町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代殉死の最多記録は誰の死に際してのものなの?

<<   作成日時 : 2016/07/16 20:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:殉死というのは不思議な習慣です。大昔からありました。相撲で有名な野見宿禰(のみのすくね)が殉死の制を廃して埴輪の制を提案をしたという伝説があります。3世紀ないし4世紀ぐらいの話らしい。生きている人間を強制的に生贄(いけにえ)にするのではなく、人形で代用する。合理的ですね。崇神(スジン)天皇の皇后日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)の葬儀の際のことだそうです。
■我々が知っている最後の著名な殉死は乃木希典(まれすけ)大将でしょうか。明治天皇が崩御されたあと、大葬が行なわれた日の夜8時ごろ、妻とともに自刃して亡くなったそうです。
■なお、昭和天皇が崩御された際にも、和歌山県・茨城県・福岡県・東京都で自殺があったそうです。元軍人の高齢者が多かったようですが、福岡県の方はまだ38歳だったらしい。割腹自殺を遂げたそうです。いわゆる「追い腹(おいばら)を切る」という行為だったらしい。
■もちろん江戸時代にも殉死の習慣は残っていました。3代将軍家光が亡くなったとき、老中堀田正盛(まさもり)や阿部重次(しげつぐ)が殉死しています。松平信綱(のぶつな)は家光の遺言で4代将軍に仕えるよう言われていたので殉死しなかったらしい。「伊豆まめは 豆腐にしては よけれども 役に立たぬは 切らずなりけり」という狂歌でからかわれたと言われます。松平伊豆守信綱だったわけですね。もう1つ、「仕置だて せずとも御代(みよ)は まつ平 爰(ここ)にいづとも 死出の供せよ」という狂歌も生まれたらしい。世間は幹部級の武士の殉死を望んでいたということでしょうか。
■本日は、江戸時代の殉死についての問題です。参考資料*1の「江戸博覧強記」という書籍の「江戸時代のおもな殉死」という表によれば、徳川家光に対する殉死は老中2人を含めて5人だったそうです。では、この表の中でいちばん多くの殉死者を出したのは次の誰でしょうか?
[い]松平秀康(ひでやす)
[ろ]徳川秀忠(ひでただ)
[は]伊達政宗(まさむね)
[に]鍋島勝茂(かつしげ)
[ほ]細川忠興(ただおき)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]鍋島勝茂(かつしげ)
説明:鍋島勝茂は肥前佐賀鍋島藩の藩主だった人らしい。明暦(めいれき)3年(1657年)に他界しています。そのときの殉死者は26名と「江戸時代のおもな殉死」という表には記載されています。表の中では最多です。
■なお、第2位も鍋島藩です。鍋島茂賢(しげまさ)の正保(しょうほう)2年(1645年)の死に際して22人が殉死したらしい。
■鍋島藩はかの山本常朝(じょうちょう)を生んだ土地柄ですね。主著「葉隠(はがくれ)」には「武士道とは死ぬことと見つけたり」という有名な言葉が記されています。死を恐れない文化があるのかな。
■武断政治から文治政治へと移行していく17世紀後半には、寛文(かんぶん)3年(1663年)に殉死の禁が公布されます。天和(てんな)3年(1683年)には武家諸法度が改訂されると末期養子禁止の緩和とともに殉死の禁があらためて追加されているらしい。大名の死にまつわる不合理な文化がいくつか修正されたようです。
■なお、殉死者の数というのは、残念ながら記録によってまちまちらしい。不確かなものなのかもしれません。たとえば、参考資料*1には家光の死に際しての殉死は5人と記されています。でも参考資料*5には11人と記されています。追い腹を切った人数は、正確な記録ではないのかな。今回の鍋島勝茂の最多記録も、追い風参考記録程度にお考えいただいたほうが無難かもしれません。
◆参考*1:書籍「江戸文化歴史検定公式テキスト上級編【江戸博覧強記】」初版131頁、江戸文化歴史検定協会編、ISBN978-4-09-626602-1、小学館
◇*2HP「殉死しなかったからと揶揄(やゆ)された武士は誰なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200906/article_36.html
◇*3HP「殉死 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%89%E6%AD%BB
◇*4HP「江戸初期の将軍・大名の家臣に流行した殉死。いちばん多く死んだのは誰のときなの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201312/article_3.html
◇*5書籍「日本史こぼれ話近世近代 正編」新書初版25〜26頁、笠原一男・児玉幸多編、ISBN4-634-60340-3、山川出版社

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大勢に殉死されると政治に支障が起きたので禁止されたようですが、それでもなかなか無くならなかったようですね。
ねこのひげ
2016/07/18 08:09
コメントをありがとうございます。

 お腹を切るのは凄く痛いし苦しい。そのたいへんな苦痛に対する見返りはなんだったのでしょうか。
 忠誠心のある人物の遺族、子孫には特別に目をかけたということでしょうか。これだけ出世したとか、これだけ知行が増えたといった、具体例があるのか。知りたいですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/18 19:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代殉死の最多記録は誰の死に際してのものなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる