町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルキゲニアとはどんなもの?

<<   作成日時 : 2016/02/09 09:16   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:毎年秋、ノーベル文学賞が発表されるころになると、大型の本屋さんなどに村上春樹の受賞を期待する人が集まります。他人の幸福を願う行為ですからけっして悪いことではないのでしょう。報道によれば、平成27年(2015年)の秋も集まりましたが、残念ながら落選しちゃったようです。本屋に集う善男善女はハルキマニアと呼んでもいいのかな。まぁ、ハルキマニアが正しい呼称だったとしても、題の問題とは1字違いで無関係のようですけど。
■社会現象ではなく、科学の世界の言葉としてハルキゲニアというのがあるらしい。では、この言葉はどんなものを指しているのでしょうか。次の中から選んで下さい。
[い]カンブリア紀に棲息した原始的な動物
[ろ]一時は地球に衝突する可能性も指摘された大型彗星
[は]突然活動を開始したインドネシアの火山
[に]アフリカで発見された120万年ほど前の集落跡
[ほ]インドで見つかった樹齢7000年を越えるという広葉樹の新種
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]カンブリア紀に棲息した原始的な動物
説明:今から5億4100 万年前にはじまり、5600 万年間ほどつづいた古生代カンブリア紀。テレビ番組の名前にも借用されて認知度が上がっていますね。「現在の動物たちへとつづく祖先たちがはじめて出そろった時代」だそうです。
■ハルキゲニアは、この時代に生きていたとされる最大でも5cm程度という小さな生き物です*1。死肉漁りをして暮らしていたと見られています*2。
■1911年(明治44年)、カナダ、ブリティッシュコロンビア州のバージェス頁岩(けつがん)で見つかったらしい。カンブリア紀中期後半、約5億500万年前の地層だそうです。頁岩は堆積岩の一種で薄く剥がれる性質があるらしい*3。水に濡れちゃった本の頁(ページ)をめくるように剥がしていけるのかな。
■アメリカの古生物学者チャールズ・ウォルコットによって報告されたそうです。ただし当時は、標本の大部分は岩片におおわれていたらしい。全身像は不明でした。
■1970年(昭和45年)代になってイギリスのサイモン・コンウェイ・モリスという研究者が、化石をおおっていた薄い岩を取り除くのに成功したらしい。細長い体の片側に7対14本のトゲ状の突起が生えていました。もう片側には触手のような突起が7本が生えていたらしい。
◇*HP「ハルキゲニア モリス - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1280&bih=608&tbm=isch&sa=1&q=%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%80%80%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&oq=%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%80%80%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&gs_l=img.3...75606.78363.0.78791.5.5.0.0.0.0.118.443.4j1.5.0....0...1c.1j4.64.img..4.1.116.FEycxKoxOa0
■モリスは、14本のトゲを足に見立てた想像図を描いたそうです。
▼モリスの想像図(参考資料*1の図を元に輪郭線を抽出)
画像

■1992年(平成4年)になって、ラーシュ・ラムシェルドというスウェーデンの研究者がモリスの図は上下逆さまなのではないかという仮説を立てたらしい。
▼ラーシュ・ラムシェルドの想像図(参考資料*1の図を元に輪郭線を抽出)
画像

■2015年(平成27年)になって、イギリスのマーティン・スミスとカナダのジーン・キャロンという研究者がさらに精密に調べた結果を発表したらしい。
▼最新の想像図*2
画像

■謎の多い動物、ハルキゲニアは、発見当初は上下逆さまに、そしてしばらくして前後逆さまに思われていたそうです。ハルキゲニア君は、古生物学者たちが評しているように、「とにかく変」な動物で、とらえどころがないようです。
■もちろん現在の想像図が正しいという保証もまたありません。そのうち、また新しい説が登場するのかな。
◆参考*1:雑誌「奇天烈動物「ハルキゲニア」の正体とは?」Newton (ニュートン) 2015年9月号9頁、担当編集者土屋健、ニュートンプレス
◇*2HP「ハルキゲニア - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%A2
◇*3HP「頁岩 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%81%E5%B2%A9

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
恐竜も毛があったという説が出てきてますから、なにか見つかったら違う形になるかもしれませんね。
ねこのひげ
2016/02/14 15:15
コメントをありがとうございます。

 ティラノサウルスは6500万年前ぐらいの化石がたくさん見つかっています。骨も太そうですし、地中に閉じ込められた期間も比較的短い。
 5億年も前のカンブリア紀のごくちいさな、おそらくあまり硬くもない動物の化石が出てくることは、とても不思議ですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/02/14 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルキゲニアとはどんなもの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる