町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS アルツハイマー病の世界的権威が実行している予防策とはどんなこと?

<<   作成日時 : 2016/02/19 07:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:アルツハイマー病は悲しい病気です。罹患すると脳が徐々に壊れていきます。とくに記憶をつかさどる領域については破壊が進むようです。
■自分がいつどこでどんな家庭に生まれ、どのように育ってきたか。どんな仕事をし、誰と結婚し、どんな家庭を築いてきたか。子供たちはどんな人物か。これらはすべて記憶です。記憶を失えば自分が誰なのか。それすらわからなくなってしまいます。「ここはどこ? 私は誰?」になってしまうらしい。個人でも民族でも過去が失われると現在も失われます。
■アルツハイマー病はまれに若年性のものもありますが、おおむね65歳以上の老年期に発症します。アミロイドβと呼ばれる物質が関わっていると見られています。
◇*HP「アミロイドβ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%CE%B2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiPpY2j48PKAhWJipQKHVTNA4oQ_AUIBygB&biw=1280&bih=608#imgrc=H2VU1LWsxug59M%3A
脳の中でアミロイドβが異常にたまり、老人斑と呼ばれるシミが脳味噌に出来はじめると、発症の可能性が高まるようです。
■現在のところ、アルツハイマー病には確実な治療法が見つかっていないらしい。さまざまな光明は見いだせるものの*1*2、結核に対する抗生物質のような決定打はまだありません。
■治療が難しければ予防するしかありません。どうすればいいのでしょうか。参考資料*3の科学雑誌では、アルツハイマー病の世界的権威といわれる人物が、自分が実行している予防法を紹介していました。この人物は、自分の研究の中で患者たちに多く接するとともに、自分の祖母もアルツハイマー病におかされていたようです。その恐ろしさを充分に認識しているわけですね。では、彼が実践している予防法とは次のどれでしょうか? (権威者が実践している予防法は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]菜食主義者になる
[ろ]毎日ジョギングをする
[は]特殊な薬草や香草を摂取する
[に]1日に1回、声を出して本を読む
[ほ]食物繊維を多量に摂り、便秘を避ける
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]菜食主義者になると [は]特殊な薬草や香草を摂取する
説明:アルツハイマー病の世界的権威とは、マサチューセッツ総合病院の神経変性疾患研究所で遺伝学のユニット長を務めるルドルフ・タンジ博士という人物です。ハーバード・メディカルスクールの神経学教授も務めるらしい。
■博士はアルツハイマー病に関連する遺伝子を新たにみつける「アルツハイマー・ゲノム・プロジェクト」を率いているとのこと。「早期発症型家族性アルツハイマーを引きおこす3つの遺伝子すべての共同発見者でもあるそうです。TIME誌の2015年の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれています。アルツハイマー病の研究に関して最も権威がある2つの賞、「メトロポリタンライフ財団医学研究賞」と「ポタムキン賞を受賞し、2015年のスミソニアン誌の「アメリカの才能賞」も受賞しました。なんだかピカピカ輝いている人物らしい。
◇*HP「ルドルフ・タンジ - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjdoL_I6sPKAhXHpZQKHSYVCkAQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632&dpr=1.5#imgrc=Zrx2kjZ10Kv38M%3A
■アルツハイマー病に精通する博士が実践している第一の予防法は、菜食主義で生きていくことだそうです。前沢牛も三元豚も比内鶏も食わないらしい。理由は単純です。アルツハイマー病は肉食動物には見られますが、草食動物にはいっさい見られないそうです。これは素人にもわかりやすい予防法ですし、理由ですね。
■もうひとつの予防法は、特殊な薬草や香草を摂取することだそうです。たとえばインド伝統の薬草でアシュワガンダと呼ばれるものがあるらしい。「脳内からアミロイドを排出する手助けをしてくれる」とのこと。
◇*HP「アシュワガンダ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjZid6D7MPKAhXFFaYKHew0ABgQ_AUICCgC&biw=1280&bih=608#imgrc=2T061GJS2phaIM%3A
■ペルー産のキャッツクローという香草も摂取しているらしい。抗炎症作用とともに「もつれ」の形成を阻害するというデータがあるそうです。
◇*HP「キャッツクロー - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjdoL_I6sPKAhXHpZQKHSYVCkAQ_AUIBygB&biw=1280&bih=632&dpr=1.5#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC&imgrc=rxeEdGuChNfFNM%3A
「もつれ」は、「脳細胞内におけるタウタンパク質が結び目状に線維化しておきる変化。神経原線維変化、タングルとも呼ばれる」である由。アルツハイマー病の症状、あるいは原因の1つらしい*3。
■さらに亜麻仁油(あまにゆ)と呼ばれる植物性油も摂取しているとのこと。「オメガ3脂肪酸」が含まれているのでという理由でした。
◇*HP「亜麻仁油 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%9C%E9%BA%BB%E4%BB%81%E6%B2%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiIvJ6f7cPKAhVBsZQKHZYzANoQ_AUICCgC&biw=1280&bih=608&dpr=1.5#imgrc=_Fxh2p1SVLdVYM%3A
■世界的権威の人物が実践しているのですから、きっと意味のある予防法なのでしょうね。でも、失礼ですが楽しくはなさそうです。素町人としては松阪牛もあぐー豚も名古屋コーチンもたっぷり食べたいですね。脳味噌に老人斑や「もつれ」を蓄え、アルツハイマー型認知症が発症したら諦めます。徘徊や被害妄想で他人に迷惑をかける嫌な老人になるかもしれませんが、まぁ周囲の者にも諦めてもらいましょう。
■なお、博士はとくに触れていませんでしたが、Wikipediaのアルツハイマー型認知症の項によれば、有酸素運動は予防に有効という記述がありました。また、いわゆる脳トレも有効とのことでした*4。
◆参考*1:HP「アルツハイマー病に有効な治療法が登場する可能性。その方法とは? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200809/article_47.html
◇*2HP「アルツハイマー病の完全駆逐はそんなに遠い先ではない? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200709/article_14.html
◇*3雑誌「脳にとっての最大の敵 アルツハイマー病との闘い マサチューセッツ総合病院ルドルフ・タンジ博士に聞く」Newton (ニュートン) 2015年11月号120〜127頁、ニュートンプレス
◇*4HP「アルツハイマー型認知症 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E5%9E%8B%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の日本では、医者が老人こそ肉を食べろ!と肉食を進めてますけどね。
アルツハイマー病を増やそうとしているのか?
まさかね。
ねこのひげ
2016/02/21 10:15
コメントをありがとうございます。

 たしかに肉食は最近勧められていますね。もしタンジ氏の主張どおり、肉食がアルツハイマー病罹患の可能性を高めるならば、数年〜十数年後には日本ではアルツハイマー系の認知症が増えていくことになるのかな。
 肉食は脳以外の部分の健康には役立つのでしょう。脳と脳以外の部分の健康。どちらを選ぶか。個人の選択なのでしょうね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/02/21 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルツハイマー病の世界的権威が実行している予防策とはどんなこと? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる