町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良時代の下級役人の勤務時間。低給与だけど作業時間は短かったの?

<<   作成日時 : 2016/06/29 07:11   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:奈良の正倉院文書(ショウソウインモンジョ)は、正倉院に納められて管理されている1万数千点の文書群だそうです。外国から渡来した外交文書もあれば戸籍や税金関係、会計関係の事務文書もあり、種々雑多なものらしい。
■中には写経所(シャキョウジョ)の事務帳簿が大量に含まれているそうです。写経所というのは、文字通り経を写す作業をする機関らしい。官営のものもありました。皇族や貴族、大きな寺でもそうした機関が設けられたらしい。
■官営の写経所では、所属官庁から能筆を買われて出向してきた下級官僚が多かったらしい。作業を行なう人は経師(キョウシ)と呼ばれたそうです。写経の作業の他に校正や用紙の管理など、いくつかの職務があったようです。
■本日は、この経師たちの仕事についてのお話です。彼らはお仕着せを与えられ、給食も出たらしい。宿舎も与えられるようです。座り職人で一種の肉体労働ではありますが、あまり辛い仕事ではありません。たとえば写経担当の人は、1日あたり4000字弱を書き写すのが仕事だったらしい。では、彼らの1日の労働時間は現在の時間でどのぐらいの長さだったと伝えられているのでしょうか? 次の中から近い数値を選んで下さい。
[い]3〜5時間
[ろ]5〜7時間
[は]7〜9時間
[に]9〜11時間
[ほ]11時間以上
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]11時間以上
説明:参考資料*1には、「十数時間の勤務で4000字弱を写すのが通例」と記されています。ずいぶん長い勤務時間ですね。現代なら労働基準法に違反しているブラック企業として糾弾されそうです。それにしても1字あたり10秒以上はかかっている計算かな。ずいぶんゆっくり作業したようですね。
■給食は1日2回支給されたらしい。白米のご飯に汁、海藻や野菜のおかずが1〜2品、漬け物、塩などの調味料だけだったといわれます。ダイエットにはよさそうですが、脂質や蛋白質の不足はどうやって補うのかな。
■日曜日が休みという制度もなかったようです。2〜3ヶ月働いては2〜3日の休暇がとれるらしい。これでよく病気にならないなと心配になります。
■実際には病気にもよくなったらしい。正倉院文書の中には、請暇解(セイカゲ)という休暇願いが248点あるそうです。そのうちの34%近くは経師たち本人の病気を理由とするものだそうです。まぁ仮病もいくぶんかは含まれているかもしれませんけど。
■その次に多い約21%は、仕事の切れ目を利用した骨休めだそうです。まぁ当然でしょうね。その他、家族の病気や不幸、氏神の祭祀、田租(デンソ、税金)の納入などが見られるらしい。
■面白い理由としては約5%ほどある洗濯休暇があるそうです。たとえば宝亀(ほうき)3年(772年)3月21日付で巧清成(たくみのきよなり)という役人が3日間の休暇願いを出していますが、穢れた(汚れた)衣服を洗いたいのだと記されています。
▼巧清成の請暇解
画像

■以前に平安時代の女官の洗髪休暇を弊クイズで取り上げました*2。洗うという作業は、現代であれば服なら全自動洗濯機で実に簡単ですし、髪ならどんなに量が多くても1時間あれば乾かすぐらいまではできます。でも昔はとても手間と時間のかかる作業だったようですね。
■余談です。ご紹介したように写経をする人は経師と呼ばれます。似たような言葉に「大経師」があります。「大経師昔暦(ダイキョウジむかしごよみ)」という近松門左衛門(モンザエモン)の作品がありました。溝口健二(ケンジ)監督の名作「近松物語」の原作として知られています。悲恋の舞台となった大経師屋は、表具師だそうです。写経に近い位置にあるようですが、直接の関係はないようです。
◆参考*1:書籍「日本史こぼれ話 古代・中世 続々編」新書初版48〜50頁、笠原一男/ 児玉幸多編、ISBN4-634-59310-6、山川出版社
◇*2HP「奈良・平安時代の宮廷女官にあったのは裁縫休暇? それとも洗髪休暇? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201207/article_3.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの時代、紙は貴重品だったでしょうからね。
書き損んじしたからといって丸めて捨てるわけにはいかなかったでしょうし、きっと大騒ぎでしたでしょうね。
ねこのひげ
2016/07/03 05:49
コメントをありがとうございます。

 なるほど。それで1字あたり10秒近くかかったわけなのか。たしかに紙は高価ですから、失敗できないのでしょうね。納得。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/07/03 08:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良時代の下級役人の勤務時間。低給与だけど作業時間は短かったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる