町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 交ぜ書き表記を駆除する問題。棟りょう(とうりょう)は正しくはどう書くの?

<<   作成日時 : 2016/04/18 07:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。発生した原因と弊害については、すでに何度も触れているので、そちらをご覧下さい。
◇*HP「交ぜ書き表記の問題。「がい骨」は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」(交ぜ書き表記が発生した原因と弊害1)
http://blog.q-q.jp/201403/article_14.html
◇*HP「漢字混ぜ書き表記の熟語。「こん身の力作」の「こん身」ってホントはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」(交ぜ書き表記が発生した原因と弊害2)
http://blog.q-q.jp/200905/article_12.html
■題の問題の答は「棟梁」です。「梁」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「リョウ、とびいし、やな、はし、はり」という字音・字訓があります。「棟梁」は棟(むね)と梁(はり)という建築用語から来ているようですね。棟は屋根の交差部分であり、分水する場所を指すらしい。梁は水平に架けられる部材であり、上の重さを支える大切な要素だそうです。どちらも建築物にとっては重要・主要な部分です。そこから、大工の親方を棟梁と呼ぶようになったらしい。
◇*HP「棟 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A3%9F&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjw5sDporPLAhUI8WMKHbvZAlsQ_AUIBygB&biw=1280&bih=626
◇*HP「梁 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A3%9F&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjw5sDporPLAhUI8WMKHbvZAlsQ_AUIBygB&biw=1280&bih=626#hl=ja&tbm=isch&q=%E6%A2%81
■なお、棟梁は、一国の臣という意味もありますし、一族、一門を率いる統率者の意味もあります。また頭領、統領といった表記もされるようです。
■では本題です。日本語の害虫、交ぜ書き表記を駆除する作業に立ち会っていただきましょう。次の交ぜ書き表記を正しく書き直してください。
[い]正義の鉄ついを下すの「鉄つい」
[ろ]弱みを握られてどう喝されるの「どう喝」
[は]さっそく挨拶状を投かんするの「投かん」
[に]冥福を祈り灯ろう流しを行なうの「灯ろう」
[ほ]どう猛さが売りなのに檻の中で寝てばかりいるの「どう猛」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]正義の鉄ついを下すの「鉄つい」は鉄槌と書く
■鉄槌は「大型の金槌」です。「鉄槌を下す」で厳しく処罰するという意味になります。
□「槌」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ツイ、タイ、つち、うつ、たたく」という字音・字訓があります。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の槌
画像

□金槌、木槌、大槌などの熟語を造ります。「復興の槌音(つちおと)がようやく響きだした」などという際の槌音は、「建築工事が盛んに行われているたとえ」として使われます。
[ろ]弱みを握られてどう喝されるの「どう喝」は恫喝と書く
■恫喝は「人をおどして恐れさせること」です。さる業界の方々は日常的にこの行為を繰り替えすのかな。「なんやと。なめとんのか、ワレ。キチンと落とし前をつけんかい」。テレビドラマではそんな台詞を耳にしますね。幸い、この年になるまで、本物を聞いたことはありませんけど。
□「恫」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ドウ、トウ、いたむ、おそれる」という字音・字訓があります。恫喝以外の熟語もありますが、現代日本では使われないような言葉ばかりでした。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の恫
画像

弊クイズの長い読者ならご理解いただけると思いますが、左側の偏にあたる絵は心臓です。後に「リッシンベン」に変化したのでしょう。右側の旁にあたる部分は発音に関係しているだけなのかな。全体として妙に漫画風ですね。
[は]さっそく挨拶状を投かんするの「投かん」は投函と書く
■投函は「郵便物を郵便箱、ポストに入れること」です。
□「函」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「カン、はこ、いれる、よろい」という字音・字訓があります。函という漢字も他の熟語は現代日本では使わないようなものばかりです。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の函
画像

囲いの中に「¥」が見えます。これは円マークではなく、矢を意味しているらしい。全体で矢を収める袋の象形文字だったようです。いつのまにか硬い素材に変化して袋から箱の意味になったらしい。
□余談です。函を使った熟語ではありませんが、地名としては函館がありますね。昔は「箱舘、箱館」と書いたらしい。いつごろから変わったのでしょう。音楽漫談家嘉門(かもん)達夫の傑作に「♪タ〜バコを拾ったらはこだけ」というのがありました。「♪は〜るばる来たぜ函館へ〜」というサブちゃんの「函館の女」の出だしの替え歌です。残念ながら最近はあまり聞けないような気がしますけど。YouTubeには別の人が歌うキャラメル版が掲載されていました。
▼函館が舞台のショートコント

[に]冥福を祈り灯ろう流しを行なうの「灯ろう」は灯籠と書く
■灯籠は「灯明を安置するための用具」だそうです。石で作られた重そうな石灯籠もあれば、竹や紙で作られたごく軽量な灯籠もあります。灯籠流しに使われるのは、竹や紙のほうですね。
◇*HP「灯籠 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%81%AF%E7%B1%A0&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiX08eVt7PLAhVlqaYKHQbrAGUQ_AUIBygB&biw=1280&bih=626
□「籠」という漢字は、平成22年(2010年)に新しく追加された常用漢字です。常用漢字表では「ロウ、かご、こもる」というという音読み・訓読みがあります。漢和辞書「字通」によれば「こめる」という字訓もあります。駕籠(かご)という熟語をつくります。エッサホイサと担いでいく昔の乗物です。籠1字で「かご」、駕籠と2字でも「かご」です。ちなみに「駕」という漢字は、「のる」という意味があるそうです。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の籠
画像

中に何物かを入れるのが籠だそうです。最初は土で作られていたらしい。だんだん素材を適切に選択できるようになって竹製に変わっていったのかな。
□籠の熟語では籠絡(ロウラク)も時々使われます。「巧みに手なずけて、自分の思いどおりに操ること」です。ローマ皇帝ネロの実母は、宮廷内の権力闘争に敗れそうになり、ネロが18歳のときに色仕掛けで籠絡したそうです。暴君と呼ばれるぐらいですからネロもひどいことをしたらしいけど、自身の責任だけではなく、家庭環境にも問題があったのかな。
[ほ]どう猛さが売りなのに檻の中で寝てばかりいるの「どう猛」はどう猛と書く
■獰猛は「強く、荒々しいさま。凶悪で乱暴なさま」です。主に毛の生えた4足歩行の動物に使われる言葉です。
□「獰」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ドウ、わるい、わるづよい」という字音・字訓があります。「わるづよい」とは面白い言葉ですね。
□獰悪(ドウアク)という熟語を作ります。「性質や姿かたちが凶悪で、荒々しい」という意味とのこと。岡本綺堂(きどう)は「中国怪奇小説集17閲微草堂筆記(えつびそうどうひっき?)」という作品の中で次のように使っていました。「…草むらに身をひそめて窺うと、一人の軍装をした男が磐石の上に坐って、そのそばには相貌獰悪(どうあく)の従卒が数人控えている。なにか言っているらしいが、遠いのでよく聴き取れない」*2。敵の下級兵士というのは悪そうに見えるものなのでしょうかね。
◆参考*1:HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/naikaku/pdf/joyokanjihyo_20101130.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇*2HP「岡本綺堂 中国怪奇小説集 閲微草堂筆記(清)」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1303_12030.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい。日本語のご紹介をありがとうございます。
kousan
2016/04/18 21:34
コメントをありがとうございます。
m(_ _)m
kousan様<素町人
2016/04/19 08:07
頭領というと先日の橋桁落下を思い浮かべてしまいますが、高速道路の工事現場の下を通ると『まさか、あの橋桁落ちないだろうな?」思ってしまいます。
ねこのひげ
2016/04/24 08:17
コメントをありがとうございます。

 気持ちはとてもわかります。強風でビルの壁面の一部が崩落したなんてニュースを聞くと、ついつい上のほうを見ながら歩いています。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/04/25 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
交ぜ書き表記を駆除する問題。棟りょう(とうりょう)は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる