町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【17】

<<   作成日時 : 2016/06/09 07:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は魚の名前の5回目です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。描かれているのは、松の木でしょうか。大きな蜘蛛の巣がかかっています。き(木)+す(巣)=きす。鱚(きす)ですね。白身の淡泊な味。開いて干物でよし。天麩羅でもよし。人気のある魚です。
◇*HP「鱚 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B1%9A&hl=ja&biw=1280&bih=632&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjT0Yz7ho_LAhUmLaYKHfmYBM4Q_AUIBigB
■鱚の判じ物は、「さかなのはんじもの」という江戸時代の末期の出版物に収載されたものです。一宝斎国盛(いっぽうさいくにもり)という浮世絵師が弘化(こうか)4年(1847年)〜嘉永(かえい)2年(1849年)ごろに発表した作品らしい。Wikipediaによれば一宝斎国盛は2代目歌川国盛という名前のほうが通っているようです*1。
■では本番です。例によって難易度にはバラツキがあります。答はみんな魚や水の中で暮らしている生き物の名前です。中には認知度の低い魚もあるかもしれませんが、ほとんどが今でも漁獲され、家庭や料亭の食卓に登場する魚です。絵とヒントから名前を推理してみましょう。
▼[い]鳥が泣いています。何という鳥でしょうか?
画像

▼[ろ]真っ黒に塗られた家具のようです
画像

▼[は]お城に立て籠もっているのはどんな人物でしょうか
画像

▼[に]子供をおんぶした女性の胸がはだけています
画像

▼[ほ]馬は何をしているのでしょうか?
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]鳥が泣いています。「鳴く」なら驚きませんが、「泣く」とは穏やかでないですね。鳥の脇には魚籠(びく、獲った魚を入れる容器)などが見えます。手に隠れて見にくいのですが、この鳥はだいぶ色が濃いようです。
□この鳥は長良川で活躍を見せる季節労働者、鵜です。鵜飼はおおむね5〜10月の満月以外の日に実施されるようです。満月だと月明かりに幻惑されて舟で焚く篝火(かがりび)の効果が薄れるのかな。
□鵜が泣いている。う(鵜)+なき(泣き)+濁点=うなぎ。鰻(うなぎ)が正解です。
▼鰻(うなぎ)
画像

□鰻はご存知の淡水魚ですね。産卵のために海を渡るとも言われます。生涯を池や沼や川や湖で暮らすわけではないらしい。近年は稚魚の漁獲が減り、養殖ものでさえ暴騰しています。江戸庶民のささやかな夢は「駕籠に乗ることと鰻を食べること」だったといわれます。東京の町民にとっても、気軽には食べられない食べ物になっていますね。
■[ろ]何を乗せるのかはわかりませんが、これは台だそうです。前後に棒が突き出ています。2人で運べるのかな。くろ(黒)+だい(台)=くろだい。黒鯛(くろだい)が正解です。
▼黒鯛(くろだい)
画像

□黒鯛は最大では70cmにもなるという大きめの魚です。釣り人たちは茅渟(ちぬ)と呼ぶこともあります。実際に釣れるのは30cm前後のものが多いとのこと。下の写真にはもっと大きな釣果も写っていますね。
◇*HP「ちぬ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A1%E3%81%AC&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi1hvmYkI_LAhXE2qYKHVUdDqsQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632
■[は]お城に立て籠もっているのは子供のようですね。こどもの城。そういえば青山通りに面してそんな施設がありました。我が家の豚児たちもずいぶんお世話になりました。平成27年(2015年)の冬に閉館してしまったとのこと。残念だな。
□脱線してしまいました。失礼。この(子の)+しろ(城)=このしろ。正解は飯代魚(このしろ、鮗とも)です。体長25cm前後までの海水魚です。大量に獲れるそうです。下級魚の扱いを受け、「飯の代わりに食べる魚」という意から飯代魚の漢字表記になったともいわれます。おかずにはなれないのかな。
▼飯代魚(このしろ)
画像

□産まれて来る子供の健康を祈って飯代魚を地中に埋める風習があるそうです。そこから児の代(このしろ)という名前になったという説もあるらしい。
□なお、飯代魚は小鰭(こはだ)と呼ばれることもあるそうです。寿司ネタになったり、正月に御節料理で食べる酢漬けの光り物ですね。また、小さいくせに出世魚であり、たとえば関東では4〜5cmまではシンコ、〜10cmまではコハダ。〜13cmぐらいがナカズミ、さらにそれより大きいと飯代魚というそうです。飯代魚=小鰭だったり、飯代魚>小鰭だったりするのかな。
▼飯代魚(このしろ)
◇*HP「コノシロ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%AD&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj8jKf0lI_LAhXj5aYKHdpwAvgQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632
■[に]子供をおんぶしているのはお母さんでしょうか。乳母かな。胸がはだけて豊満な片乳が見えています。子供と露出した肌。こ(子)+はだ(肌)=こはだ。小鰭(こはだ)が正解です。[は]で触れたとおり、飯代魚と同一のものだったり、出世の途中段階だったりするらしい。
▼小鰭(こはだ)
画像

■[ほ]布団にくるまっている馬ですね。衝立(ついたて)が立てられています。なにをしているのかな。待てよ。そういえば以前にもこんな光景を見たことがあります。地名の判じ物でした。下のような図です。女性は出産をしているらしい。足元に矢羽根が落ちています。で、さん(産)+や(矢)=さんや。山谷が正解でした。
▼山谷(さんや)
画像

▼上図の足元の矢羽根
画像

□もうおわかりですね。江戸時代の出産場面で馬。さん(産)+ま(馬)=さんま。秋刀魚(さんま)が正解です。秋の風物詩ですね。
▼秋刀魚(さんま)
画像

◆参考*1:HP「歌川国盛 (2代目) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E7%9B%9B_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)
◇*2書籍「江戸の判じ絵」初版28〜33頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館
◇*3HP「クロダイ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%A4
◇*4HP「コノシロ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%AD

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最初の例題は木なのか岩なのかわかりにくくてなやみました(≧◇≦)

そろそろ、ウナギの季節ですね。
うな重の特上をだれかおごってくれないかな〜
ねこのひげ
2016/06/12 14:39
コメントをありがとうございます。

 最近はホントに値段が高いですよね。今年もファーストフードの安価な鰻で我慢するかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/06/12 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【17】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる