)に前年比で63%も生産量が減ってしまったとのこと*1*2。
■2つめの理由は害虫らしい。コーヒー(ノミ)キクイムシという甲虫のせいでコロンビアなどで生産量が減少しているらしい。
▼コーヒーノミキクイムシ
◇*HP「コーヒーノミキクイムシ - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjj7-qeufbLAhXMmZQKHbgLDFkQ_AUIBygB&biw=1097&bih=537#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7&imgrc=KLNBZdzESpH-gM%3A
■3つめの理由は森林伐採だそうです。野生種の自生地が失われ、栽培種の強化が難しくなっているとのこと。
■4番目の理由は気候変動です。インドとインドネシアでは雨の降りすぎによって生産量がかなり低下しているとのこと。ブラジルでは旱魃(カンバツ)と高温が打撃となっているらしい。
■素人には不思議な話ですが、コーヒーが危機に陥っている根本の原因は、「コーヒーは遺伝的多様性が小さい」ことらしい。さまざまな種類があれば、環境が変わっても生きのびる種が出てくる確率が高いそうです。ところが「世界で栽培されているコーヒーは信じがたいほど遺伝的に似ている。この均質さのため,栽培種は病虫害や気温と降雨量の変化に弱くなっている」とのこと*2。喫茶店に行くとキリマンジャロとかブルー・マウンテンとかモカとかさまざまな種類のコーヒーがあります。あれは遺伝的多様性とは関係のない話のようですね。
■現在、コーヒー産業に従事する人は、世界では1億人に達するという推計があるようです*1。生産量が半減すれば、多くの人が失業します。社会不安が生まれます。とくに中南米の人達が失業すると、アメリカには不法移民として入り込む可能性が生まれます。もちろん麻薬産業に就職する人も出てくるでしょう。他人事として放置はできないアメリカ政府は、お金を出して病気や害虫に強いコーヒーの木を研究させているようです*2。
◆参考*1:雑誌「コーヒー畑、温暖化で減少」ナショナル ジオグラフィック日本版1510月号12〜13頁、日経ナショナルジオグラフィック社
◇*2雑誌「コーヒーを救え」日経サイエンス1504月号88〜93頁、日経サイエンス社

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、ラジオを聴いていたらコーヒーの新種を探して南米の奥深くを歩き回っている人が話してましたが、ブラジルの奥地の小さな農家で知らないコーヒーの木を発見することがあるそうです。
それを安定供給できるように育て方や害虫予防の方法を教えたりして帰ってくるそうですが大変な商売もあったもんです。
その中から病害虫に強い品種が見つかるかもしれませんね。
ねこのひげ
2016/07/31 05:17
コメントをありがとうございます。

 コーヒー探しの旅というのもたいへんそうですね。おおむね暑くて蚊などの害虫の多そうな地域でしょう。
 でも新種に出会うたびにコーヒーが試飲できるのかもしれませんね。役得かな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/31 08:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
2050年には生産量が半減するかもしれない嗜好飲料。ココアなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる