町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 逸話にみる明治天皇の為人(ひととなり)。どんな人物だったの?

<<   作成日時 : 2016/04/13 07:22   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★歴史★
問題:以前にも弊クイズでは明治天皇の逸話を紹介したことがあります。馬術の訓練で落馬した若き日の天皇は、「めっちゃいてぇ〜」とは叫ばなかったでしょうけれど、おなじ意味をもっと上品に表現なさったようです。訓練に随伴していた西郷隆盛は、「痛いなどという言葉は、どんな場合でも男は言ってはいけません」とたしなめたらしい。その効果なのでしょうか。明治天皇は崩御されるときも病気で苦しかったり痛かったりしたはずなのに、いっさい泣き言を言わなかったとのこと*1。お医者さんや看護婦さんにしてみると楽な患者だったのでしょう。
■我慢強い人であることはわかりますが、その他の顔としては、明治天皇はどんな人だったのでしょうか。参考資料*2の逸話集で紹介されている性格、特徴を次の中から選んで下さい。(明治天皇の属性は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]酒が好きだった
[ろ]仇名をつけるのが好きだった
[は]物に動じなかった
[に]骨董品が好きだった
[ほ]時間に厳しかった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]酒が好きだったと[ろ]仇名をつけるのが好きだった、[は]物に動じなかった
説明:[は]の「物に動じない」というのは、きっと帝王学の1つなのでしょうね。
■明治11年(1878年)、北陸地方に御巡幸されたそうです。新潟県のある学校で、化学の実験をして天覧に供することになりました。最後に祝砲の意をこめて、酸素や水素を使って小さな爆発を行う予定だったらしい。ところがどういう加減だったのか、当日はそれが予期せぬ大音響を発して、随行の大臣以下、飛び上がるほどの驚いたらしい。天皇御1人は顔色ひとつ変えずに終始泰然自若としていたらしい。
■実験を担当した化学の教師は譴責(ケンセキ)を覚悟し、意気消沈していたようです。天皇から御沙汰があって、化学の実験は格別に面白かったとのことだったらしい。化学の教師はホッとするやらありがたいやらで泣いてしまったようです。
■明治天皇は酒が好きであり、かつ強かったらしい。国文学者・歌人として知られる井上通泰(みちやす)博士の話では、明治の末年に、博士が御歌所の寄人(よりゅうど、事務職員)となって間のない頃、天皇の御酒の御相手に出るようにとの御下命があったそうです。博士も酒豪でしたが、天皇が飲めとおっしゃれば、いくらでも飲まなくてはなりません。しかも酔っぱらうわけにも行かない。御下問(ゴカモン、質問)には、はっきり御答が出来なくてはなりません。迂濶(ウカツ)なことをいったりすると、忽ち天皇から揚げ足を取られます。それで、到底御相手は勤まりかねますと、御辞退申し上げたそうです。たしかに、「俺の酒が飲めないのか」とワンマン社長に迫られたら、平サラリーマンとしては逃げ道がありませんよね。
■天皇の御酒が過ぎるので、昭憲皇太后(しょうけん〜、皇后)が御心配になって、お諌めになったらしい。天皇は面白がってなおのことお過しになる。皇后はとうとう神経衰弱におかかりになったそうです。ちょっとしたイジメかな。
■仇名をつけるのが好きだったという話も残されています。最高傑作といわれるのが山縣有朋をキリギリスと呼んだものらしい。言われてみれば似ているかな。
▼キリギリスこと山縣有朋
画像

後藤象二郎は狸と呼ばれていたようですが、これは天皇だけでなく、象二郎の周囲の人もそう思ってたらしい。たしかに狸顔ですね。
▼狸こと後藤象二郎
画像

■明治天皇は日本趣味だったようです。食事は淡泊なものが多かったらしい。大久保利通が肉食をお勧めしたことがあったようです。「西洋では盛んに肉食しています。ですから」と西洋礼賛を始めると、天皇は言下に(ゲンカに、相手の言葉が終わるやいなや)、「菜食の徒にも空海がいるぞ」と仰せられたとか。大久保はぐうの音も出なかったようです。
◆参考*1:HP「明治天皇の逸話。落馬で「痛い」とうめいた天皇を叱った明治の大物政治家は誰なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201012/article_21.html
◇*2書籍「明治人物夜話」文庫初版10〜15頁、森銑三(せんぞう)著、ISBN4-00-311533-3、岩波書店

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いまの天皇皇后両陛下も我慢強いと思いますけどね。
素町人であるねこのひげなら逃げだしたくなるような事でもニコニコとされてますもんね。
帝王学でしょうね。
あだ名をつけるのが好きというのは面白いですね。
ねこのひげ
2016/04/17 11:20
コメントをありがとうございます。

 今の皇室の人々は、ずいぶん大変な役割を背負わされているんだなぁと思うことがあります。自由はまるでないし。なんだか気の毒になります。まぁ、金の心配はあまりないかもしれませんけど。
 次に生まれて来る時、選べるのなら皇族よりは素町人として生まれてきたいですね。金の心配ばかりしていたとしても。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/04/17 20:17
死去の…
織田信長(49)
明治天皇(59)
豊臣秀吉(69)

日本の寿命はのびて…80
sadakun_d
2016/04/26 13:38
コメントをありがとうございます。

 信長も謙信も信玄も50前後であの世行きでした。その中で70を越えるまで生きた家康が勝ち残りました。長生きも芸のうち。そんな言葉を思い出しますね。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2016/04/27 20:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
逸話にみる明治天皇の為人(ひととなり)。どんな人物だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる