町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗殺されて即死なのに半月以上も生きている振りをさせられたのは誰なの?

<<   作成日時 : 2016/06/08 08:26   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:その昔、武田信玄は、「自身の死を3年の間は秘匿し、遺骸を諏訪湖に沈める事」と書き残したと言われます。国の大黒柱である戦国武将は、自分が倒れるとともに他国の侵略を受けると恐れたようですね。
■そういえば「元の木阿弥」という言葉の由来となったといわれる戦国武将、筒井順昭(じゅんしょう)も、木阿弥という盲目の僧侶を自分の影武者に仕立て、3年間は死を隠すべしと遺言したらしい。木阿弥は殿様扱いの贅沢な時間を過ごします。やがて嫡子の筒井順慶(じゅんけい)を叔父たちが補佐し、大和の国を支配する体制が安定すると、奈良に帰され、貧乏僧侶に逆戻り。元の木阿弥になったそうです。
■ある武将はすでに暗殺されているのに時の権力者に事件の報告書を提出したり、見舞いの品を受け取り、御礼の手紙を書いたり、いかにも生きている風を装わされました。最終的には、危篤になりました→ついては嫡子の跡目相続を認めていただきたいと願い→許可が下りてから死亡が発表されたそうです。
■このなかなか死ねなかった人物は次のうちの誰でしょうか?
[い]水野忠重(ただしげ、戦国武将、慶長(けいちょう)5年(1600年)没)
[ろ]井上正就(まさなり、老中、寛永(かんえい)5年(1628年)没)
[は]堀田正俊(まさとし、大老、貞享(じょうきょう)元年(1684年)没)
[に]田沼意知(おきとも、若年寄、天明(てんめい)4年(1784年)没)
[ほ]井伊直弼(なおすけ、大老、万延(まんえん)元年(1860年)没)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]井伊直弼(なおすけ、大老、万延(まんえん)元年(1860年)没)
説明:井伊直弼(口絵の肖像)は、ご存知のとおり、桜田門外の変で安政7年3月3日(1860年3月24日)に殺されてしまいます。水戸藩の浪士17人と薩摩藩の浪士1人が登城する大老の行列を襲いました。
■駕籠の中の直弼はまず銃撃を受け、重傷を負います。護衛が次々と倒されると、駕籠から引きずりだされ、首を刎(は)ねられたそうです。満44歳、働き盛りの死だったらしい。首をちょん切ったのは元薩摩藩士の有村次左衛門(じざえもん)という人物だそうです。
■有村は直弼の首を持って逃走しますが、彦根藩士小河原秀之丞(ひでのじょう?)という者が密かに追い掛け、斬りつけて奪還しようとします。有村に重傷は負わせたものの小河原秀之丞は返り討ちにあったようです。
■有村は深手を負ったまま逃走しますが、若年寄遠藤胤統(たねのり)の屋敷前で力尽きたらしい。遠藤家の用人が表で死にかけている有村を見つけると、「武士の情けでござる。御介錯をお願い申す」と頼まれました。介錯をしてふと見るとそばに井伊直弼の首がころがっていたらしい。用人はその首を屋敷内に持ち込んだようです。
■井伊家は彦根藩35万石の大大名です。遠藤家は近江三上藩、わずかに1万石余りの大名だったようです。かたや大老、かたや若年寄。若年寄は老中の下僕のような存在らしい。いろいろ嫌なこともあったのでしょうか。遠藤家の用人は、そんな事情も手伝って、素直に彦根藩邸に首を届けなかったのかもしれません。
■井伊家では首探しに奔走した結果、遠藤家にあることを知ります。使者をつかわしますが、遠藤家はここぞとばかりに意地悪をして返してくれない。三拝九拝してその夜遅くなってようやく返して貰えたらしい。
■戻ってきた首は御典医によって胴体と縫い合わされます。でも噂は広まっています。天下の大老がたかが18人の浪士に暗殺されたなんて格好悪い。武士としての心構えを問われて、藩がお取りつぶしになるかもしれない。そこで、井伊家では幕府に報告書を提出したそうです。参考資料*4によれば、次のような内容だったらしい。
--- 「今朝、登城のため外桜田に差しかかった折、松平市正(いちまさ? 杵築藩・現警視庁)の門前より上杉家辻番所までの間で狼籍者が鉄砲を撃ちかけ、約200人余りが刀を抜き駕龍を目がけて斬りこんで来た。家来達が防戦し狼籍者を1人打ちとり、他の者は逃げ去った。私は家来たちを指揮していたが、手傷を負ったため、ひとまず屋敷に戻りましたので、この旨お届け申上げます。以上」
■死者なのに報告書を提出とは凄い。格好つけるためなのか、襲撃の人数も10倍ほどにサバ読んでいます。翌日も頭痛が激しく傷が痛むとして有給休暇の届けを出したらしい。
■事件の翌日、時の将軍、徳川家茂(いえもち)から使者が来て朝鮮人参を1箱置いていったらしい。もちろん面会謝絶で患者には会えないわけですが。
■事件から4日目、再び幕府から使者が来て、氷砂糖1壺と鯛1匹を持ってきたようです。もう直弼の死は公然の秘密なのですが、井伊家も幕府も妙な小芝居を続けているらしい。
■事件後18日目になって医師の診断として危篤状態と幕府に届け出ます。直憲(なおのり、次男)が跡継ぎとして認められるとようやく直弼の死を発表したらしい。暑い季節ではないのでそんなに傷んではいなかったのかな。井伊直弼の遺骸は、菩提寺である世田谷の豪徳寺に持ち込まれたそうです。
◆参考*1:HP「武田信玄 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%8E%84
◇*2HP「筒井順昭 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%92%E4%BA%95%E9%A0%86%E6%98%AD
◇*3HP「桜田門外の変 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E9%96%80%E5%A4%96%E3%81%AE%E5%A4%89
◇*4書籍「大江戸かくれ話事典」初版181〜184頁、平田公(ひらた こう)著、ISBN4-7947-0288-4、叢文社

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明治時代に近いはずなのにまだ首級を上げるような習慣が残っていたんですね。
ねこのひげ
2016/06/12 14:41
コメントをありがとうございます。

 明治に入ってからも、西郷隆盛は味方が首を持ち去ったようですし、江藤新平は晒し首にされているようです。死んでいることがわかりやすいので、首は重宝したのでしょうね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/06/12 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗殺されて即死なのに半月以上も生きている振りをさせられたのは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる