町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【20】

<<   作成日時 : 2016/06/30 08:20   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:判じ物は絵を使った謎々です。18世紀後半から発達した版画の多色刷りの技術を活用し、地名・国名・動植物名・道具名・人名その他、さまざまな物を対象として作られました。
■本日は魚の名前の8回目です。まずは口絵の判じ物で練習しましょう。何か細い紐のようなものが束になっています。その1本に「ら」と記された荷札がついています。この紐の束は籤(くじ)らしい。江戸時代の籤はこんな姿のものが多かったのでしょうか。くじ(籤)+ら(ら)=くじら。正解は鯨(くじら)です。
■現代ならどんな形になるのでしょうか。おそらく、下のような形かな。
画像

■鯨の判じ物は、「さかなのはんじもの」という江戸時代の末期の出版物に収載されたものです。一宝斎国盛(いっぽうさいくにもり)という浮世絵師が弘化(こうか)4年(1847年)〜嘉永(かえい)2年(1849年)ごろに発表した作品らしい。Wikipediaによれば一宝斎国盛は2代目歌川国盛という名前のほうが通っているようです*1。
■では本番です。例によって難易度にはバラツキがあります。答はみんな魚や水の中で暮らしている生き物の名前です。中には認知度の低い魚もあるかもしれませんが、ほとんどが今でも漁獲され、家庭や料亭の食卓に登場する魚です。絵とヒントから名前を推理してみましょう。
▼[い]鉢巻に褌(ふんどし)という軽快ないでたちの人足が裸足で蹴っているのは、昔の倉庫です
画像

▼[ろ]右側の人物の頭は、動物の尻尾を模した姿らしい
画像

▼[は]おっぱいを出しているのはまだ子供のようですね
画像

▼[に]五穀豊穣を寿ぐ(ことほぐ、言葉で祝福する・幸運を祈る)舞だそうです
画像

▼[ほ]右側の纏(まとい)は、い組を示しているそうです。
画像

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:■[い]昔の倉庫は蔵と呼ばれました。蔵を蹴っています。くら(蔵)+け(蹴る)=くらけ≒くらげ。海月(くらげ、水母とも)ですね。
▼海月(くらげ)
画像

□海月は小さいものは数cm、長いものでは40mなんてやつも実在するらしい*3。ただし、馬鹿に長い連中は、群体と呼ばれる複数の個体の集合だそうですが。海水浴場で騒ぎになるカツオノエボシのように毒や害になるやつもいれば、ビゼンクラゲのように食べられる種もいます。エチゼンクラゲは食べられるけれど数が増えると漁業の妨げになるようですね。
◇*HP「ビゼンクラゲ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%93%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiqst7zo5XLAhXD26YKHR69BlEQ_AUIBygB&biw=1280&bih=608
■[ろ]一つ目小僧みたいでちょっと気味の悪い絵です。右側の人物は、動物の尻尾が頭についているそうです。尻尾のついた力士が勝つ。かつ(勝つ)+お(尾)=かつお。鰹(かつお)が正解のようです。
▼鰹(かつお)
画像

□それにしても尻尾の中央にあるのは目なのかな。口なのかな。現代人から見ると超現実主義の表現ですね。
□鰹はご存知のとおりの美味な魚です。江戸っ子は初鰹にこだわり、庶民ですら現在の貨幣価値にして万単位の出費を厭(いと)わなかったと言われます。4月ごろなのかな。この月ばかりはどこのお宅もエンゲル係数が高かったのでしょう。
◇*HP「かつお - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%81%8A&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjUzJqOppXLAhXlJqYKHdn_DJcQ_AUIBygB&biw=1280&bih=608
■[は]子供が乳を搾る(しぼる)というのは不思議な図ですね。でも生物としては第二次性徴が発現すれば生殖は可能になるそうです。女性の第二次性徴は早い人では7歳7ヶ月とのこと*4。子供が乳を搾るのは、社会制度上は問題がありますが、生物学的には充分にありえることらしい。
□こ(子)+ち(乳)=こち。正解は鯒(こち)です。単純ですね。
▼鯒(こち)
画像

□鯒は上から押し潰されたような姿です。見ようによってはちょっとワニに似ているかな。
◇*HP「コチ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B3%E3%83%81&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwivqfiHrJXLAhVBGqYKHZ4gBKcQ_AUIBygB&biw=1280&bih=608
■[に]このおじさんは五穀豊穣を寿ぐ三番叟(サンバソウ)を踊っているらしい。三番叟は室町時代の初めごろから現代にまで続く芸能だそうです。歌舞伎座で長唄の名人たちの曲にのって踊る人もいますが、各地の民俗芸能にも取り入れられているので、祝言の舞い(お目出度い舞い)としてよく使われているらしい。いろいろな変形もあるようです。舌を出してみせる舌出し三番(しただしサンバ)もあれば、操り人形の振りをする三番叟もあるらしい。後者はちょっと滑稽で、素人が見ていても飽きません。
▼操り人形を模した操三番叟(あやつりさんばそう)

□話が脇道にそれました。三番叟を踊る演者の真ん中が消えています。で、魚の名前は鯖(さば)。三番(さんば)の「ん」が消えているという趣向です。
▼鯖(さば)
画像

□鯖はご存知のとおりの美味な魚です。脂が乗った鯖は、下手な鮪(まぐろ)よりもはるかに美味い。酢でしめてよし、焼いてよし、味噌煮にしてよしですね。
■[ほ]纏(まとい)どうしが囲碁をしています。手前の纏は、い組。いろは48組の最初の組です。おそらく江戸のほとんどの町人も、い組の纏の形は知っていたのでしょう。一説には大岡越前守がデザインしたとも言われます。上の丸い部分は芥子(けし)の実。下の四角い部分は枡(ます)らしい。「けします」の駄洒落だそうです*7。なお、芥子はあんパンの上にパラッとまかれている小さな粒です。枡との比率がちょっと違うような気もしますね。
□奧の纏は「せ」と書いてあるのはわかりやすい。せ組の纏だそうです。せ組とい組が碁をする。せ(せ)+い(い)+ご(碁)=せいご。魚の名前は鮬(せいご)が正解です。
▼鮬(せいご)
画像

□鮬は、鱸(すずき)の幼魚です。出世魚ですね。関東では全長20〜30cmまでを鮬と呼ぶらしい。それを越えて60cmぐらいまではフッコ。成熟すると鱸(すずき)です。東海地方では60cm程度までを一律に鮬と呼んでいるそうです。なお成熟した鱸(すずき)は1mを越えることもあるとのこと。
◇*HP「せいご - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%94&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiJjZSTtpXLAhVDkZQKHYGGDUYQ_AUIBygB&biw=1280&bih=608
◆参考*1:HP「歌川国盛 (2代目) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E7%9B%9B_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)
◇*2書籍「江戸の判じ絵」初版28〜33頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館
◇*3HP「マヨイアイオイクラゲ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2
◇*4HP「第二次性徴 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%80%A7%E5%BE%B4
◇*5HP「コチ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%81
◇*6HP「三番叟 - Wikipedia」(画像)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%95%AA%E5%8F%9F
◇*7HP「消防防災博物館:見て学ぶ-町火消纏装束之図-」
http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=R204&ac2=R20406&Page=hpd_view
◇*8HP「スズキ (魚) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD_(%E9%AD%9A)

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
女房を質屋に入れても・・・と言って初鰹を求めたようですが、この時期を過ぎると見向きもしなくなったそうで、初物というのが大事なんでしょうね。
現在でも限定という言葉に弱いですからね。
ねこのひげ
2016/07/03 05:45
コメントをありがとうございます。

 どういうものか、江戸時代の江戸の人たちは初物が大好きだったという噂ですね。
 野菜の茄子の初物がひどく高価だったと聞きます。茄子は徳川家康の好物だったそうです。それにしても、1週間遅れて口にしてもなんの問題もない食品のような気がしますけど。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/03 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸末期に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の魚はなんという名前なの?【20】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる