町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲作でアメリカみたいな大規模機械化農業を実現したのはどの地域なの?

<<   作成日時 : 2016/05/24 22:44   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:日本のコメは値段が高すぎて国際競争力に欠けると言われます。日本は狭い。田圃も狭い。手数をかけて田植をして、草取りをする。どうしても人件費がかかります。
■米という漢字は八十八に分解できるそうですが、穫りいれるまでに88の作業が必要という意味もあるらしい。これではなかなか北米の大規模農業に勝てそうにありません。
■日本では大規模な農業はできないのだろうか。ものは試しとやってみた地域があるそうです。平らな水田をつくるためにレーザー光線を使ってブルドーザーを動かします。大型の水田、圃場(ホジョウ)には無人ヘリコプター、いわゆるドローンで米の種子を撒きます。苗代(なわしろ)をつくる手間、田植をする手間が省けるのかな。水のコントロールには用水と排水を別々のパイプラインにして自動化するようです。
■さまざまな工夫をしたら、ずいぶん手間が省けたらしい。ひょっとしたら人件費は1/10、あるいは1/20にできるかもしれないというところまで来たらしい*1。
■では、この先進的かつ大規模、機械化された農場があるのは、どこなのでしょうか? 次の中から選んで下さい。
[い]北海道
[ろ]岩手県
[は]山形県
[に]千葉県
[ほ]東京都
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]千葉県
説明:どうやったら稲作が省力化できるか。その実験的な試みをしたのは、千葉県佐倉市の臼井・角来(カクライ)地区だそうです*1。印旛沼の近所らしい。
▼成田国際空港の西にある印旛沼
◇*HP「印旛沼 から 成田国際空港 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E5%8D%B0%E6%97%9B%E6%B2%BC,+%E3%80%92285-0861+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E4%BD%90%E5%80%89%E5%B8%82%E8%87%BC%E4%BA%95%E7%94%B0%EF%BC%92%EF%BC%97%EF%BC%91%EF%BC%94/%E6%88%90%E7%94%B0%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF,+%E3%80%92282-0004+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B8%82%E5%8F%A4%E8%BE%BC%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91/@35.7558075,140.1576445,11z/data=!3m1!5s0x6022f30bbc0d9317:0x1406c81d944fe019!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x6022888d5df1deb9:0x881db7f5d8864465!2m
■参考資料*1によれば、全国平均の稲作にかかる労働時間は10アール(1000平方m)あたり39時間とのこと。素人考えでは少ないような気もします。88の手間がかかるはずなのですが。
■それはともかく、機械化した農場のほうでは2時間で終わってしまうそうです。ひょっとしたら人件費が1/20ぐらいなのでしょうか。
■機械をいれるためには、大規模にやらないと効率があがりません。臼井第一工区という領域では、1区画、つまり1枚の田圃が7.5ヘクタールだそうです*2。7万5000平方mです。273m×273mの正方形よりももっと広い田圃ですね。ちなみにアメリカの田圃も大規模なものだそうですが、平均で5ヘクタールぐらいとのこと*1。
■この大型の水田は、政府の補助金などに頼らず、民間の力だけで作ったらしい*1。素晴しいですね。印旛沼のハイテク水田を見習って、1区画を大きくし、会社組織で稲作を請け負う農業法人が徐々に増えているとのこと。他の選択肢の地域の中にも、大規模な圃場が誕生しているようです。国産でもカリフォルニア米に負けない効率を実現する。ちょっと嬉しいですね。
◆参考*1:書籍「農業の雑学事典 ハイテク稲作は印旛沼から」初版264〜265頁、藤岡幹恭(みきやす)/小泉貞彦(さだひこ)著、ISBN4-53-03001-0、日本実業出版社
◇*2HP「農林水産省/日本一の水田区画「印旛沼の水田」」
http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/museum/m_siki/22_inba/

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの近所の水田でもラジコンヘリで除草剤を撒いたり種を撒いたりしておりましたね。
たぶんその実験の一環なんでしょうね。
会社組織にすると、農業を嫌っている若い連中もやるようですね。
ねこのひげ
2016/05/29 18:15
コメントをありがとうございます。

 会社組織にすると若者をひきつけられるわけけですか。なるほど、そういう特典もあるわけですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/05/29 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲作でアメリカみたいな大規模機械化農業を実現したのはどの地域なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる