町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 交ぜ書き表記を駆除する問題。ねつ造(ネツゾウ)は正しくはどう書くの?

<<   作成日時 : 2016/05/23 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。発生した原因と弊害については、すでに何度も触れているので、そちらをご覧下さい。
◇*HP「交ぜ書き表記の問題。「がい骨」は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」(交ぜ書き表記が発生した原因と弊害1)
http://blog.q-q.jp/201403/article_14.html
◇*HP「漢字混ぜ書き表記の熟語。「こん身の力作」の「こん身」ってホントはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」(交ぜ書き表記が発生した原因と弊害2)
http://blog.q-q.jp/200905/article_12.html
■題の問題の答は「捏造」です。「実際にはありもしない事柄を、事実であるかのようにつくり上げること」です。伊藤律(リツ)の会見記事とかサンゴ落書き事件とか、慰安婦問題の記事などを眺めていると、築地に東京本社を置く某新聞の得意技と言えるのかな。
■「捏」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「ネツ、デツ、こねる」という字音・字訓があります。ありもしないものを粘土を捏(こ)ねるように造り上げることなのでしょうね。
■では本題です。日本語の害虫、交ぜ書き表記を駆除する作業に立ち会っていただきましょう。次の交ぜ書き表記を正しく書き直してください。
[い]痒(かゆ)み止めの軟こうを処方してもらったの「軟こう」
[ろ]2点差で負けていたのに怒とうの攻撃で逆転勝ちしたの「怒とう」
[は]水が流れ出さないように土のうを積み上げたの「土のう」
[に]どん欲な姿勢で市場を開拓したの「どん欲」
[ほ]署名した脇になつ印をお願いしますの「なつ印」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]痒(かゆ)み止めの軟こうを処方してもらったの「軟こう」は軟膏と書く
■軟膏はご存知のとおりのチューブや合成樹脂の容器に入っている薬です。辞書の定義によれば、「均質な半固形状の外用薬」とのこと。一番知られている商品はオロナインかな。
□「膏」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「コウ、あぶら」という字音・字訓があります。元の形は人間の上半身を表わしていたらしい。胸郭より上の骨格だそうです。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の膏
画像

なぜ、それが脂肪を表わすようになったのかはわかりませんでした。
□「病(やまい)膏肓に入る(コウコウにいる)」という決まり文句を造ります。この場合、「膏」とは心臓の下の部分、「肓」とは横隔膜の上の部分を表わすらしい。その近辺に病が入り込むと、もう一筋縄ではいきません。重篤であることを意味するようです。
[ろ]2点差で負けていたのに怒とうの攻撃で逆転勝ちしたの「怒とう」は怒涛(怒濤)と書く
■怒涛(怒濤)は「荒れ狂う大波」です。疾風怒濤(シップウ〜)という四字熟語を造ります。風が強く波も高い。台風とかハリケーンとかサイクロンの状態かな。
□「涛/濤」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「トウ、なみ、おおなみ」という字音・字訓があります。昔の字を見ると、いかにも水が逆巻いている感じが伝わってきますね。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の濤
画像

[は]水が流れ出さないように土のうを積み上げたの「土のう」は土嚢と書く
■土嚢は「陣地や堤防を築くのに用いる土を入れた袋」です。
□「嚢」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ノウ、ふくろ、つつむ」という字音・字訓があります。昔の字で見ると、いかにも袋に何か入れている感じが出ていますね。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の嚢
画像

□氷嚢(ヒョウノウ)という器具がありました。氷水を入れたゴムの袋ですね。子供の頃、風邪を引いて熱が出たときなどに使ったのを覚えています。今はあまり使われないのかな。
◇*HP「氷嚢 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B0%B7%E5%9A%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiY8pGbhs_LAhUBJKYKHVIZDokQ_AUIBygB&biw=1280&bih=626#imgrc=PJFte486abO2YM%3A
[に]どん欲な姿勢で市場を開拓したの「どん欲」は貪欲と書く
■貪欲は「次々と欲を出し満足しないこと」です。欲深いわけですね。
□「貪」という漢字は、平成22年(2010年)に新しく追加された常用漢字です。常用漢字表では「ドン、むさぼる」という音読み・訓読みがあります。漢和辞書「字通」によれば「タン」という字音もあります。今+貝=貪です。今の部分は、器物の蓋や栓を表わしているらしい。貝は御承知のとおり財物をあらわします。物をしまい込んで用いることがない。それが貪だそうです。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の貪
画像

[ほ]署名した脇になつ印をお願いしますの「なつ印」は捺印と書く
■なつ印は「印鑑や判子を押すこと」です。署名捺印という決まり文句があります。自分で氏名を書き、自分の判子を押すことらしい。記名押印(キメイオウイン)というのもあります。こちらは署名ではありませんのでゴム判などで氏名や会社名、部署名などを記しても構わないそうです。署名捺印は自署ですから証拠能力が高いように思われます。でも、実質的にはあまり変わらないらしい。
□「捺」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ナツ、タツ、おす、おさえる」という字音・字訓があります。押捺(オウナツ)という熟語も造ります。判子などを押すことですね。
◆参考*1:HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/naikaku/pdf/joyokanjihyo_20101130.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇*2HP「岡本綺堂 中国怪奇小説集 閲微草堂筆記(清)」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1303_12030.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、新聞に記事になっておりましたが・・・
交ぜ書きというのは、戦後直後に始まったそうです。
いずれは漢字をすべて廃止して平仮名だけにしようとしていたようです。
そうはいきませんでしたがね。
ねこのひげ
2016/05/29 18:11
コメントをありがとうございます。

 敗戦直後は、志賀直哉は日本語をやめてフランス語にしようとか言いだしたらしい。明治時代には森有礼(ありのり)という文部大臣が日本語をやめて英語にしようと言いだしています。
 漢字の全廃も、これらの馬鹿げた議論と同様であり、文化の喪失を意味します。そんな単純なこともわからないで、文部大臣をつとめるというのは困ったものです。そんなこともわからないでジャーナリストだなんて自称している連中も、困ったものです。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/05/29 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
交ぜ書き表記を駆除する問題。ねつ造(ネツゾウ)は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる