江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の地名はどこを意味しているの?【7】

●●●★日本語★●●● 問題:江戸時代の中期、明和(めいわ)2年(1765年)ごろに多色刷りの版画が登場します。浮世絵版画も大きく前進し、東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)などの役者絵、喜多川歌麿(うたまろ)や鈴木春信(はるのぶ)らの美人画、葛飾北斎や歌川広重らの名所絵、さらには春画など、さまざまな分野の印刷物が人々の目を楽しませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more