町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 本所の津軽屋敷が嫌われたのはなぜなの?

<<   作成日時 : 2016/03/23 08:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:本所(ほんじょ、東京都墨田区)に過ぎたるものが2つあり、津軽屋敷に炭屋塩原。そんな俗謡があるらしい*2。
■炭屋塩原は、落語や講談、歌舞伎などで知られる塩原太助ですね。上野国利根郡新治村(こうずけのくに とねぐん にいはりむら、群馬県みなかみ町)に生まれ、18歳で江戸に出て炭屋で奉公。ずば抜けた勤勉さと工夫で頭角をあらわし、独立して大商人に成長しました。木炭の粉に海藻を混ぜ固めた炭団(たどん)は塩原太助の発明と言われます*1。
◇*HP「炭団 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%82%AD%E5%9B%A3&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjP19if-cvKAhXiMKYKHXR9Ak8Q_AUIBygB&biw=1280&bih=632
■成功後も贅沢に走ることなく、道路改修や治水事業へお金を使ったとのこと。なんだか模範的すぎて恐いようだな。
■塩原太助は本所の誇りかもしれません。でも、本所のもう1つの「過ぎたるもの」、津軽屋敷には、悪い意味が含まれているそうです。では津軽屋敷のなにがいったい悪いのでしょうか? 次の中から選んで下さい。
[い]やかましい。剣道の練習や歌舞音曲の音が周囲に騒音を撒き散らしている
[ろ]臭い。卵をとるために鶏を大量に飼育しているのだが、その餌と糞の臭いが尋常でない
[は]素行が悪い。使えている下僕たちのふるまいに周囲の商店などが迷惑を被っている(こうむっている)
[に]ケチである。大名屋敷の周辺の商人は儲かるものだが、津軽屋敷は吝嗇であり、誰も潤わない
[ほ]恐い。町人を手討ちにする件数がずば抜けて多い
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]素行が悪い。使えている下僕たちのふるまいに周囲の商店などが迷惑を被っている(こうむっている)
説明:どこの藩の屋敷にも、下働きの足軽や折助(おりすけ)と呼ばれる連中がいます。どこの藩の下働きもけっしてお行儀はよくないでしょう。でもあえて歌に詠み込まれた点から推測すると、本所の津軽屋敷は、特別に凄かったのでしょうね。
■折助は殿さまが御登城のとき、駕籠(かご)を担いだり、荷物を運搬したりするそうです。雑用係ですね。給金は2貫400文だったとか。1貫=1000文ですので1日あたり80文かな。流しの蕎麦屋でしっぽくを食べると16文と落語では伝えています。かりにこれを400円とすると80文は2000円です。日給2000円はかなりの低賃金ですね。寝る場所と食事はあてがわれるようですが。
■支給の制服は紺一色。冬が袷(あわせ)で夏が単衣(ひとえ)。この2枚だけ。どんなに寒くても綿入れなどは支給してくれないようですね。
■この連中が200畳ほどの大部屋に70〜80人、ときには100人ほどもゴロゴロしていたらしい。夜になると丁だ半だとか、オイチョだカブだといった博打があちらこちらでご開帳です。社内規則で取り締まればいいのに思います。でもほとんど公然と認められていました。博打さえやらせておけば用があるときに、すぐ顔ぶれがそろうから。一種の足どめ策らしい。
■折助は堅気ではありません。渡り者です。もと浮浪者もいれば、もと武士もいる。もと学者もいれば、人足寄場からもどったばかりのものもいたのでしょう。ちなみに人足寄場は鬼平こと長谷川平蔵(へいぞう)が創設した犯罪者の更生施設だそうです*3。
■おおむね気性が荒い。喧嘩だの切った張っただのは絶え間がなかったらしい。ヤクザ者の集まりですが、部屋頭という役割の者がいて、博打のテラ銭をはねていたそうです。無法者たちの上前をはねるとは、凄い奴がいるものですね。
■手の長い、つまり盗癖のある奴もいるでしょう。見つかれば私刑です。縛って吊り上げます。足の親指に一升徳利に水を満たしたのを結びつけ、あっちへ押したりこっちへ押したりするとのこと。よほど痛いのかな。この拷問は、維新後に警視庁によって踏襲されたらしい。
■重い病気にかかった奴は「納めてしまえ」と号令をかけるそうです。3〜4人で「めでためでたの若松様よ〜」と胴上げし、いい加減のところで土間へドスンと落とすらしい。1回で死なないときはどうするのかな。もう1回若松様を歌うのでしょうか。
■博打の資金が不足すると、周囲の商店などにたかりに行くそうです。草鞋(わらじ)や緡(さし、銭の穴に通してまとめる細い縄や棒)などを相場よりもだいぶ高く売りつけるらしい。津軽の緡売りは有名だったようです。
◇*HP「緡 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B7%A1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjw1JKah8zKAhXmFqYKHZCDCiAQ_AUICCgC&biw=1280&bih=632&dpr=1.5
■ある商家では売りつけられた草鞋が何百足とたまりました。上野戦争のとき、地方へ避難する町人に提供しておおいに喜ばれたなんてこともあったらしい。折助たちに目をつけられちゃった店のようですね*2。
◆参考*1:HP「塩原太助 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8E%9F%E5%A4%AA%E5%8A%A9
◇*2書籍 「幕末明治風俗逸話事典」初版164〜165頁、紀田順一郎(きだ じゅんいちろう)著、ISBN4 -490-10338-7、東京堂出版
◇*3HP「江戸時代に世界最先端犯罪者更生施設を創設したのは、時代劇で有名なあの人? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200804/article_5.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ずいぶんと迷惑な連中だったようですね。
現在でも●●組の事務所が近くになる方々は戦々恐々としておられるようでありますね。
ねこのひげ
2016/03/27 07:01
コメントをありがとうございます。

 30年近く前ですが、あるマンションの一室を事務所として借りたら、廊下をはさんだおむかいさんが小さなヤクザの事務所でした。
 メチャクチャ派手な服を着た人が出入りしたり、たまに扉が開いていると、中で麻雀をしていたり、いかにもという様子でした。
 数年で引っ越しましたけれど、ちょっと恐かったですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/03/27 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
本所の津軽屋敷が嫌われたのはなぜなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる